永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

カルチャーを愛する人と、新しい日常を紡ぎなおし、「再生」を目指すバドワイザーのカルチャー支援プロジェクト「RE:CONNECT」第2弾、第3弾支援先発表

アンハイザー・ブッシュ・インベブ ジャパン株式会社のプレスリリース

CREATIVE DRUG STORE BIM 初のYouTube生配信ライブ「Bye Bye, BLITZ」
Tokyo Community Radio 東京と地方をリコネクトするDJ配信イベントをサポート

 バドワイザーは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、未曾有の危機に直面している音楽・ファッション・アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CONNECT」を発足。第一弾「LOST DECADE – HOME EDITION – supported by Budweiser」にてオンライン配信をサポート。
第二弾と第三弾の支援先として、CREATIVE DRUG STORE BIMの赤坂BLITZでのYouTube生配信ライブ「Bye Bye, BLITZ supported by Budweiser」とTokyo Community Radioの東京と京都、札幌、新潟、岡山の地方4箇所とをつなぐDJ配信イベント「Tokyo Community Radio presents “communities” supported by Budweiser」の開催を発表します。コロナ禍の状況だからこそ実現したオンラインイベントを開催致します。

 CREATIVE DRUG STORE BIMの初にして最後となる赤坂BLITZでのワンマンライブをサポート。
先日、3月に延期発表、7月に開催を予定していたツアー “NOT BUSY 2020”の2021年4月、5月への振替を決定。これに伴い、ツアーファイナルを予定していた赤坂BLITZが、今年9月でのライブハウスとしての営業を終了する為、バドワイザーの支援を受けて、YouTubeにて生配信を行うことを決定しました。
新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、やむなく2度のツアー延期となってしまいましたが、初の試みとなるオンラインライブに挑戦。思い入れのある会場でファンとRECONNECTするための場を作り出します。

 インターネットラジオ局 Tokyo Community Radioは、昨年のローンチ時に実施したLicaxxxの全国ツアーでつながったローカルなDJやクラブに再び焦点を当て、Mars89, CYKなど東京のレギュラーメンバーとともにDJ配信を実施。コロナ禍、パフォーマンスやライブ、イベントの機会を失った地方と東京、そしてファンをRECONNECTするためのDJ配信を7月と8月に計2回にわたりお送りします。
 また、DJ配信と同時に、参加メンバーのトークも生配信。TwitchでのDJ配信では視聴者からの投げ銭をつのり、収益は配信場所として参加する地方のクラブに全額寄付を予定しています。

 ライブハウス/クラブなど、エンタテインメント施設の支援も企図する本プロジェクトは、「Bye Bye BRITZ」にて赤坂BLITZを。「Tokyo Community Radio」では、東京だけでなく、京都、札幌、新潟、岡山のクラブやライブハウスをつなぎ、配信場所として利用することで、サポートしていきます。

「RE:CONNECT」プロジェクト  第二弾 支援イベント
イベント名 : Bye Bye, BLITZ supported by Budweiser
日時    : 2020年7月21日(火)19:30〜
配信会場  : 赤坂BLITZ https://www.tbs.co.jp/blitz/
LIVE配信 :    YouTube *配信のURLは後日発表。
                       *詳細は、BIMのYouTube公式チャンネルにて発表予定
出演    :    BIM
 

アーティスト情報

BIM:
1993年生まれ、東京と神奈川の間出身。
THE OTOGIBANASHI’S、CREATIVE DRUG STOREの中心人物として活動。
グループとして2012年『TOY BOX』、2015年『BUSINESS CLASS』の2枚のアルバムをリリース。
2017年より本格的にソロ活動をスタート。2018年7月、初のソロアルバム『The Beam』を発表。
2019年ワンマンライブ”Magical Resort”を東京、大阪にて開催。
同年、SIRUPとの”Slow Dance”、STUTS, RYO-Zとの”マジックアワー”が発表され、シングル”Veranda”をリリース。
そして、2020年2月にMini Album『NOT BUSY』リリース。3月には木村カエラのアルバムタイトル曲”ZIG ZAG”にプロデュース、客演で参加した。
アーティストコメント:
ツアーは再延期となってしまいましたが、赤坂BLITZでライブ中継できることになりました。よかったら見てください!

