エヴァンゲリオン×ビックリマン『エヴァックリマン海洋堂フィギュア付きチョコ』発売!

Pontaリサーチ1万人調査、新型コロナウイルスの影響による消費者意識・行動変化のご報告 ~アルコール・冷凍食品・お菓子について~

株式会社ロイヤリティ マーケティングのプレスリリース

 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、新型コロナウイルス感染症の影響による消費者意識と行動変化の実態を把握するため、「Pontaリサーチ」にて1万人を対象に、「新型コロナウイルスに関する消費者意識調査」を2020年5月27日(水)に実施いたしました。
 新型コロナウイルス感染症の拡大により、全国の小中高校の臨時休校や外出自粛、在宅勤務の推奨等により、自宅で過ごす時間が増えました。そこで、本調査より「食生活」に対する意識と行動変化についてまとめましたので、ご報告いたします。

  • サマリー:新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言前後の消費の変化

  • 【アルコール関連】

・新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛や飲食店の休業要請により、自宅での飲酒(宅飲み)が増加し、オンライン飲み会なども話題となったが、宅飲みの増加は普段から自宅で飲酒していた方の飲酒回数、飲酒量が増加したことによる影響が大きい。ただ、ごくわずかだが普段自宅でお酒を飲む習慣がなかった方の一部で、自宅で飲酒することが習慣化しそうな傾向が見られた。

・コロナ禍では飲食店の休業などにより宅飲みが増加傾向にあったが、普段から自宅で飲酒する方の多くはコロナ終息後、飲食店の利用が増加すると回答。宣言解除とともに“飲食店利用”への復帰傾向が見られる。

 

  • 【冷凍食品】

・テレワークや臨時休校により、子供・配偶者の食事を作る機会が増加したことで、冷凍食品の利用が増加。テレワークなどで自炊をする方も増加したが、自炊機会が増加した方ほど冷凍食品の支出が増加する傾向が見られた。

・また、子供や配偶者の食事を作る機会が増加したことでストレスを感じる方が増加している傾向があり、ストレスを強く感じている人ほど冷凍食品を利用

 

  • 【お菓子】

・新型コロナウイルスの感染拡大によるテレワークや臨時休校で家庭に配偶者や子供がいる時間が増加したことによって、子供へ買い与える菓子類の増加や、親が子供と一緒に食べるための菓子類の増加が見られた。

・また、男性よりも女性のほうが菓子類の増加傾向がみられ、専業主婦の増加がより強く見られた。

詳細は参考資料をご覧ください。

<調査概要>
調査対象 : 20~60代男女
調査方法 : Pontaリサーチ会員へのWebアンケート
調査期間 : 2020年5月27日(水)
有効回答数: 10,000サンプル(20~60代×性別の割付で各1,000サンプル)
      さらに、ライフスタイルや価値観による区分にて4,500サンプルを別途回収

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】
調査結果引用・転載の際は、“「Pontaリサーチ」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

【追加分析レポートにつきまして】
マーケティング施策立案にお役立ていただける、追加分析レポートをご希望の方は、
株式会社ロイヤリティ マーケティング ビジネスデザイン部リサーチ担当部局までお問い合わせください。
lm-research@loyalty.co.jp

※報道関係者の方は、メディア関係者限定公開のお問い合わせ先、
 広報・コーポレートコミュニケーション部にご連絡をお願い申し上げます。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。