永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

トマト農家が作った、黄金色のレッドアイ。「WONDER GOLDEN EYE」7/31(金)より発売!

一般社団法人東の食の会のプレスリリース

東の食の会がプロデュースした発泡酒、「WONDER GOLDEN EYE」が株式会社ワンダーファームより、2020年7月31日から発売されます。福島県いわき市産トマト果汁を50%使用した、スッキリ爽やかなトマトカクテルです。

 

 

■製品について製品はワンダーファーム産のトマト果汁を50%使用し、甘酸っぱいテイストとアルコール度数3%でスッキリ飲みやすい、新しいトマトカクテルです。一般的なトマトジュースよりもピュアな状態の果汁を使用することで、サラッとした口当たりの「黄金色のレッドアイ」が誕生しました。お酒を飲む人に嬉しい栄養が豊富なトマトを贅沢に使用することで、明日が気になる方にもオススメです。
これからの屋外BBQはもちろん、夏のおうちBBQでも、雰囲気を盛り上げてくれること間違いなしな商品となっています。

■製品概要
「WONDER GOLDEN EYE」
商品名:発泡酒 (麦芽使用率25%未満)
内容量:310ml
価格:600円(税別)
原材料名:トマト(福島県産)、糖類、麦芽、大麦、ホップ
アルコール分:3%
製造者:新潟麦酒株式会社
販売者:株式会社ワンダーファーム

■お披露目について
7月31日〜8月2日にいわき市平で行われるイベントにて販売を実施致します。
販売エリア:牛屋 HikoBer,肉とワイン158ブースにて

■販売について

本商品は、ワンダーファーム内「森のマルシェ」にてご購入いただけます。
また同オンラインショップや首都圏にも拡大予定です。

(参考)
■株式会社ワンダーファーム
『五感を耕す。農と食の体験ファーム』をコンセプトに、東日本大震災後の福島の農業と地域活性化を目的に、2016年に耕作放棄地を利活用し国内最新鋭のトマト栽培ハウス、レストラン、物販施設、加工施設、体験施設を備えたワンダーファームをオープン。年間約1,500tと東北有数のトマト生産量を持ち、そのトマトを活用した様々な事業を展開している。
若手農業者や次世代農業関係者の育成にも力を入れており、農業研修の受け入れや企業からの研修の受け入れ等も積極的に行っている。

◼ 一般社団法人 東の食の会
「東の食に、日本の力を。東の食を、日本の力に。」をモットーに、東日本大震災によって被害を受けた東日本の食産業の長期的支援を目的として2011 年に創設された一般社団法人です。東北の食の販路開拓や、商品プロデュース、人材育成を行い、当初の5年間で約 150 億円の流通総額を創出することに成功。これまで累計 600万缶、20億円以上を売り上げている岩手発のサバの缶詰「サヴァ缶」や、スーパー海藻「アカモク」、福島の寄付つきドライフルーツ「りんごポリフェノールのチカラ」、福島の伝統的漬け床三五八(さごはち)」をリブランディングした「358 (サゴハチ)」といった商品開発のプロデュースを行い、東北の食からヒット商品を生み出している。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。