永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

父の日にぴったり!日本の夏の風情を楽しむ  お茶屋茶匠の冷やし珈琲と和のデカンタギフト販売開始

有限会社掛川一風堂のプレスリリース

~静岡のお茶屋が珈琲通を唸らせたアイスコーヒー開発秘話とともに~

有限会社掛川一風堂(本社:静岡県掛川市下垂木3470-1、代表取締役:荒川 佳也)は、夏のギフトシーンで活用できる「冷やし珈琲と和のデカンタセット」を、2020年6月1日に店頭にて販売開始いたします。

冷やし珈琲と和のデカンタギフト

「父の日にぴったり!冷やし珈琲ギフト」
https://www.ippuudou.com/products/detail/141

【「冷やし珈琲」開発の背景】
掛川一風堂は地元静岡県掛川市の名産品である深蒸し掛川茶と自家焙煎の珈琲を販売しております。創業は昭和7年(当時は荒川耕一商店)。代々受け継いだお茶への拘りと、新たな市場へ挑戦をする精神を受け継ぐ中で、冷やし珈琲は生まれました。
きっかけは、アイスコーヒーは「氷で薄まるから好まない」という、珈琲通の方お話でした。お茶屋が作る拘りの珈琲ともなれば、お茶と同じく素材の味だけで勝負したい、そんな信念のもとに豆を選びブレンド・焙煎し試作を繰り返しました。同時に、珈琲を抽出してくれるメーカー探しが始まりました。数多くの企業を回り、抽出方法や水質等、様々なテストを重ねる中で、「北海道羊蹄山の水がうまい」という話を聞き、その企業を訪ねました。早速依頼し、北海道羊蹄山の湧水で私共の珈琲を抽出してもらったところ、これまで飲んだものとは比較にならないほどのすっきりとしたアイスコーヒーに。ただ、そのままでは特徴のない、ただただ美味しいアイスコーヒー。私たちが目指したのは、そのままちびりちびりと飲んでも美味しいが、氷にも薄まらない「柔らかさと芯の太さ」がある味。次は水ありきでの珈琲豆の開発が始まりました。幾度となくブレンドの比率や配合を変え、試作を重ね、ついに氷にもミルクにも味負けしない、それでいてストレートで美味しい!リキッド珈琲が完成したのです。
また、あえてこだわったのが、珈琲の風味を損ねないためのガラス瓶容器。お茶屋が作ったアイスコーヒーは、五感を大切にする日本人の味覚に寄り添ったものでなくてはならない。そして日本文化のひとつとも位置づけられるようなアイスコーヒーでなければならない。そんな願いを込めて、お茶屋が作る茶匠の「冷やし珈琲」が誕生しました。
今回は、その冷やし珈琲の和のテイストを存分に楽しんで頂ける遊び心いっぱいのギフトを販売いたします。徳利とお猪口に見たてた理化学メーカーのデカンタとショットグラスをセットして、贈られた方の楽しい時間を演出します。

【「お茶屋茶匠の冷やし珈琲と和のデカンタギフト」の特長】
1. 日本人の味覚に寄り添った瓶詰め「冷やし珈琲」
風味と香り、季節感を大切にする和テイストのアイスコーヒーです。

2. 力強く深みのある味わい
茶処掛川の茶匠が吟味した珈琲豆を焙煎し、北海道羊蹄山の湧水でネルドリップにより抽出したことで氷にも味負けせず、ミルクとも相性良い味わいです。

3. 理化学メーカーのガラスのデカンタとショットグラス(どちらもビーカーのような目盛り付き・耐熱性)をセット
まさに日本酒を嗜むように、冷やし珈琲を楽しむスタイルをギフトとしてご提案しました。日本の夏を彩る特別な夏のコーヒーギフトです。

【「お茶屋茶匠の冷やし珈琲と和のデカンタギフト」の概要】
名称   : 冷やし珈琲とデカンタ&ショットグラスセット
販売開始日: 2020年6月1日
販売料金 : 4,500円(税込)
サイズ  : 縦320mm×横170mm×幅90mm
販売店  : 掛川一風堂 高島屋(ウェブサイト)
URL    : https://www.ippuudou.com/products/detail/141

【会社概要】
商号  : 有限会社掛川一風堂
代表者 : 代表取締役 荒川 佳也
所在地 : 〒436-0222 静岡県掛川市下垂木3470-1
設立  : 1997年2月3日
事業内容: お茶・珈琲の製造販売
資本金 : 500万円
URL   : https://www.ippuudou.com/

【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
有限会社掛川一風堂
Tel:0537-23-6811

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。