永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

地元の新鮮食材を豊富に使ったレストラン「角川食堂」が2020年8月3日、ところざわサクラタウンにオープン!

株式会社KADOKAWAのプレスリリース

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹 以下 KADOKAWA)は、2020年8月3日(月)、埼玉県所沢市の「ところざわサクラタウン」にて、直営のレストラン「角川食堂」をオープンいたします。

「ところざわサクラタウン」は、日本最大級のポップカルチャーの発信拠点として、イベントスペース、ホテル、ショップ、ミュージアムなどを展開するほか、KADOKAWAの新オフィスや書籍製造・物流工場も備える複合施設です。11月6日に予定しているグランドオープンに向け、8月1日よりプレオープン期間として一部施設が開業するにあたり、「角川食堂」も8月3日にオープンすることが決定いたしました。

 「角川食堂」は、社員食堂でありながら、一般の方にもご利用いただけるレストランです。面積約380㎡、全170席のゆったりとした店内には、フリーWi-Fiや電源を備えたカウンター席のほか、くつろげるソファー席、キッズスペースも用意され、オフィスワーカーから、近隣のファミリー、角川武蔵野ミュージアム(8月1日プレオープン予定)やイベント目的で訪れたお客様まで、誰もが使いやすく、リラックスしてお食事を楽しんでいただける設計となっています。

 「角川食堂」では、食材やメニューにもこだわっています。昔から都市近郊農業がさかんな野菜の一大生産地である所沢の特長を活かし、地元で生産された新鮮な旬の食材を取り入れ、栄養バランスを考えた日替わり定食をリーズナブルな価格で提供いたします。
 また、KADOKAWA社員有志が、料理長とともに研究・開発をして誕生した「角川食堂カレー」や、障がい者雇用の特例子会社「角川クラフト」のスタッフによって丁寧に焙煎された「角川食堂ブレンドコーヒー」など、ここでしか味わえないオリジナルメニューをお楽しみいただけます。

 KADOKAWAは、30年以上の歴史をもつ生活情報誌「レタスクラブ」や、ベストセラー料理本を多数刊行しているほか、2018年には当社初の試みとなるレストラン「INUA」を開業し、「ミシュランガイド東京 2020」にて二つ星の評価をいただくなど、食のジャンルにおいても挑戦や情報発信に取り組んでまいりました。これまで培ってきた経験を活かし、「角川食堂」では、地域とのつながりを大切にしながら、新しい価値ある食体験を提供してまいります。

■「角川食堂」概要
店名:角川食堂
業態:レストラン
席数:最大170席
 ※新型コロナウイルス感染症対策により、当面の間は席数を80席程度に減らします。
開業予定日:2020年8月3日(月)
営業時間・定休日:8:30 ~ 17:00、不定休
 ※新型コロナウイルス感染症対策により、営業時間、定休日等を変更する場合がございます。最新情報は公式サイト、公式SNSにてお知らせします。
所在地:〒359-0023 埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3 ところざわサクラタウン3階
運営会社:UDS株式会社
料理長:小島学
公式サイト: https://www.kadoshoku.jp (2020年8月3日開設予定)
公式SNS:【Instagram】https://www.instagram.com/kadoshoku/  アカウント名:kadoshoku
     【Twitter】https://twitter.com/kadoshoku  アカウント名:kadoshoku

 なお、7月31日(金)発売の「所沢Walker」(発行:KADOKAWA、定価:税込990円)内、ところざわサクラタウン特集ページにて、「角川食堂」紹介記事も掲載されます。

 

 角川食堂 店内
 

 キッズスペース

■メニュー例

 モーニング 500円~(税込)
 

 日替わり定食 1,000円~(税込)
 

 角川食堂カレー 900円~(税込)

※メニューと価格は組み合わせや内容によって異なります。

■料理長紹介

料理長:小島学(こじま・まなぶ)
1974年9月生まれ。自家農園の野菜を使った飲食店の運営、大手チェーン店の料理開発、飲食店のコンサルティングなどを経て、UDS株式会社入社。新規プロジェクトの立ち上げや、既存店のリブランドなど、飲食の経験を生かして、角川食堂の開業に携わる。和食をベースにしながらも、シチュエーションや案件にあわせた柔軟な料理を得意とする。

■「角川食堂」における新型コロナウイルス感染症対策について
*角川食堂では、お客様とスタッフの安心・安全を第一に考え、以下の通り感染症の拡大防止に取り組みます。
① 客席170席を80席程度に減らして入場可能者数を制限します。
② ソーシャルディスタンスの確保を徹底します。
③ 毎時の換気を行います。
④ レジや整列の待機位置を定めます。
⑤ カウンターに飛沫防止のアクリル板を設置します。
⑥ テーブルやイスをはじめ店舗内共有部の消毒を強化します。
⑦ お会計の際はトレーでの現金授受を行います。
⑧ 全てのスタッフはマスクかマウスシールド、使い捨て手袋を着用します。
⑨ 全てのスタッフは定期的な手指の消毒、手洗い、うがいを実施します。
⑩ 全てのスタッフの定期的な体温モニタリングを行い、在室時37℃未満を徹底します。

*お客様へのご協力のお願い
① ご来店、ご注文時まではマスクや口鼻元を覆う製品の着用。
② 手指のアルコール消毒。
③ 入店時の検温へのご協力。
④ ソーシャルディスタンスの確保。
⑤ 体温が37.5℃以上、体調不良、マスク及びそれに類する製品未着用の方はご利用をお断りする場合があります。

■「ところざわサクラタウン」について
 KADOKAWAと埼玉県所沢市が共同で進める、みどり・文化・産業が調和した、誰もが「住んでみたい」「訪れてみたい」地域づくりを行う「COOL JAPAN FOREST 構想」の拠点施設。書籍製造・物流工場やKADOKAWAの新オフィス、イベントスペース(ジャパンパビリオン、千人テラス)、体験型ホテル(EJアニメホテル)、ショップ(ダ・ヴィンチストア)、レストラン(角川食堂)、商業施設のほか、角川文化振興財団運営の文化複合施設「角川武蔵野ミュージアム」も建設。2020年11月6日グランドオープンの予定です。
http://tokorozawa-sakuratown.jp/

■株式会社KADOKAWAについて
 出版、映像、版権、デジタルコンテンツ、ネットワーク・エンターテインメント・サービスおよびコンテンツの企画・開発・運営、動画コミュニティサービスの運営などを行う会社の経営管理と、それに関連する事業などを幅広く展開しています。優れたIP(知的財産)の創出とメディア展開による拡充、デジタルトランスフォーメーション戦略の推進によって事業を最大化し、世界に誇る唯一無二のメガ・コンテンツ・パブリッシャーを目指してまいります。
https://group.kadokawa.co.jp/

以上

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。