永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

本まぐろ専門店『鮪船~MAGUROSEN~』新橋にオープン

株式会社ヴィヴィアナのプレスリリース

愛媛県・宇和海産の本まぐろを毎日直輸送
贅沢な味に舌鼓を打つこと必至!

3月10日(火)、新橋に待望のオープン
本まぐろ専門店『鮪船~MAGUROSEN~』

新橋『鮪船~MAGUROSEN~』メニュー

多店舗飲食店を展開する株式会社ヴィヴィアナ(代表取締役社長:増田健)は、2020年3月10日に本まぐろ専門店『鮪船~MAGUROSEN~』を新橋にオープンいたします。

「新橋はサラリーマンの聖地と呼ばれるのに、皆さんが好きであろう鮪を食べることができる飲食店が少ない。ぜひ本物の鮪の味を楽しんでもらいたい」という想いから、長年の飲食店経営から生まれた独自のネットワークにより、「本場の味である愛媛県・宇和海産の本まぐろを毎日1本輸送」を実現可能に。

冷凍保存することをせず、生の本まぐろを提供するために、数量限定はもちろん、11時から18時迄という限られた時間内で営業いたします。また、より本まぐろの美味しさを手軽に楽しんで頂きたいという想いから、今後はテイクアウトや宅配弁当も展開予定です。

愛媛県・宇和海産の本まぐろとは

同店では、流通量の多いインドマグロやバチマグロを使用せず、まぐろの王様と呼ばれる本まぐろのみを使用しております。なかでも、愛媛県・宇和海産の本まぐろは、一流。スムーズな活〆作業により非常に鮮度が高く、まぐろ本来の味を堪能できます。さらに、冷凍保存をせずに生の状態で店舗に輸送されるので、その違いは一目瞭然。舌がとろけるような感動的な味をお楽しみください。

サラリーマンファースト!コスパ良し、手軽で分かりやすいメニュー展開

「忙しい会社員の方でも手軽に召し上がってもらいたい。しかし、味は一流!」というサラリーマンファーストでメニュー展開をしました。そのため、本まぐろの部位を細かく設定することはせず、分かりやすく赤身とトロで展開、丼スタイルで食べやすくいたしました。15時以降は、豊富なアラカルトメニューも展開します。充実したドリンクメニューのご用意もあるので、ちょい飲みにもおすすめです。

メニュー概要

ランチメニューは丼スタイルが定番!短いランチライムでも贅沢な本まぐろの味を堪能できます。おすすめは、本まぐろの各部位を気軽に楽しむことができる「本まぐろ三色丼」。部位によって違う絶妙な味の変化をお楽しみください。他店よりもリーズナブルな価格設定で、ご提供しております。

本まぐろ三色丼

¥2,500-(税抜)
新橋『鮪船~MAGUROSEN~』本まぐろ三色丼

本まぐろ赤身丼

¥1,200-(税抜)
新橋『鮪船~MAGUROSEN~』本まぐろ赤身丼

本まぐろトロ丼

¥2,000-(税抜)
新橋『鮪船~MAGUROSEN~』本まぐろトロ丼

本まぐろ漬け丼

¥1,200-(税抜)
新橋『鮪船~MAGUROSEN~』本まぐろ漬け丼

本まぐろトロ漬け丼

¥2,000-(税抜)
新橋『鮪船~MAGUROSEN~』本まぐろトロ漬け丼

本まぐろユッケ丼

¥800-(税抜)
新橋『鮪船~MAGUROSEN~』本まぐろユッケ丼

ネギトロ丼

¥800-(税抜)

15時以降はアラカルトメニューも展開いたします。ドリンクメニューのご用意もありますので、ちょい飲みにもおすすめです。

本まぐろ三点盛り

¥1,200-(税抜)
新橋『鮪船~MAGUROSEN~』本まぐろ三点盛り

本まぐろ寿司三貫

¥780-(税抜)
新橋『鮪船~MAGUROSEN~』本まぐろ寿司三貫

本まぐろのユッケ

¥680-(税抜)
新橋『鮪船~MAGUROSEN~』本まぐろのユッケ

『鮪船~MAGUROSEN~』店舗情報

●住所:東京都港区新橋2丁目16-1 ニュー新橋ビル地下1階B20
●電話番号:03-6257-3980
●営業時間:11:00~18:00
●定休日:土・日・祝日
●アクセス:新橋駅から80m

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。