永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

「神戸の台所」を味わう新スポット出現! 「湊川いちば美食街」6月12日(金)に第一期オープン

パークタウン協同組合のプレスリリース

パークタウン協同組合(所在地:神戸市兵庫区)は、6月12日(金)、「湊川いちば美食街」をオープンいたします。

「神戸の台所」と呼ばれる湊川市場。その入口に立地してしている小さなファッションビル「パークタウン」は、ビルの一角を、湊川市場の素材を活かす飲食店を集め、「美味しい神戸ローカル」な「湊川いちば美食街」として再整備。3月末までに第一期工事分(全体整備予定・約511m2のうち、約128m2分)を完了。いよいよ6月12日(金)午前11時より、モデル店舗「湊川大食堂」がオープンすることとなりました。

湊川市場は、生鮮品はもちろん、服飾・物販・サービス店が約400店舗集まる、神戸有数の商店街です。ところが、その規模にあった飲食店舗が極端に少ないこと、特に夜まで営業している店舗がほとんどないことが課題でした。また、世界の街の市場(マーケット)の多くでは、その市場の素材が美味しく食べられる空間があるにもかかわらず、日本の市場には、一部の観光市場や一部の卸売市場を除いて、ほぼそのような空間が見当たりません。湊川市場には、毎日兵庫県を中心に新鮮な素材が集まります。それを直に味わえて楽しめる場所を作る「湊川の新しい顔」となり、湊川市場の中に飲食店を立地することで賑わいを取り戻すプロジェクトと位置づけています。

最初に店舗としてオープンする「湊川大食堂」のテーマは、「オール湊川」。
湊川市場にある名店・こだわりの店主たちが仕入れに協力し、様々な食材・惣菜を組み合わせて調理。ここでしか味わえないメニューを200種類以上ご用意します。買い物ついで、湊川公園での寛ぎついで、通勤通学のついで、そしてご家族や友達同士との楽しみついでに、気楽に立ち寄れる「今どきな、まちの食堂」を目指します。

なお、事業主体であるパークタウン協同組合では、「湊川いちば美食街」の第二期出店者を公募します。出店条件は「湊川市場」の食材を使ったメニューを活かした飲食店で、2店舗(美食街エリア1階 約75m2、同2階 約100m2)の区画。令和2年8月31日までの募集期間に受付順で選考し、令和2年度中に随時のオープンを目指します。

「湊川いちば美食街」外観

「湊川いちば美食街」左側、2階テナントを第二期に工事

「湊川大食堂」外観

◯「湊川いちば美食街」写真提供
《湊川いちば美食街内部/改装前・改装後》
立地するパークタウンビルは、ファッション・物販店を主にするビル。
そのため、整備エリアは空店舗や利用度の低い空間から、飲食店街を整備するためのリノベーションを行っています。

「湊川いちば美食街」改装前(内観)

「湊川いちば美食街」改装後(内観)

《湊川いちば美食街外部/改装前・改装後》
パークタウンビルは、もともと隣接の湊川公園と現在の道路面との斜面に立地していた小規模店舗を、昭和41年に協同組合ビルとして集約・建設したものです。
今日までビルは、湊川商店街の道路面に対して、出入口を除いて壁面としていました。
このたび、まち全体に賑わいをもたらそうと、オープン化を試みています。

「湊川いちば美食街」改装前(外観)

「湊川いちば美食街」改装後(外観)

《湊川大食堂 外観・内観》
「湊川大食堂」外観

「湊川大食堂」厨房

「湊川大食堂」店内カウンターと暖簾

「湊川大食堂」店内テーブル席

◯事業概要について
《整備事業主体》
パークタウン協同組合(理事長 田中 俊光)
昭和40年設立。売り場90区画・約5,500平方メートルのビルを運営 湊川商店街の主要な商業施設。
服飾・ファッション業種が中心で、現在56店舗が営業中。

《整備事業期間》
令和元年11月~令和2年3月(第一期)
※令和2年7月~令和3年3月(第二期予定)

《事業場所》
神戸市兵庫区荒田町1-20-1 パークタウンビル南側玄関付近(湊川市場・商店街入口)
地下鉄湊川公園駅からすぐ

《整備事業内容》
建物外壁工事・建物内装工事(出入口新設・ATM移設・トイレ整備)、設備工事(飲食店仕様の配管・配線)、モデル店舗「湊川大食堂」工事、「湊川公園手しごと市」連携プロモーション

