永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

累計3 億本 突破 の 「コンビニ 最強酒 」 と 「おつまみ缶詰 No.1 」 が 「最高の家飲み」 を提案

菊水酒造株式会社のプレスリリース

菊水酒造株式会社は、2020年6月25日(木)~8月7日(金)の期間、国分グループ本社株式会社(所在地:東京都中央区、代表者:國分勘兵衛)とコラボして20名様にプレゼントが当たる「『ふなぐち』に合う『缶つま』選手権」を実施します。

「できたての酒って、こんなにうまいんだ」――1972年に誕生した日本初のアルミ缶入り生原酒「ふなぐち菊水一番しぼり」は、そんなお客様の声からスタート。菊水では、槽(ふね=搾り機)の口から流れ出たしぼりたての生原酒を「ふなぐち」と呼び、蔵の来訪者だけに振る舞っていました。その旨さが評判を呼び、商品化を望む声が多かったのですが、火あてもしない、調合もしないデリケートな生原酒は劣化しやすく、商品化は「無謀なこと」と考えていたのです。

しかし、当時の菊水は1966年、67年と続けざまに大水害に遭い、69年に移転再建を果たしたものの、廃業の危機に立たされていました。その危機感と、「生原酒の旨さをお客様に届けたい」という使命感のもと、根本から醸造技術を見直し、丸3年をかけて開発したのがアルミ缶に詰めた生原酒「ふなぐち」です。

生原酒「ふなぐち菊水一番しぼり」生原酒「ふなぐち菊水一番しぼり」

以来、「ふなぐち」は、フルーティーかつ鮮烈で一度飲んだら忘れられない味わいが酒飲みの心を掴み、2018年には販売累計3億本を突破。SNSでは「コンビニ最強酒」とのありがたい呼び名も見られるようになりました。

手間をかけずに最高の家飲みを
現在、新型コロナウイルスの影響で「家飲み需要」が高まる(資料a)反面、在宅時間が増えるに伴って家事が増え、「晩酌まで手が回らない」という方も多いかもしれません。

(資料a)日本酒全体の出荷は低下する一方、スーパーでの売り上げが伸びていることから、家飲み需要が伸びていることがわかります。

そんな方々にも手間を掛けずに「最高の家飲み」を楽しんで頂きたいという思いから、「おつまみ缶詰No.1」(※1)として名高い国分グループ本社さまの「缶つま」をパートナーに迎え、「『ふなぐち』に合う『缶つま』選手権」を開催します。

こちらのキャンペーンは、「缶詰博士」として知られる黒川勇人氏が厳選した10品の「缶つま」のなかから、識者投票と一般投票により、「ふなぐち」に合うNo.1のペアリングを決定するというもの。なお、投票してくださった方には、抽選で20名様に「ふなぐち」10缶と「缶つま」10個セットをプレゼントします。

 

「ふなぐち」も「缶つま」も「素材本来の味を、ご家庭で手軽に楽しんでもらいたい」という思いは同じ。どちらも手に入れやすく、多くの方に支持されているからこそ、ペアリングを提案する意義があると考えます。本キャンペーンを通じて、ご自身の推しを探すもよし、結果を参考に鉄板ペアを味わうもよし。みなさまが「最高の家飲み」を見つける一助になれば幸いです。皆様、ぜひ奮ってご参加ください。
(※1 富士経済「2019食品マーケティング便覧」)

【「缶つま」ノミネート10品と缶詰博士の推薦コメント】

 

1.『ふなぐち』に合う『缶つま』選手権 キャンペーン概要

■名称:「ふなぐち」に合う「缶つま」選手権

■実施期間:6月25日(木)~8月7日(金)23:59まで。
■応募条件:日本国内にお住まいの20歳以上の方に限らせていただきます。
※携帯電話、PHS、PDA、mopera U等ではご参加いただけません。
■参加方法:パソコン、スマートフォンから特設サイトの投票フォームよりご応募ください。
■特設サイト
URL:https://www.kikusui-sake.com/home/jp/cp/funaguchi-cantsuma/
■プレゼント内容:投票フォームに投票された方の中から、生原酒 ふなぐち菊水一番しぼり×10缶+缶つま10個セットを20名様にプレゼント。
■当選発表:事務局にて抽選の上、当選された方に菊水酒造のメールアドレス(customerpromotion@kikusui-sake.com)よりEメールにて当選通知をご連絡させていただきます。
※都合により当選通知のご連絡が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※菊水酒造のキャンペーンサイトにてニックネームと選定理由を掲載させていただく場合がございます。

2.「生原酒『 ふなぐち 菊水一番しぼり』」 について

1972年に発売、日本初しぼりたて生原酒缶。フレッシュな果実のような香り、ほとばしる旨さが特徴。SNS上では「コンビニ最強酒」として評価され、また劣化しづらく携帯しやすいことから、「いつでもどこでも楽しめる酒」として愛され続け、2017年には200ml缶が累計3億本を突破、平成で最も売れた缶入り日本酒第一位(※1) となりました。2019年3月には500ml缶を新発売し、2019年春夏ヒットランキング日本酒部門第一位(※2)に輝きました。  ※1日経POSデータランキング ※2ダイヤモンドチェーンストア発表

3.菊水酒造について
創業1881 年 。新潟県新発田市で清酒を製造。日本初の缶入り生原酒 『ふなぐち菊水一番しぼり』 など個性豊かな酒を発売。 自然豊かな北越後の恵みを生かし、優れた品質とおいしさを 礎に、健康、憩い、楽しさに資するモノづくりとコトづくりを追求しています 。
2004 年に はモノ・コトを融合する拠点として「菊水日本酒文化研究所」を設立。 日本酒を面白くすることに全力で挑戦 しています。

 

4.「缶つま」シリーズについて
「缶つま」はお酒に合う肴に特化し、2010 年 に発売されたこだわり
の缶詰シリーズ。開発者が全国各地を訪れ、漁協や生産者と選び抜い
た厳選素材を使用するとともに、燻製、煮炊、蒸し上げ、焼き上げ、
炙りなど幅広い製法を吟味。ときに独創的なアレンジを施すことで、
本格的な味わいを実現しています。現在は 70 種類をラインナップ。

 

5.ノミネート 商品 選者プロフィール
缶詰博士黒川勇人さん
世界50 カ国以上・数千缶 を食している世界一の缶詰通。公益社団法人日本缶詰
びん詰レトルト 食品協会公認の「缶詰博士」として、様々なメディア に 出演 する 。
著書に「旬缶クッキング」(春風亭昇太氏共著・ビーナイス)「缶詰博士が選ぶ
『レジェンド缶詰』究極の逸品 36 」 (講談社 など。)

お客様のお問い合わせ先
菊水酒造お客様相談室 フリーダイヤル 0120 23 0101
受付時間 /平日 10:00 17:00 (土・日・祝日除く)
ホームページ  https://www.kikusui-sake.com/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。