永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

関東はご飯派、関西はパン派が多い~東西の朝ごはんに関する調査~

株式会社アスマークのプレスリリース

マーケティングリサーチ会社の株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)(東京都渋谷区東、代表取締役:町田正一)は、関東1都3県・関西2府2県在住の20~50代男女(直近1ヶ月以内に朝食喫食)に「朝ごはんに関する調査(東西比較)」を実施し、その結果を3月18日に公開しました。
※調査日は2020年1月10日(金)~1月15日(水)です。

 

【 調査結果 】
東西比較シリーズの第3弾となる今回は、「朝食」がテーマです。関東と関西で”だし”や味付けの違いがあることは有名ですが、朝食にも違いは見られるのでしょうか?東西の男女や年齢による、朝食に対する意識と実態の違いを探ります。

< トピックス >

  • 関東はご飯派、関西はパン派が多い
  • 実態はご飯離れが進んでいるが、本当はご飯が好き
  • 若い男性は朝食より睡眠、シニアは睡眠より朝食を重視

< 【実態】朝ごはんの主食 >
Q.普段、あなたはどのようなメニューの朝ごはんを食べることが多いですか。
■関東はご飯派、関西はパン派が多い

関東も関西もご飯よりパンを食べている割合は高いものの、関東はご飯、関西はパンを食べている人が多い。関東の男性はご飯、関西の女性はパンを食べている人がどの世代でも多く、東西の男女で顕著な差がみられる。
 

【実態】朝ごはんの主食【実態】朝ごはんの主食

< 【意識】朝ごはんで好きな主食 >
Q.以下項目について、それぞれあなたの考えに最も近いものをお知らせください。
■関西より関東の方がご飯派が多い

関東の方がご飯を好む人が多いが、特に男性でその傾向が顕著にみられる。また女性の30代以上でみると関東より関西の方がパンを好む人が特に多く、東西・性別・年齢によってご飯派・パン派の傾向が異なる。
 

【意識】朝ごはんで好きな主食【意識】朝ごはんで好きな主食

< 【意識】 朝ごはんに対しての意識 >
Q.以下項目について、それぞれあなたの考えに最も近いものをお知らせください。(それぞれ1つずつ選択)
■朝ごはんを食べている人の大半が「できればゆっくりと朝ごはんを食べたい」
年齢が上がる程、朝食の大切さを理解しているが、若年・特に男性の20代はそこに対する意識が低く、朝食より睡眠を優先に考えている。また、「ゆっくり朝ごはんを食べたい」という気持ちは、男性より女性が強い傾向にある。
 

【意識】 朝ごはんに対しての意識【意識】 朝ごはんに対しての意識

【 すべての調査結果はこちら 】
https://www.asmarq.co.jp/data/ex202003breakfast/
※上記ページにて、簡易レポートおよび集計表を含むデータを無料でダウンロードしていただけます。

【 調査内容 】
・【実態】朝ごはんを食べる頻度
・【実態】朝ごはんの主食
・【意識】朝ごはんで好きな主食
・【意識】朝ごはんに対する意識
・【意識】理想の朝ごはん

【 調査概要 】
調査名  :広告に関する調査 東西比較
調査対象者:男性、女性/20~50代/関東1都3県・関西2府2県/直近1ヶ月以内に朝食喫食
有効回答数:800s
割付   :性別・年代・関東/関西均等
調査期間 :2020年1月10日(金)~1月15日(水)
調査方法 :インターネット調査
調査機関 :株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。