ダノンジャパン、植物性食品ブランド「ALPRO」で植物性ミルク・豆乳類カテゴリーに新規参入

ダノンジャパンのプレスリリース

ダノンジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:ステイン・ヴァンデヴォースト)は、2020年春より、当社初の新カテゴリーである植物性ミルク・豆乳類の「ALPRO(アルプロ)」を日本市場で展開します。

 

今回発売する「ALPRO」は、オーツ麦を原材料とする「ALPRO たっぷり食物繊維 オーツミルク ほんのり甘い (1000ml・250ml)」、「ALPRO たっぷり食物繊維 オーツミルク 砂糖不使用(1000ml)」、および大豆を原材料とする「ALPRO たっぷりタンパク質 調製豆乳(250ml)」の3製品となり、2020年4月6日(月)より、関東エリアの一都六県を中心にスーパーマーケットおよび一部のコンビニエンスストア向けに出荷を開始いたします。

 

右から

ALPRO(アルプロ)たっぷり食物繊維 オーツミルク 砂糖不使用1000ml

ALPRO(アルプロ)たっぷり食物繊維 オーツミルク ほんのり甘い左:1000ml 右:250ml

ALPRO(アルプロ)たっぷりタンパク質 調製豆乳 250ml

 

「ALPRO」は、1980年にベルギーで生まれた植物性食品ブランドです。以来、植物を中心とした食生活への注目に後押しされ、ベルギーから欧州へ、そして今では中近東など多くの国の消費者に大豆やオーツ麦といった植物から得られる栄養とおいしさを届けています。

 

日本でも植物性食品は、インバウンドや海外ライフスタイルを紹介するインフルエンサーなどの影響もあり、ヴィーガン向けレストランの増加や次世代大豆ミートの発売など、近年において広がりを見せています。

 

植物性ミルクも同様で、ライスミルク、アーモンドミルクなど様々な製品が登場し、大手コーヒーチェーンがオーツミルクラテをメニューで採用するなど、より身近な存在になりつつあります。愛飲者の方は、味わいはもとより、バランスの取れた食生活、その時の体調や気分、さらには不足している栄養補給など、さまざまなニーズで植物性ミルクを選んでいます。

 

こうした層の中でも、「ALPRO」は、健康や美容に対する意識が高く、運動も含めた対策やケアに積極的な消費者層に注目しました。食において、栄養はきちんと食事から摂りたいと考えており、オーガニックやスローフードを取り入れたライフスタイルを実践する一方、おいしさに妥協せず、かつ食自体にもおしゃれ感を重視するこだわりのある消費者です。健康に配慮し、しかもおいしく、そして世界のトレンドをいち早く日本に導入する植物性食品ブランド「ALPRO」はこうした層のニーズに応えます。

 

このような背景のもと、低GI食品であり、食物繊維が豊富なオーツ麦を主原料とする「ALPRO たっぷり食物繊維 オーツミルク」、および良質なタンパク質の摂取源として人気の大豆を主材料とする「ALPRO たっぷりタンパク質 調製豆乳」シリーズの2ラインアップを新しい食の選択肢として提供してまいります。

 

■ダノンジャパン初の植物性ミルク・豆乳類製品「ALPRO」の特長

<ALPRO>

·「ALPRO」は、食物繊維やタンパク質が摂れる植物を主原料とする植物性食品ブランドです。人々の健康に必要な栄養素を含み、独自の技術でこれまでにないおいしさを追求しています。

· 「ALPRO」は厳選された素材の良さをお届けするため、着色料・保存料・人工甘味料は使っていません。

 

<ALPRO たっぷり食物繊維 オーツミルク> ~日本でも新しい「飲む食物繊維」が登場。

· オーツ麦は豊富な栄養素が特長で、食物繊維、タンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、マグネシウム、カリウム、カルシウム、鉄分、セレン、亜鉛、銅、リンなどがあり、それぞれが健康維持のために大切な栄養素です。特に食物繊維が豊富に含まれており、さらに不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方がバランスよく含まれている点が注目されています。また、オーツ麦は低GI食品としても知られる食材です。

 

· 2020年4月より運用を開始した「日本人の食事摂取基準(2020年版)」(※1)では、食物繊維は引き続き成人男性で1日21g以上、成人女性で18g以上の摂取が目標量として設定されています。しかし、「平成30年国民健康・栄養調査」(※2)によると、成人の1日の食物繊維摂取量は15gにとどまっています。毎日の食事で食物繊維を十分に摂るための工夫が必要です。 

 

· オーツ麦を主原料とする「アルプロ たっぷり食物繊維 オーツミルク」では、100mlで食物繊維1.2g~1.4gが含まれており、毎日コップ1~2杯分で手軽に食物繊維の不足分が摂れる日本でも新しい「飲む食物繊維」です。

 

· おいしさにもこだわった「ALPRO たっぷり食物繊維 オーツミルク」は、「ほんのり甘い」と「砂糖不使用」の2つの味わいをご用意し、いずれも人工甘味料を使用せずにオーツ麦だけのやさしい甘みが楽しめる、新しいおいしさが特長です。

