永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

「春のパンフェスティバル」開催!

株式会社 京王百貨店のプレスリリース

■会期:4月9日(木)~15日(水)
■会場:京王百貨店新宿店 中地階「エキサイティングスポット」
■営業時間:10時~20時30分 ※4月12日(日)は~20時

 京王百貨店新宿店 中地階 食品フロアでは、「春のパンフェスティバル」を開催します。2014年にスタートし、パンブームの広がりとともに春・秋の人気イベントとなった「パンフェスティバル」。食品フロアのイベントスペースでのコンパクトな開催ながら毎回反響があり、「老若男女問わず皆で楽しんでいただく」をベースに、回を重ねるごとに趣向を変えて担当者が編集しています。今回は幅広い世代から人気の高い惣菜パン“カレーパン”を初特集。毎回人気の“ご当地パン”コーナー含め、全10種類以上のカレーパンがそろいます。
※画像はイメージ、価格は税込表示です。

  • 「カレーパン」特集

●パンメゾン もあ「自家製カレーパン」(1個)194円
 
創業1987年、神奈川県内に3店舗を構えるパン屋。添加物ゼロを目指すやさしいパン作りをコンセプトに、素材にこだわった商品を提供しています。粗めのパン粉でカリッと揚げられたパンの中には、食べ応えのある大きな角切りの牛肉と野菜が溶け込むほど煮込んだ自家製カレーが入ります。マイルドな味でお子様や辛いものが苦手な方も楽しめます。

●金谷ホテルベーカリー「金谷マイルドカレー」(1個)237円

 栃木県・日光市にある「金谷ホテル」内に創業。厳選された良質な素材と日光の名水、明治初期から受け継がれるレシピで作られるパンを目当てに、全国からお客様が訪れる人気店です。油で揚げずに焼き上げるカレーパンは、辛さが控えめながらもスパイスがしっかりと感じられるカレーをふんわりとした生地で包んでいます。軽い食感に濃厚なカレーが楽しめます。

  • 人気の‟ご当地パン”コーナーにも、カレーパンが多数登場します!

 地元で愛され、素朴ながらも個性あふれる‟ご当地パン”が全国各地から大集合する毎回人気のコーナー。パンは、すべて袋に入って並んでおり、お客様がカゴを持ってお好きなパンを選んでいただくスタイルで販売します。

<ご当地カレーパンの一例>
・東華軒(神奈川県)「まさカリーパン」220円
・山一パン総本店(京都府)「もっちりカレー」200円
・鳴門屋製パン(大阪府)「東大阪ラグカレー」240円
・ニシカワ食品(兵庫県)「焼きカレーパン」180円

また、食品フロアで常設展開する「サンドイッチハウス メルヘン」では、同期間(4/9~15)、「4月12日(日) イースターの日」にちなみ、タマゴを使用した限定メニューが登場します。
●中地階 菓子売場 サンドイッチハウス メルヘン「タマゴインタマゴサンド」(1袋)411円
※各日15点販売予定 

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。