《事業企画・実施体制》
事業企画・プロデュース 古田 篤司(JISSEN.CO)
建築設計監修 宗本 晋作(立命館大学教授/宗本晋作建築設計事務所)
全体工事実施 株式会社ロータス
「湊川大食堂」店舗プロデュース・経営 株式会社RETOWN(代表取締役 松本 篤)
店舗デザイン SHU建築事務所(代表取締役社長 中山 雄介)

《整備費用と制度支援》
整備工事費等事業費(第一期) 約8,600万円
(中小企業庁「商店街活性化・観光消費創出事業補助金」
神戸市「地域商業活性化支援事業補助金」および自己資金により整備)

《契約手法と店舗立地支援》
建物改修・飲食店店舗区画へのリノベーション、出店店舗内設備等の整備を行って、店舗区画としてリース(5年半契約)

◯湊川いちば美食街 整備面積・内容
《全体整備予定》 約511平方メートル
・第一期 約128平方メートル
店舗「湊川大食堂」、新出入口、新ATM移動整備、1階女性用トイレ整備、2階男性用トイレ整備、その他一部修繕
・第二期予定 約383平方メートル
店舗(1階)、店舗(2階)、1階通路および天井等、2階通路および天井等、その他一部修繕

◯「湊川市場」と「湊川いちば美食街」の名称について
「湊川市場」は、東山商店街や湊川商店街を始めとする約1キロの通りを中心に広がる商業ゾーンの全体について、一般的に市民が使っているニックネームです。エリア内には複数の商業組合やビル・施設が立地しており、様々な名称もありますが、最近一番使われている呼称を広めようと、積極的に使っています。
「湊川いちば美食街」というネーミングには、特にアジア各国で美味しいものが集まっている場所を指す共通の言葉として「美食街」という名称が利用されていることから、海外を含めた神戸の新しい名所としての湊川でありたい、との思いが示されています。また、日本では「市場」=生鮮市場を指すことが多いものの、世界では、新鮮でローカルな素材が集まっている場所や、食材だけではなく、服飾や雑貨にその場所らしいサービスが集まっている場所を「市場(マーケット)」と呼ぶことに着想を得て、「湊川らしさ」を表現できる名称を考えました。将来的には、ビルの一角にとどまらず、街全体で美味しいものが楽しめる場所=美食街が広がって欲しいと考えています。

◯モデル店舗「湊川大食堂」と運営会社「株式会社RETOWN」について
《湊川大食堂のコンセプトと店舗内容が目指すもの》
湊川いちば美食街のモデル店舗。市場の美味しいを届けられるNEO食堂。
ビギナーには埋れがちな湊川市場の良質感や多様性を、この店舗でわかりやすく伝える役割を担う。ここでのお食事はもちろん、仕入れ店舗や食材の良さも伝え、より楽しく湊川を楽しんでもらうきっかけとなる店舗を目指して欲しい、と願っています。

《湊川大食堂のメニューについて》
七海水産の貝、明石屋丸徳の魚、原商店の豆腐、東山米穀のお米、ほだかビーフの黒毛和牛肉、丹波屋の野菜、田又果物店のフルーツetc.湊川市場の商店からのこだわり食材を活かしたメニューがずらりと並ぶ、神戸ローカルで今どきの食堂メニューとなる予定。

「湊川大食堂」わさび貝飯

「湊川大食堂」和牛ハンバーグ

「湊川大食堂」鯛の骨蒸し

《RETOWN 会社概要》
株式会社RETOWNは、関西を中心にまちづくり、外食、人材教育・紹介事業を展開。
「食を通じたまちづくり」をビジョンに掲げ、食材流通の課題解決やまちのポテンシャルやニーズに合わせた店舗展開により、産地やまちの活性化に取り組む。
外食事業では「ほんものを誰にでも」をキーワードに、「厳選和牛 犇屋」「焼き鳥とおでん 一石五鳥」など全13ブランド、41店舗(FC含む)を運営する。