 

·「ほんのり甘い」および「砂糖不使用」のどちらも、お料理やご家族向けの1000mlサイズを取り揃え、また「ほんのり甘い」では、朝食や休憩時間にもナチュラルなおいしさをお楽しみいただける250mlサイズをラインアップしました。

 

※1 厚生労働省

※2 同上

 

<ALPRO たっぷりタンパク質 調製豆乳> ~“フレキシタリアン”にもぴったり!植物性タンパク質を手軽に。

· タンパク質は、肉類や卵で摂ることが一般的である一方で、週に数回程度、意識的に菜食をメインとした食生活を送る“ゆるベジ”や “フレキシタリアン”という新しい食のトレンドとも相まって、コレステロールゼロでアミノ酸スコアが高い大豆製品などの植物性タンパク質に対する関心が一気に高まっています。

 

· 植物性タンパク質が豊富な豆乳類は、日本においては、もはや健康的な食品の代名詞の一つとなっています。「ALPRO たっぷりタンパク質 調製豆乳」では、1本(250ml)でタンパク質が12.5gが含まれており、おいしく手軽な毎日のタンパク質摂取を応援します。

 

·「ALPRO 調製豆乳」は、大豆独特の味に苦手意識のある人でも素材のおいしさを味わっていただけるよう、独自の技術で「豆っぽさを消した」飲みやすい味わいが特長です。

 

·「ALPRO 調製豆乳」は、朝食や休憩時間はもとより、スポーツやトレーニングの前後で飲み切れる250mlサイズでご用意しました。

 

<参考:ALPROに含まれる栄養成分と各栄養素の1日分の摂取基準>

栄養素

日本人の食事摂取基準(2020年版)より

1日分の摂取基準(成人)

オーツミルク

(ほんのり甘い)

100mlあたり含有量

調製豆乳 100mlあたり含有量
タンパク質(目標量)(※3)

男性 79g~135g

女性 62g~103g

0.3g5.0g
カルシウム(推奨量)

男性 700mg~800mg

女性 600mg~650mg

120mg120mg

ビタミンD(目安量)

8.5㎍0.75㎍0.75㎍
ビタミンB2(推奨量)

男性 1.3mg~1.6mg

女性 1.0mg~1.2mg

0.2mg0.21mg
ビタミンB12(推奨量)2.4 µg0.38㎍0.38㎍
食物繊維(目標量)

男性:21g以上

女性:18g以上

1.4g0.9g
カロリー(必要量) (※4) 

男性 2,100kcal~2,700kcal

女性 1,650kcal~2,050kcal

43kcal57kcal

※3 身体活動レベルII(普通)の場合

※4 同上 

 

【製品データ】

製品名 ALPRO(アルプロ) たっぷり食物繊維 オーツミルク ほんのり甘い
種類別オーツ麦飲料
賞味期間(保存方法)273日間(直射日光を避け、涼しい場所で保存してください)
内容量250mlおよび1000ml
原材料

オーツ麦(えん麦)、食物繊維(イヌリン)、ひまわり油、食塩/リン酸カルシウム、増粘剤(ジェランガム)、ビタミンB2、ビタミンD2、ビタミンB12

原材料 (100mlあたり) 

エネルギー 43kcal、炭水化物 7.9g、カルシウム 120mg、たんぱく質 0.3g、糖質 6.5g、ビタミンB2 0.21mg、脂質 1.4g、食物繊維 1.4g、ビタミンB12 0.38㎍、コレステロール 0mg、食塩相当量 0.09g、ビタミンD 0.75㎍

 

製品名 ALPRO(アルプロ) たっぷり食物繊維 オーツミルク 砂糖不使用
種類別オーツ麦飲料
賞味期間(保存方法)273日間(直射日光を避け、涼しい場所で保存してください)
内容量1000ml
原材料オーツ麦(えん麦)、食物繊維(イヌリン)、ひまわり油、食塩/炭酸カルシウム、増粘剤(ジェランガム)、ビタミンB2、ビタミンD2、ビタミンB12

栄養成分表示 (100mlあたり) 

エネルギー 40kcal、炭水化物 6.8g、カルシウム 120mg、たんぱく質 0.2g、

糖質 5.6g(糖類 0g)、ビタミンB2 0.21mg、脂質 1.5g、食物繊維 1.2g、

ビタミンB12 0.38㎍、コレステロール 0mg、食塩相当量 0.09g、ビタミンD 0.75㎍

 

製品名 ALPRO(アルプロ) たっぷりタンパク質 調製豆乳
種類別調製豆乳

賞味期間(保存方法)

308日間(直射日光を避け、涼しい場所で保存してください)

内容量1000ml
原材料大豆(遺伝子組み換えでない)、砂糖、食塩/pH調整剤、炭酸カルシウム、香料、糊料(ジェランガム)、ビタミンB2、ビタミンD2、ビタミンB12、(一部に大豆を含む)

栄養成分表示

(1本(250ml)あたり)

