チキンラーメン×鬼滅の刃 “フタどめ” フィギュア プレゼントキャンペーン

世界最古のシャンパーニュメゾン「ルイナール」/フランス人写真家Elsa Leydierの作品「Heatwaveシリーズ」が『KYOTOGRAPHIE 2020』にて、日本初のお披露目決定!

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社のプレスリリース

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(東京都千代田区神田神保町)の取扱いシャンパーニュメゾン ルイナールは、世界最大の写真フェア″PARIS PHOTO″ で、ルイナール アワード2019を受賞したフランス人写真家 Elsa Leydier(エルサ レディエ)の作品「Heatwaveシリーズ」を、毎年、伝統と文化の街京都祇園を舞台に開催にされる『KYOTOGRAPHIE 2020』にて、2020年9月19日(土)10月18日(日)まで、HOSOO GALLERYで日本で初めてお披露目することを決定いたしました。

Heatwave Ⓒ Elsa Leydier × Ruinart

エルサ レディエは、2019年9月のブドウ収穫時期に作品作りのためシャンパーニュ地方、ランスにあるルイナール社を訪れ、自然とワイン造りをする人々の関係を芸術的な視点で表現し、その作品タイトルを「Heatwaveシリーズ」と名付けました。この作品を作成するために、エルサは自身における従来の表現方法と技術を取り払うことを決心し、新たな可能性を模索しました。写真は「光」によってのみ作り出され、ブドウは 「光」によって成長することから、エルサは共通した特徴である「光」に着目。実際に、シャンパーニュはブドウが成長過程で日光をどのくらい浴びたかによって品質が決まるため、できる限り効果的に日光を浴びるよう、ブドウ畑は丘の斜面に位置しています。また、ルイナールの地下38Mにあるセラー「クレイエル」は、シャンパーニュの繊細な香りを損ない、”un goût de lumière(光の味)”を残してしまう可能性がある紫外線を遮断しているのです。

今回制作した「Heatwaveシリーズ」は、従来の写真表現と「光」を捉えるための実験的な方法を融合しています。それは、シャンパーニュを紫外線から守るために使用される素材を通して、「光」をフィルタリングするレイヨグラム(カメラを使用せずに、印画紙の上に物体を置き光を焼き付ける)という手法です。この手法により、「光」からシャンパーニュを守るために何世紀にも渡って微調整されてきた着色ガラスのボトルを通した白熱色の写真が現れました。

エルサは、この作品を通して人と自然との本質的な関係性を一変させた気候変動の問題に一石を投じ、また、それと同時に不測の気候でも毎年評価の高いワインを醸造することができるルイナール秘伝の製造技術と知識を有する職人たちへの敬意も表すメッセージが込められている全12点の作品は、2020年9月19日(土)~10月18日(日)の『KYOTOGRAPHIE 2020』期間中、ルイナールの展示会場HOSOO GALLERYにてお楽しみいただけます。

【KYOTOGRAPHIE 2020について】
8回目を迎える2020年のテーマは「VISION」。
「VISION」は「VIS=見る」と「ION=こと、もの」が合わさってできた言葉で、それは目に見えるものだけでなく、想像して見るものも意味する。「世界を変えるには、まず自分たちの「VISION」を変えなければならない。個人の「意識」の集合体こそがこの世界なのだから。一人一人が世界の問題を「他人ごと」でなく「自分ごと」として考えることができたとき、世界は必ず変わる。」というメッセージを込めて、多様な視点によって作られたさまざまな「VISION」を集めて展示していく。