社名    :株式会社RETOWN
代表取締役 :松本 篤
所在地   :大阪府大阪市浪速区湊町1-4-1 OCATビル 6F
設立    :2004年7月22日
事業内容  :飲食店経営・飲食店FC本部・不動産事業・人材紹介事業・
       人材育成事業・食品加工業・まちづくり事業
グループ会社:株式会社RETOWN 都市開発・株式会社EATTOWN・
       株式会社THE MARKET・株式会社Osaka Riverside Resort・
       株式会社TUGBOAT TAISHO

◯湊川いちば美食街・第二期出店者募集について
《募集店舗》
「湊川市場」の食材を活かしたメニューを提供できる飲食店2店舗

《所在地》
神戸市兵庫区荒田町1-20-1(パークタウンビル南側玄関付近「湊川いちば美食街」内)
神戸市営地下鉄・西神山手線 湊川公園駅 徒歩1分

《広さ》
A ビル1階1区画 約22坪 約75平方メートル
B ビル2階1区画 約30坪 約100平方メートル

《賃料等》
A 月額30万円(税別・共益費込) 3年契約・延長可(途中退店時、賃料残額支払)
B 月額22万円(税別・共益費込) 3年契約・延長可(同上)

《出店者支援について》
・敷金、礼金、保証金は取らず、スタートアップを支援します
・出店時に設計デザインについて、専門家のアドバイスを受けられます
・内装工事や厨房機器設置は、一定の金額(約750万円~約1,000万円)まで、パークタウン協同組合で整備します。

《出店選考》
・まずは、ご氏名・ご連絡先・簡単な出店希望店舗内容を添えて、お問い合わせください。
・所定のフォーマットの応募様式をお送りします。必要事項を掲載の上、申し込みください。
・令和2年6月5日~8月31日を募集期間とします。
・上記の期間中に、受付順に選考を行います。
・出店内定した区画については、その時点で募集を締め切ります。

《お問い合わせ先》
パークタウン協同組合(事務局・山田)
TEL  : 078-511-1631
E-mail: park511@arion.ocn.ne.jp

◯本事業に関連するまち再生の取り組みについて
《湊川公園手しごと市&湊川公園改修・利活用》
パークタウン協同組合が参画する実行委員会により、湊川公園のよりよい管理運営と地域活性化を目指して、毎月第四土曜日に行われているハンドメイド作家の集まる定期市。「神戸でいちばんステキな手づくり市」として、8年目を迎えて、益々の盛り上がりを見せている。神戸市による湊川公園の改修計画実施とも連携し、公園の利活用促進にも寄与。

「湊川公園手しごと市」会場の様子

「湊川公園手しごと市」人気のキッチンカー

《神戸湊川Otonari》
パークタウン2階の空店舗をリノベーションし、ハンドメイドを中心とする手づくりなショップの集まる空間。ショップ空間の集まる「Otonari」、作家・アトリエの集まる「atelier Otonari」、シェア・レンタルキッチンの「湊川キッチン」とイベントスペースで構成。継続的に16区画(+従来店舗6区画)に広がって整備され、現在11空間・店舗(+従来店舗5店)が利用されている。

「神戸湊川Otonari」イベント時の様子

「神戸湊川Atelier Otonari」

《神戸湊川・いちばつまみ食いツアー&湊川ファンづくりPR》
毎月「湊川公園手しごと市」に合わせて開催されている、女性限定のガイドツアー。フードライター・中原 明子氏がガイドを務め、4時間半あまりをかけて湊川市場を歩いてめぐる。市場の美味しいものをつまみ食いでき、店主との掛け合いも人気のツアー。案内される参加店が、湊川大食堂への食材提供に多数協力している。
併せて、湊川公園手しごと市Webサイト、湊川市場Webサイト、FacebookやInstagram等のSNSを通じた湊川の情報発信を常時行っている。

「神戸湊川いちばつまみ食いツアー」

◯「湊川大食堂」オープン日時と店舗営業について
■店舗概要
店名   :湊川大食堂
所在地  :〒652-0032 兵庫県神戸市兵庫区荒田町1-20-1 湊川パークタウン 1F
アクセス :神戸市営地下鉄西神・山手線「湊川公園駅」より徒歩1分
      地下鉄神戸電鉄有馬線・神戸高速南北線「湊川駅」より徒歩2分
電話番号 :078-381-5220
オープン日:2020年6月12日(金)
営業時間 :平日 昼11時~夜10時
      金土日祝 昼11時~夜11時
定休日  :火曜日
店舗サイズ:90.7平方メートル(27.43坪)

地図

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。