【中本最新作】セブン&アイ『蒙古タンメン中本 極豚(ゴットン)』発売決定

三重県熊野市で「第8回 熊野きのもとさんま祭り」を1/26に開催! さんま丸干し1,000本ふるまいや、さんま寿しなどが楽しめる

三重県熊野市役所のプレスリリース

三重県熊野市では、“熊野のさんま愛”をテーマにした「第8回 熊野きのもとさんま祭り」を2020年1月26日(日)に開催いたします。

さんまの丸干しをふるまい

■熊野きのもとさんま祭りとは
「熊野のさんま」と言えば、冬の名物。
北海道から下って程よく脂が抜けた「さんま」。中でも当地域の名物さんま丸干しは天日干しを行うため、12月頃から海岸や店頭にさんまが干され、熊野木本の風物詩「さんまの銀すだれ」と呼ばれています。他にも、熊野の正月には欠かせない「さんま寿し」など、「さんま」は熊野の食文化を代表しています。そんな熊野のさんま愛をテーマにしたお祭りの開催により、商店街への誘客と熊野の特徴ある「さんま」を広く周知し、地域の活性化に寄与することを目的としています。

■熊野きのもとさんま祭り 概要
タイトル:第8回 熊野きのもとさんま祭り
開催日程:2020年1月26日(日) 午前9時~午後2時
場所  :熊野市記念通り~本町通り
駐車場 :熊野市立木本小学校 校庭
     (三重県熊野市木本町349-10)
     (雨天時は市営駐車場)
イベント:・その場で焼いて食べられる
      熊野名物さんま丸干し1,000本ふるまい(10時開催)
      ※熊野産のさんまを提供できればと考えていますが、
       県外産のさんまになる可能性がございます。
     ・さんまグルメ(さんま干物、さんま寿し、なれ寿し等)の販売
     ・紀和味噌の味噌汁ふるまい(無くなり次第終了)
     ・紀の川良子さんの歌唱ステージ
     ・熊野古道パネルのフォトスポット(熊野古道世界遺産登録15周年記念)
     ・さんま銀すだれパネルのフォトスポット
     ・豪華景品があたる抽選会

※なお、当日は同会場内において、11時から熊野市主催の「キャッシュレス使い方講座」が開催されます。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。