永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

サッポログループは地元、渋谷区を地域一丸となって応援します!!「渋谷区テイクアウト・デリバリーMap」への協賛

サッポロ不動産開発株式会社のプレスリリース

 サッポロホールディングス株式会社(以下、サッポログループ)の事業会社、サッポロビール株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 髙島 英也)とサッポロ不動産開発株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:時松 浩)は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、店内での飲食を自粛する店舗や不要不急の外出自粛の影響を受ける飲食店への支援を目的とし、現在渋谷区の飲食店約350店舗の情報を掲載する「渋谷区テイクアウト・デリバリーMap」(以下、ご参照ください)の取り組みに協賛し、頑張る飲食店を地域一丸となって応援していきます。

 サッポログループにとって恵比寿をはじめとする渋谷エリアは、1889年(明治20年)に恵比寿の地にビール醸造所を建設して以来、「恵比壽ビール(現在のヱビスビール)」の製造や「恵比寿ガーデンプレイス」の開業、グループの本社を構えるなど、大変縁の深い存在です。今回、恵比寿に本社を構えビール・不動産事業を展開する企業として、地元のまちの活力源のひとつとも言える飲食店や関わる方々を支援したいという想いから「渋谷区テイクアウト・デリバリーMap」の取り組みに強く共感し、賛同するに至りました。

 “新しい生活様式”が提唱され、飲食店の楽しみ方や利用用途も変わらざるを得なくなっていくことが想定される中、テイクアウト・デリバリーのニーズも高まっています。本Mapを様々なシーンでより多くの方々にご活用いただくことによって、地域の飲食店の新たな楽しみ方を知っていただくとともに、渋谷区及び恵比寿のまちの魅力を改めて発見していただく機会になれば幸いです。また、サッポログループでは、今後も渋谷区や恵比寿のまちの皆様と共に、地域を盛り上げていけるよう活動を推進してまいります。

 このような活動を通じて、サッポロビールでは、新しい楽しさや豊かさをお客様に発見していただける機会の創出に、サッポロ不動産開発ではこれからも、そのまちに住む人、働く人など、様々な方々に、楽しみ、憩う魅力的なまちづくりの推進に取り組んでまいります。

【渋谷区テイクアウト・デリバリーMapについて】 
https://oishibuya.com/

<内容>
渋谷区内でテイクアウト・デリバリー可能なお店の情報をお店の方と地域の有志の皆さんが集めたMAP

<企画・運営>
渋谷区テイクアウト・デリバリーMap実行委員会

<基本情報>
掲載店舗数:350店舗(2020年5月26日現在)
対象エリア:笹塚・幡ヶ谷エリア、初台・本町エリア、千駄ヶ谷・表参道・原宿エリア、
      代々木・富ヶ谷・上原エリア、恵比寿・代官山・広尾エリア、渋谷中央エリア

出店について:「渋谷区テイクアウト・デリバリーMap」ホームページ
〔掲載申込フォーム〕より依頼(掲載料無料)

<渋谷区テイクアウト・デリバリーMapホームページ画面>

 

 

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。