エネルギー 143kcal、炭水化物 8.5g、ビタミンB2 0.52mg、たんぱく質 12.5g、食塩相当量 0.3g、ビタミンB12 0.85㎍、脂質 7.0g、カルシウム 300mg、ビタミンD 1.8㎍、コレステロール 0mg、大豆イソフラボン(アグリコンとして) 37mg

 

※全製品共通

輸入者ダノンジャパン株式会社
出荷日2020年4月6日(月)
発売地域関東エリア(東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木)のスーパーマーケット、および一部のコンビニエンスストア、東海・近畿の一部スーパーマーケットにて販売、順次全国へ拡大
希望小売価格オープン価格

 

■ALPRO(アルプロ)について http://www.alpro.com/jp/

ALPRO(アルプロ)は1980年の創業当初より、大豆やオーツ麦といった植物素材の良さを活かすことにこだわった植物性食品ブランドです。昨今、おいしさはもちろんのこと、健康にも配慮しながら、手軽に楽しめる植物性食品に対する注目が世界中で高まる中、ALPROは植物性食品ブランドとして市場をリードしています。日本では、ダノンジャパンが2020年4月より、オーツミルクおよび調製豆乳の展開を開始しました。

 

ダノン(本社フランス、パリ)の傘下であるALPROは、ヘント(ベルギー)に本社を置き、ヨーロッパに1200人以上の従業員を擁し、ベルギー、フランス、英国に3つの製造拠点を有しています。主に欧州内でビジネスを展開し、植物性食品カテゴリーの発展に貢献しています。また、ALPROは、社会と環境に対する目標を戦略的な事業課題に結び付けていることが評価され、社会や環境に配慮した事業活動において一定の基準を満たした企業のみに与えられる「B Corporation」の認証を2018年に取得しました。

 

■ダノンジャパンについて http://www.danone.co.jp

ダノンは1980年に「味の素ダノン株式会社」として日本市場に初めて参入し、1992年に「カルピス味の素ダノン株式会社」を設立しました。2007年に100%子会社としてダノン傘下に入り、社名を「ダノンジャパン株式会社」に改めました。ダノンの日本法人であるダノンジャパン株式会社は、チルド乳製品では「ダノンオイコス」「ダノンデンシア」「ダノンビオ」「ダノンヨーグルト」「プチダノン」「ベビーダノン」、ウォーターでは「エビアン」のような飲食製品を提供しています。また、2020年4月より、新たに植物性食品「アルプロ」の販売を開始しました。

 

ダノンジャパン株式会社では、2018年4月より、新たな原材料調達・開発方針として、(1)安全性、おいしさ、栄養価を保ちながら原材料の見直しに取り組んでいく「素材へのこだわり」、(2)徹底した「原材料に関する情報発信」、(3)「日本のお客様の栄養ニーズに応える製品開発」の3つを「ダノンジャパンのお約束」として発表し、取り組んでいます。詳しくは、以下のウェブサイトをご参照ください。

「ダノンジャパンのお約束」: http://www.danone.co.jp/company/pledge/

 

■ダノンについて http://www.danone.com

ダノンは、「より多くの人々に食を通じて健康をお届けする」という企業理念を掲げ、チルド乳製品と植物由来の製品、ウォーター、専門栄養食品をあわせた3事業を展開する飲食業界のグローバル・リーダーです。「私たちの健康と健全な地球は繋がっている」という強い信念のもと、ダノンは「One Planet. One Health」というビジョンを掲げ、より健康で持続可能な食生活に新風を吹き込むことを目指します。このビジョンを実現し、すべてのステークホルダーにむけ、持続可能なだけでなく経済成長を促進する2030 年までの持続可能な開発目標(SDGs)を策定しました。ダノン 2030 年目標は、国連の持続可能な目標(SDGs)をモデルにしています。ダノンは、健康に関する事業に軸足を置き、効率的で責任のある事業運営を通じて持続可能な価値を創造し、共有することに注力しています。また、事業運営では高い基準に則り、多国籍企業として初めてBコーポレーションに認証される一社になることを目標にしています。

 

ダノンは、世界120以上の市場で事業展開し、全従業員は10万人を越えます。2018年の売上は247億ユーロでした。ダノンには、国際的に認知度の高いブランド(「アクティビア(日本では「ダノンビオ」として販売)」「アクティメル」「アルプロ」「アプタミル」「ダネッテ」「ダノニーノ」「ダニオ」「エビアン」「ニュートリシア」「ニュートリオン」「ボルヴィック」など)や、ローカルブランド(「アクア」「ブレディナ」「ボナフォン」「カウ・アンド・ゲート」「ホリゾーン オーガニック」「マイゾーン」「オイコス」「プロストヴァシキーノ」「シルク」「ヴィーガ」など)があります。ダノンは、NYSEユーロネクスト・パリ証券取引所と、米国預託証券プログラムを通じて、OTCQXに上場しております。「ダウジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」「ヴィジオ」 「エティベル・サステナビリティ・インデックス」「MSCIグローバル・サステナビリティ」「MSCI・グローバル・ SRI・インデックス」「フィッチー・フォー・グッド・インデックス」といった主要な社会的責任投資インデックスに選出されています。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。