永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

1位は世界初の市販用レトルトカレー「ボンカレー」! gooランキングが「正直一番おいしいレトルトカレーランキング」を発表

gooランキング事務局のプレスリリース

gooランキング(グーランキング)は、世の中のあらゆる「こと・もの」をランキング化する国内最大級のランキング情報サイトです。今回は、保存性が高く忙しい時でも手軽に温めて食べられるレトルトカレーをテーマに、「一番おいしいと思うレトルトカレーはどれなのか?」を調査・ランキング化しました。

正直一番おいしいレトルトカレーランキング調査期間:2020年606日~2020年620

【集計方法】
gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。

【記事URL】
https://ranking.goo.ne.jp/column/6606/

1位はボンカレー
1位には、世界初の市販用レトルトカレーとして1968年に販売を開始した大塚食品株式会社の「ボンカレー」が輝きました。
現在、オリジナルの「ボンカレー」は沖縄地域のみの限定販売となっていますが、2020年3月にはオリジナルをベースに野菜と肉を増量した「元祖ボンカレー」が全国で販売されています。子どものころを思い出しながら、こちらを食べている人は多いのではないでしょうか?
ちなみに、ボンカレーブランドとしては「ボンカレーゴールド」がスタンダードとなっています。こちらも1978年に販売を開始したロングセラーということで、ファンは多そうですね。

2位はカレーマルシェ
2位には、1983年に販売を開始したハウス食品株式会社の欧風高級レトルトカレー「カレーマルシェ」が続きました。
高級指向の商品として開発されたこともあり、バターや生クリームなど乳製品を使い、フランス料理のソースのようなマイルドさとコクを併せ持つのが特徴。マッシュルームをぜいたくに使用しているのも見逃せないポイントですね。
2017年にリニューアルを行った際にパウチが電子レンジに対応したため、さらに手軽に食べられるようになったのもうれしいところです。

3位は銀座カリー
3位の「銀座カリー」は、株式会社明治が1930年(昭和5年)に発売された「キンケイ・ギンザカレー」を復刻したレトルトカレーです。
モダンな昭和初期の銀座で人気の洋食だった英国風カレーをイメージしたという本商品。おいしさの秘けつはお米と相性が良い二段仕込みのブイヨンや、甘みのきいたソテーオニオンにあるのだとか。
中辛・辛口以外にも「銀座キーマカリー」や「銀座チーズカリー」など、バラエティーに富んだ商品展開をしているので、味に変化を付けたいカレー好きにもお薦めできるのではないでしょうか。

※記載されているサービス名および商品名などは、各社の登録商標または商標です。

 

「gooランキング」について( https://ranking.goo.ne.jp/ )
「gooランキング」は、芸能からアニメ、ご当地、おもしろネタまで、世の中のあらゆるものをランキングで発表する国内最大級のランキングサイトです。これまで公開したランキングは50,000以上。編集部が考えた独自のネタを調査し、日々新たな切り口のランキングを作成しています。

 

以上

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。