永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

【飲食店向け感染症対策】グループ客でも三密回避。空席をつくらない飲食店向け「新型コロナウィルス感染症対策サポート事業」の提供を開始。

株式会社engineのプレスリリース

国内外で店舗設計・デザインを専門とする株式会社engine(本社:東京都世田谷区代表:轟貴弘)は、サインや感染対策アイテムを扱う株式会社エフ広芸(本社:埼玉県越谷市 代表:布川勝己)と共同で、飲食店向けに”新型コロナウィルス感染防止対策サポート事業”を開始しました。コロナ禍でも飲食店が健全経営できるようにすることを目的として、空間デザインや機能の品質を落とすことなく収容客数を維持し、低コストでこれまで通り営業を継続するための施策を提案します

料理のシェアができ、空間デザインを崩さないスタイリッシュなフォルム。次亜塩素酸水デフューザーを設置するとウイルス除去もできる。料理のシェアができ、空間デザインを崩さないスタイリッシュなフォルム。次亜塩素酸水デフューザーを設置するとウイルス除去もできる。

 

 

カウンタータイプ(正面ガードは店舗に合わせてカスタマイズします)カウンタータイプ(正面ガードは店舗に合わせてカスタマイズします)

■店舗での設置例

<LDH Kitchen AOBADAIでの試験設置風景>

 

■背景
新型コロナウイルス感染症の影響により、緊急事態宣言や自粛要請が発令され、現在多くの飲食店が厳しい状況下にあります。

しかし、中にはいわゆる三密と言われる環境でないにもかかわらず、一括りにされ、営業自粛をせざるを得ない飲食店があるのも事実です。

そこで、私たちは、このような風評被害ともいえる状況を変えるべく、三密とはならない環境づくりをお手伝いし、対策されている店舗は安全に飲食できるという認知拡大、“Withコロナ”社会での新しい飲食店の在り方を創造し、危機的状況にある飲食店をサポートしたいとの思いから本サービスの提供に至りました。

■事業内容について

・店内レイアウトや業態に合わせた感染防止対策を提案します。テーブルに置くだけの専用設計の透明アクリルパーテーション『SOCIAL DISTANCE GUARD』や、次亜塩素酸水デフューザー等を組み合わせ、顧客一人一人は分離させながら、顧客同士のコミュニケーションを可能にする空間を実現します。

・ショットバー、レストラン、居酒屋など、業態ごとに最適な対策を提案します。

・接客にも対応できるクリアマスクや、フェイスシールドで、スタッフの感染防止対策も提案します。

※販売代理店も同時に募集します。

口元を隠さないフェイスマスク口元を隠さないフェイスマスク

眼鏡をかけていても装着できるフェイスシールド眼鏡をかけていても装着できるフェイスシールド

 

次亜塩素酸水デフューザー次亜塩素酸水デフューザー

入口にこちらのステッカーを貼って対策アピール入口にこちらのステッカーを貼って対策アピール

 ■主なメリット
・顧客、スタッフの感染リスクを軽減します。
・顧客の心理的ハードルを下げ、来店客数を増やします。
・「新型コロナ対策実施店」等の表示を店頭やWEBで行うことで、差別化した集客を図ることができます。
・間隔を空けての飲食など、これまでの対策では実現できなかった、グループ客の集客を実現します。

 
■株式会社engine について
代表 轟 貴弘
〒154-0004 東京都世田谷区池尻3-4-5
URL    https://www.engine-inc.jp
TEL:03-5431-3880  FAX:03-5431-3881

 ■株式会社エフ広芸 について
代表 布川勝己
〒343-0002 埼玉県越谷市平方485
TEL:048-978-1000(代表)  FAX:048-978-0003
東京営業所             〒101-0047 東京都千代田区内神田3-2-1 喜助内神田3丁目ビル402号
TEL:03-5244-4196  FAX:03-6206-4986

 ▼本件に関するお問い合わせ先
株式会社engine
TEL:03-5431-3880
担当:轟
メール:info@engine-inc.jp

 株式会社エフ広芸
担当:大広
TEL:03-5244-4196
メール:mail@fcraft.com

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。