永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

奈良名産の「柿の葉寿司」に冷凍タイプの「蒸し柿の葉寿司」が新登場!電子レンジで温めて食べるお寿司です。

株式会社中谷本舗のプレスリリース

奈良名産の「柿の葉寿司」の製造・販売を「ゐざさ」の屋号で手がける株式会社中谷本舗(本社:奈良県吉野郡上北山村、代表取締役:中谷 昌紀)は、電子レンジで温めて食べる「蒸し柿の葉寿司」の販売を自社オンラインショップ(https://izasashop.com/)で、開始いたしました。

新発売した「蒸し柿の葉寿司5種20個入」新発売した「蒸し柿の葉寿司5種20個入」

■開発の背景

新型コロナウイルスの感染拡大によって、外出せず自宅で過ごす方が多くなりました。自宅で楽しむ「食」の需要が高まる中、当社の主力商品である「柿の葉寿司」をより便利に、ご提供できないかと開発したのが、冷凍タイプの「蒸し柿の葉寿司」です。

※「柿の葉寿司」は奈良の名産品の一つ。元々、奈良県の山間部・吉野地方で、保存食として食べられていた郷土料理で、柿の葉で鯖や鮭などのお寿司を包み、重石で押しを効かせて作ったもの。
 

■商品の特長
1.関西の食文化「蒸し寿司」をアレンジ

今回開発したのは、電子レンジで温めて食べる「蒸し寿司」です。「蒸し寿司」は関西の食文化で、ちらし寿司などをせいろで蒸し上げたもの。この蒸し寿司の食べ方を柿の葉寿司に取り入れました。
食べた方は簡単。ご自宅の電子レンジで、冷凍のまま数分温めるだけ。寿司シャリの酢の酸味がマイルドになり、柿の葉の香りも良く、ネタもふっくらと仕上がります。

2.好きな時に好きなだけ食べられる利便性

柿の葉寿司は一つずつ柿の葉で包まれているのが特徴です。そのため、食べたい時に、食べたい分だけ取り出して食べることが可能。また冷凍の商品のため、日保ちし、気軽に食べられる保存食として、ご自宅の冷凍庫に入れておくのもおすすめです。普段の食卓に、プラスしてお使いいただくこともできます。
 

3.ネタは「焼さば」「さけ」「穴子」「豚蒲焼」「金目鯛」の5種類

ネタは、温めて食べていただくことを考慮に入れた5種類。豚蒲焼は、当社で初めて扱うお肉の柿の葉寿司です。焼さばには、ゴマを混ぜ込んだシャリを合わせるなど、ネタとシャリの相性も考えて開発しました。

4.実は温めて美味しい柿の葉寿司
柿の葉寿司を温めて美味しいの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。でも実は、柿の葉寿司を生んだ奈良・吉野地方では、昔から柿の葉寿司を軽く焼いて食べる習慣があります。冬の寒い時期に、シャリが少し固くなった柿の葉寿司を葉っぱで包んだまま、七輪などで軽く炙ったそうです。
 

葉っぱのまま炙って食べても美味しい柿の葉寿司葉っぱのまま炙って食べても美味しい柿の葉寿司

■商品概要

・商品名
蒸し柿の葉寿司5種20個入
・内容
柿の葉寿司(焼さば)4個、柿の葉寿司(穴子)4個、柿の葉寿司(さけ)4個、柿の葉寿司(豚蒲焼)4個、柿の葉寿司(金目鯛)4個
・価格
3000円(税込)

※金目鯛を除いた4種20個入も販売中。

■販売サイト
柿の葉寿司の「ゐざさ」中谷本舗オンラインショップ
https://izasashop.com/

■株式会社中谷本舗について

1921年(大正10年)、奈良県吉野郡上北山村で創業。来年の2021年に、創業100周年を迎えます。「ゐざさ」の屋号で、奈良県内の直営店や、百貨店や駅売店、通販などで柿の葉寿司のほか、様々な名産寿司を販売しています。
米屋として誕生したため、寿司シャリにはこだわりを持っており、毎年、寿司シャリに適する米を選定しブレンド。秘伝の酢とダシを使い、当社独自の味を表現しています。
柿の葉寿司のほかに、屋号の由来にもなった「ゐざさ寿司」、香ばしく焼き上げた鯖の旨みが感じられる「焼さば鮨」などのほかに、各種名産寿司の詰合せもオンラインショップなどで販売中。お取り寄せのほか、ご贈答にも喜んでいただいています。

【会社概要】
株式会社中谷本舗
奈良県吉野郡上北山村河合353番地
事業内容:名産寿司の製造・販売
https://www.izasa.co.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。