永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

冷凍テクノロジーでフードロス解決を目指すデイブレイク、国内初の特殊冷凍シェアリングシステムを展開。第一弾として、長野県豊丘村に加工場を8月新設

デイブレイク株式会社のプレスリリース

特殊冷凍事業を展開するデイブレイク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:木下昌之、以下当社)は、このたび、当社が提供する特殊冷凍機および冷凍ノウハウを、地方の生産者が共有できる特殊冷凍のシェアリングシステムに着手いたします。第一弾として、長野県豊丘村にシェアリングファクトリーを新設し、2020年8月にオープンさせる計画です。

デイブレイクでは、「特殊冷凍テクノロジーでフードロスを解決する」をミッションとして掲げ、生産者および食品事業者が抱える課題を特殊冷凍ソリューションによって解決してまいりました。また、フードロスの果物を活用したフローズンフルーツ『HenoHeno』を2019年春に販売開始。規格外のロスほか、台風や新型コロナウイルス感染拡大により行き場を失った食材の救出にも取り組んでいます。

このたび着手する特殊冷凍のシェアリングシステムは、当社のフードロス削減事業の活性化を図る取り組みです。生産者の近くに加工場設けることで、フードロス削減を加速させるとともにより高品質な鮮度維持を実現。これまでロス(無駄)として扱われていたものを価値として生まれ変わらせ、商品化を進めることで、サーキュラー・エコノミー(循環経済)を体現します。また、未活用地の開拓や新たな雇用の創出などによる、地方創生への貢献も期待しています。

第一弾となる長野県豊丘村のシェアリングファクトリーは、当社に共感いただいた地域おこし協力隊の方々とともに展開。今年4月に開業された「南信州クリエイション株式会社」(代表取締役社長:前田隆幸/地域おこし協力隊)がファクトリーを運営し、デイブレイクが冷凍ノウハウおよび商品の販売経路を提供します。8月のオープン後は、サクランボやぶどう、リンゴなど、果物のロスを活用したフローズンフルーツの加工を順次開始する計画です。

シェアリングシステムイメージシェアリングシステムイメージ

また、デイブレイクでは、このたびの特殊冷凍機のシェアリングシステム展開を促進させるため、「フードロスのない世界へ。今から出来ること。未来へのバトンを繋げて行くプロジェクト」と題したクラウドファンディングを明日5/30(土)より開始。支援者へのリターンとして、フローズンフルーツの提供や長野県豊丘村の体験コースなどを用意しており、支援金はシェアリングシステムの展開資金に活用します。

当社では、この特殊冷凍シェアリングシステムの全国展開を計画しており、3年以内に50拠点の設置が現時点での目標です。これにより国内のフードロスの削減を一層進め、当社のミッションである「特殊冷凍テクノロジーによるフードロスの解決」を目指します。デイブレイクでは、引き続き特殊冷凍テクノロジーを活用した食品流通の課題解決およびフードロス削減を推進するとともに、豊かな食の未来を築いてまいります。

■クラウドファンディングについて
・プロジェクト名:
「フードロスのない世界へ。今から出来ること。未来へのバトンを繋げて行くプロジェクト」
・URL:https://camp-fire.jp/projects/view/282957
・開催期間:2020年5月30日(土)~2020年6月30日(火)
・目標金額:2,000,000円
・リターン:
熊本県産、福島県産、山形県産、石垣島産、長野県産、のフルーツセット(5,000円~)
長野県豊丘村日帰りバーベキューコース(50,000円~)
商品企画体験(1,000,000円) ほか

■HenoHenoについて
『HenoHeno』は、「フードロスを美味しく解決する」をコンセプトに、規格外などの理由で廃棄されていた果物を、冷凍テクノロジーで新食感のフローズンフルーツに作り変え、オフィスやご家庭にお届けするサービス。使用する素材は全て純国産・無添加の果物で、凍っていながらサクッと噛める食感や、フレッシュな風味や甘味が特長です。2019年3月のオフィス向けサービスを開始し、健康経営やSDGsを重視する企業を中心に導入いただいています。
・『HenoHeno』サービスHP https://henoheno.jp/
・『HenoHeno』問い合わせページ https://form.run/@henoheno/

■デイブレイク株式会社について
「特殊冷凍テクノロジーでフードロスを解決する」をミッションとして掲げ、特殊急速冷凍事業に特化した国内唯一の専門会社として2013年創業。食品業者への特殊冷凍テクノロジー導入支援事業や、冷凍した食品を消費者に届ける食品流通事業を展開。2018年秋には、自社の特殊冷凍テクロノジーを踏襲したフードロスを減らすフローズンフルーツ事業を開始し、翌年3月に初の自社製品「HenoHeno」を商品化、オフィス向け提供サービスを開始しました。デイブレイクは、これらも特殊急速冷凍のパイオニアとして、フードロスの削減をはじめとする食品流通のあらゆる課題を解決する事業を展開・推進してまいります。
・デイブレイクHP  https://www.d-break.co.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。