永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

「チケットぴあ」初のオンライン「コーヒーテイスティングイベント」グアテマラ発スペシャルティコーヒー「GOOD COFFEE FARMS」×アジア人初ワールドバリスタチャンピオン井崎英典氏が実現

GOOD COFFEE FARMS株式会社のプレスリリース

​グアテマラ発スペシャルティコーヒーを扱うGOOD COFFEE FARMS株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:ラミレス・メレンデス・カルロス・ロベルト、以下GOOD COFFEE FARMS)は、2020年9月25日にアジア人初のワールドバリスタチャンピオン(15代)の井崎英典氏と共に「チケットぴあ」初のオンライン「コーヒーテイスティングイベント」を開催します。

スペシャルティコーヒーを自宅で味わいながら、その生産現場やストーリーまでをも学べるイベントとなっています。

<イベント概要>
日程:2020年9月25日 19:00〜(約2時間)

内容:
①アジア人初ワールドバリスタチャンピオン井崎英典氏による美味しいコーヒーの淹れ方実演
②GOOD COFFEE FARMS代表 カルロス・メレン氏によるスペシャルティコーヒー生産現場およびスペシャルティコーヒーの見極め方
③実際のテイスティングにより味の違いを体感
④質疑応答

参加費:5,500円〜
※イベント中に飲んでいただけるテイスティングコーヒー3種類とイベント後に楽しめるコーヒーセットが含まれています(補足資料参照)

申込https://w.pia.jp/t/coffeeathome/ (チケットぴあ)

<補足資料>
参加費に含まれているテイスティングコーヒーとコーヒーセット

イベント講師
井崎 英典(いざき・ひでのり)(第15代 ワールドバリスタチャンピオン・株式会社QAHWA代表取締役)
1990年生まれ。高校中退後、父が経営するコーヒー屋「ハニー珈琲」を手伝いながらバリスタに。法政大学国際文化学部への入学を機に、(株)丸山珈琲に入社。2012年に史上最年少でジャパン・バリスタ・チャンピオンシップにて優勝し、2連覇を成し遂げた後、2014年のワールド・バリスタ・チャンピオンシップにてアジア人初の世界チャンピオンとなり、以後独立。現在は年間200日以上を海外で過ごしつつ、コーヒーエヴァンジェリストとしてBrew Peaceのマニフェストを掲げてグローバルに活動。ヨーロッパやアジアを中心に、コーヒー関連機器の研究開発、小規模店から大手チェーンまで幅広く商品開発や人材育成を行っている。 日本マクドナルドの「プレミアムローストコーヒー」「プレミアムローストアイスコーヒー」「新生ラテ」の監修、中国最大のコーヒーチェーン「luckin coffee」の商品開発や品質管理なども担当。NHK『逆転人生』他、テレビ・雑誌・WEBなどメディア出演多数。

カルロス・メレン(GOOD COFFEE FARMS 代表)
グアテマラ出身。2011年に日本でコーヒーブランドを立ち上げるべくRKコーポレーション株式会社を設立。トレーサビリティが困難な生産や流通現場が多く、さらに市場価格の大幅な下落や環境汚染も含め、立ち行かなくなっている小規模農家の存在を知り、2016年にグアテマラに戻りバイシクル・パルピング開発をスタート。自転車を使用した独自の精製処理が現地で有名になり、多数の小規模農家から参加要望がが集まるようになったため、精製処理を行ったことがない農家にノウハウを教え、共に生産を行うべく、GOOD COFFEE FARMSを2017年設立した。 

GOOD COFFEE FARMS株式会社
代表取締役:ラミレス・メレンデス・カルロス・ロベルト
所在地:東京都中央区八重洲2-6-21三徳八重洲ビル10階
HP:https://www.goodcoffeefarms.com/

GOOD COFFEE FARMSは、グアテマラの家族経営の小規模農家と共にスペシャルティコーヒーを生産しているコーヒー生産者団体です。スペシャルティコーヒーとは、全ての段階において一貫した体制・工程・品質管理が徹底しているコーヒー豆で、カッピング(試飲)評価シートに基づいたスコアが80点以上のコーヒー豆を言います。今までのコーヒーの概念が変わるほど多種多様なフルーツを思わせる風味、そしていつまでも口の中に続く余韻を楽しむことができます。

また、世界初となる水・電気・燃料を使用しない自転車脱穀機「ドライ・バイシクル・パルピング」を開発し、従来から課題となっていた大規模な精製手段の壁を打ち破り、環境問題の解決だけでなく、小規模農家も参入できる枠組みを構築しました。小規模農家一人ひとりがビジネス/フランチャイズオーナーとして、共に成長できることを目指し、情報提供やイノベーションを通じて、より多くの農家がチャンスをつかめる仕組みをつくっていきます。将来的にはグアテマラだけでなく、他の国にもこの仕組みを導入しようと検討しています。
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。