•公式WEBサイト: https://www.summit2011.net/bim/
•YouTube:https://www.youtube.com/bim_otg
 

CREATIVE DRUG STORE :https://creativedrugstore.jp/

「RE:CONNECT」プロジェクト  第三弾 支援イベント
イベント名 : Tokyo Community Radio Presents “communities” supported by Budweiser
日時    : ①: 7/26(日) 15:00〜22:00(7H)  ②: 8/16(日) 15:00〜22:00(7H)
出演都市(サポート先) : ① 東京・京都・札幌 のライブハウス/クラブ
                                        ② 東京・新潟・岡山 のライブハウス/クラブ

DJ配信   :   Twitch *Tokyo Community Radioチャンネルにて無料配信
                       https://www.twitch.tv/tokyocommunityradio
トーク配信  : YouTube 
                       https://www.youtube.com/channel/UCT1oTQC4aaRR-F6kt_vN1hQ/
出演     : Licaxxx & Tokyo Community Radio Regular DJs 他
※イベント内容は予告なく変更になる可能性がございます。

 

アーティスト情報

Tokyo Community Radio:
ソウル、上海、台北、香港、シンガポールといったアジアの各主要都市で活動するプラットフォーム「Community Radio」。ローカルで活動するDJやアーティストを世界へ発信するこのインディペンデントラジオステーションが東京でもスタート。
Tokyo Community Radioは、“東京”ひいては“日本”を拠点にするDJやアーティストに焦点を当てながら、ジャンルの垣根を超えて、気鋭のトピックスをピックアップ。ライブストリーミングでその土地の音楽シーンで巻き起こる熱狂を世界へと配信していく。

「RE:CONNECT」プロジェクト概要

「BE A KING」のメッセージを発信しているバドワイザーは、これまでも世界の主要都市において音楽、アート、ファッションなどのシーンで突出した才能を開花させている人物にスポットライトを当てるグローバルプロジェクト「BUDX」を開催し、世界各地のカルチャーシーンを牽引するリーダーたちの支援や、カルチャーを盛り上げる取り組みを多数行ってきました。

そこでこの度バドワイザーは、未曾有の危機に苦しむアーティストやライブハウス、クラブ・バーなどのエンタテインメント施設、そしてファンの三者をつなぐことで、日本のカルチャーシーンの火を灯し続け、再生を目指す支援プロジェクト「RE:CONNECT」を発足させることにいたしました。

本プロジェクトは、今春実施予定だったクロスカルチャーイベント「BUDX」や広告などのマーケティング活動をキャンセルし、その予算の一部、約2,000万円を寄付としてカルチャーシーンに還元。

次代のカルチャーシーンを担うアーティスト達をキュレーターとして起用。
コロナ禍において、やむなく実現できなくなったイベントや、今だからこそできる新たなパフォーマンス、表現手法の実験の場として、オンラインでの音楽プログラム配信やコンテンツ制作など、様々な試みを行う予定です。

•RE:CONNECT 公式ウェブサイト: https://www.budweiser-reconnect.jp/
•RE:CONNECT Brand Trailer: https://youtu.be/NQk44wytnEg
•第一弾「 LOST DECADE – HOME EDITION −」リキャップ: 
https://www.instagram.com/p/CCXQs41DUg1/

<バドワイザー>ブランドの新しい取り組み
世界6⼤陸・約85カ国で愛飲され、世界を席巻する<バドワイザー>は、「BE A KING」をブランドメッセージとして、チャンスを掴もうとしている人々を応援しているプレミアムラガービールブランドです。

国内における<バドワイザー>ブランドは、2019年1月からビールの世界最大手、アンハイザー・ブッシュ・インベブによる自社生産・自社販売体制に切り替わり、プレミアムラガービールとしてのクオリティを一段と実現出来る環境へと変化してまいりました。

<バドワイザー>は現在日本でも大胆かつ新鮮なブランド活動をスタートしています。ファッションブランドとのコラボレーションをはじめ、音楽やアートなどの要素も取り⼊れ、<バドワイザー>を愛飲するユーザーの野⼼と⾃由を応援し続けています。

バドワイザー公式WEBサイト
https://budweiser.jp
Instagram
https://www.instagram.com/budweiser_jpn/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCwyptgjXrIPBoG49jHA0ZTw/about
Facebook
https://www.facebook.com/BudweiserJapan/
Twitter
https://twitter.com/budweiserjp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。