◆「KYOTOGRAPHIE 2020」 ルイナール コラボレーションアーティスト

Elsa Leydier/エルサ レディエ
1988年生まれ、フランス出身リオデジャネイロ在住。
外国語を学んだ後、Arles École Nationale Supérieure de la Photographie(国立高等写真学校)に2012年入学、2015年の卒業後にリオ・デ・ジャネイロに拠点を移し、これまでにアルル国際写真祭や数々のギャラリーで作品を発表。現在、リヨンとリオデジャネイロに在住し、特定の場所を写真によって象徴的に表現するスタイルを確立。
2018年HSBCの最終候補者に選ばれた他に、ENSPディオール賞のヤングフォトグラファー部門、および2019年メゾン ルイナールアワードを受賞。また、ボゴタ(コロンビア)、サンフランシスコ(アメリカ)、パリとリヨン(フランス)などで個展を開き、勢力的に活動している。今回の「Heatwaveシリーズ」が、日本での初めての作品展示となる。

◆ルイナール アワードとは?
グランパレ・ノースイースト・プロムナードの世界最大写真フェア”PARIS PHOTO”で、新進アーティストに贈る「Curiosa sector」の受賞者の中から、一人のアーティストに与えられる賞。ピクト財団(Picto Foundation)から支援を受け、2018年からルイナールによって企画されている。第1回目である2018年の受賞者は、オーストリア人写真家のSimon Lehner。今後もルイナール アワードを受賞したアーティストの作品は、翌年のルイナールがスポンサーを務めるイベントや、日本ではKYOTOGRAPHIEなどで展示予定。

======================================
KYOTOGRAPHIE 2020
Ruinart x Elsa Leydier

【 期     間 】 2020年9月19日(土)~10月18日(日)
【 時   間 】 10:30 – 18:00
【 会 場 名 】 HOSOO GALLERY(HOSOO FLAGSHIP STORE 2F)
      *1Fのラウンジにてルイナールをバイザグラスでお楽しみいただけます。
【 住     所 】 京都府京都市中京区柿本町412
【 T E L 】 095-221-8888
【 U R L 】 www.hosoo.co.jp
【アーティスト】Elsa Leydier(エルサ レディエ)
【 タ イ ト ル 】 Heatwaveシリーズ

HOSOO GALLERY/株式会社 細尾
『細尾』は元禄元年(1688年)、京都西陣において大寺院御用達の織屋として創業。京都の先染め織物である西陣織は1200年前より貴族をはじめ、武士階級、さらには裕福な町人達の圧倒的な支持を受けて育まれてきました。『細尾』は、「帯」や「きもの」といった伝統的な西陣織の技術を継承しながら、国内外のラグジュアリーマーケットに向け、「HOSOO」としてタイムレスなデザイン感性を加えた唯一無二のテキスタイルを生み出している。昨年オープンしたフラッグシップストア内にてギャラリーとラウンジを展開。

======================================
<メゾン ルイナールとアート>
伝統遺産、歴史、卓越性を広めていくコミュニケーションのひとつとして創業以来、芸術を用いているメゾン ルイナール。その歴史は1896年、アール ヌヴォーを代表するアルフォンス ミュシャへメゾンの広告ポスターを依頼したことから始まります。現在では、ルイナールの世界観は上品さ、純粋、輝き、そして時代を超えたメゾンの新しいスタイルで、世界で活躍する現代アーティストたちと共に創造し、多くの才能を毎年支援。年間30を超える世界中のアートフェアにメインスポンサーとして、その年のコラボレーションアーティストと一緒に参加。アートシーンに欠かせないシャンパーニュとして、確固たる地位を築き、世界中のアート愛好家に注目されている。過去には2011年には佐藤 オオキ氏、2014年には陶芸家 新里 明士氏など日本人アーティストともコラボレーションをしている。

Ruinart x KYOTOGRAPHIE 特設サイト (09月01日開設)
https://www.mhdkk.com/brands/ruinart/kyoto2020/

Ruinart オフィシャルインスタグラムアカウント
https://www.instagram.com/ruinart/
MHD ブランド サイト
https://www.mhdkk.com/brands/ruinart/

MHDモエ ヘネシー ディアジオのCSRに関して
https://www.mhdkk.com/company/csr/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。