永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

「伝統」と「革新」をコンセプトに、新たな「東横のれん街」誕生 2020年4月16日(木) グランドオープン予定

株式会社 東急百貨店のプレスリリース

「東横のれん街」と「渋谷ヒカリエ ShinQs」フードを再編
~再開発が進む渋谷エリアにおける 当社「食事業」強化の一環~

株式会社東急百貨店(以下、当社)は、4月16日(木)、「渋谷ヒカリエ ShinQs」フードフロア(地下2階・地下3階)に、「東横のれん街」と「渋谷ヒカリエ ShinQs」フードを再編し、新たな「東横のれん街」としてオープンします。

「東横のれん街」が、日本で初めての食品名店街として東横店にオープンし、長年培ってきた「伝統・格式・信頼」と、「渋谷ヒカリエ ShinQs」が、2012年のオープン以来、新たな渋谷の食品マーケットとして生み出してきた個性である「高感度・話題性」というそれぞれの強みを掛け合わせ、さらに今のマーケットに適した付加価値を加えることで新たなフードフロアを実現します。

□新たな「東横のれん街」の重点ポイント
・老舗名店から最旬ブランドまで、幅広いグレード・感度のラインナップを充実(ブランド数の大幅増)
・各ブランドによるマーケットに合わせた新たな開発商品(新定番品)を発信
・イートインコーナーの設置や即食フードを充実、時代性に合わせた新たな取り組み

今回の取り組みは、渋谷再開発の進捗に伴う商業エリアや商環境変化を念頭に、渋谷駅を中心とした各エリア内における「食品マーケット」の魅力向上と、利用顧客の利便性向上に向け取り組んでいる「食事業」強化の一環です。
昨年11月の渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストランへの「東急フードショーエッジ」出店に続き、今般、「東横のれん街」は、元々の発祥の地でもある渋谷エリア東側・東横線渋谷駅に隣接する形で、新たな「東横のれん街」として生まれ変わります。
今後も、渋谷再開発の動きを踏まえ、本年20周年を迎える東横店に位置する「東急フードショー」についても、渋谷マークシティ地下1階(現「東横のれん街」)への拡大を皮切りに、次なるステージへと進化させる計画など、渋谷エリア全体における「食事業」の強化を推進していきます。

なお、「東横店 東急フードショー」は、本年4月1日(水)以降、「渋谷 東急フードショー」の名称に変更し、現「東横のれん街」の跡地には、「渋谷 東急フードショー」が2020年7月(予定)に拡大、オープンします。

渋谷駅周辺の再開発事業の進捗に伴い、東横店は本年3月31日(火)に85年の歴史に幕を下ろしますが、地下の食品フロアについては、引き続き「渋谷 東急フードショー」を展開しつづけることで、お客さまからのご要望にお応えするとともに、利便性の向上に努めていきます。
また当社は、引き続き、「Change&Challenge」をキーワードに、渋谷をはじめ、東急線沿線や各エリアの店舗・事業において、『融合型リテーラーの実現』に向け、全社を挙げさまざまな施策に取り組んでいきます。

※新しい「東横のれん街」のショップラインナップ等は別途ご案内します。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。