永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

ウェルフードマーケット&カフェ「imperfect」商品パッケージ、英クリエイティブアワード「D&AD」にて「Wood Pencil」受賞

imperfect株式会社のプレスリリース

世界の食と農を取り巻く社会課題の解決にお客様と一緒に取り組む「Do well by doing good.」(=いいことをして、世界と社会をよくしていこう)活動を展開するウェルフードマーケット&カフェ「imperfect(インパーフェクト)表参道」の商品パッケージが、このほど世界3大デザイン賞の一つとされる英「Design & Art Direction (D&AD)」2020年度ブランディング部門において「Wood Pencil(ブロンズ)」を受賞いたしました。
【「imperfect」公式サイトはこちら】http://www.imperfect-store.com/

「imperfect表参道」は「あなたの『おいしい』を、だれかの『うれしい』に。」をコンセプトとして、2019年7月に表参道ヒルズ同潤館にオープン。
世界の食と農を取り巻く様々な社会課題を世の中の「不完全(imperfect)」と捉え、それら課題に対して「たとえ不完全(imperfect)な取り組みであっても、自分たちでできることから取り組み、世界と社会を少しでもよくしていこう」という想いのもと、農家の自立支援や環境保全の取組みを通じて生産された素材を使用したウェルフード&ドリンクをご提供しています。
また、生産農家を取り巻く社会課題解決に向けた取り組み「Do well by doing good.」(=いいことをして、世界と社会をよくしていこう)活動を通じ、お客様とともに世界と社会を少しずつよくしていくことを目指しています。

  • パッケージデザインとサスティナブルな取り組み。2万点以上の応募作品の中から受賞

2020年度の「D&AD」では、世界中からエントリーのあった2万点以上の応募作品を対象に審査が行われました。
数ある応募作品の中から「imperfect表参道」の商品パッケージが受賞した理由について、パッケージデザインを手がけた木住野氏は以下のようにコメントしています。

「海外のデザイン賞においては、サスティナビリティなどの背景があるデザインに一層注目が集まっていると感じます。
imperfectについても、『imperfect表参道』の活動そのものが本質的であったため選んでいただいたと思います。『いいことをしています』と書いてあるパッケージの裏で活動がきちんと伴っていて、さらに“たとえimperfect(不完全)だったとしてもできることからやっていこう”というメッセージが『新しい切り口』に見えたのではないでしょうか。

【受賞発表ページはこちら】https://www.dandad.org/awards/professional/2020/232872/imperfect-a-sweets-shop-tackling-social-issues-related-to-food-and-farming/

  • 「imperfect表参道」を運営するimperfect株式会社のコメント

・代表取締役社長 浦野正義
弊社が取り組む「Do well by doing good.」(=いいことをして、世界と社会をよくしていこう)活動を体現するデザインとして商品パッケージが評価されたことを大変嬉しく思うと同時に、弊社の様な活動を行う企業・ブランドに対する社会からの要請が高まっているという事だと認識いたしました。
世界的なデザイン賞であり、当社をご愛顧頂いているお客様に加え、弊社商品の原料を供給頂いている世界中の農家の方々とも喜びを分かち合いたいと思います。

・マーケティング部長 佐伯美紗子
世界や社会によいこと、と言われると特別な事の様な印象があるかもしれませんが、弊社の願いの一つに「社会的な取り組みを楽しい日常のものにしたい」という想いがあります。そのため、お客様に積極的に商品を手に取っていただくには、商品のおしゃれさは欠かせない要素の一つと考えており、パッケージをデザインの観点からご評価いただいた今回の受賞を大変嬉しく感じています。

  • D&ADについて

デザイン、広告、コミュニケーション、テクノロジー、フィルムにおける独創性を促し、支援することを目的に、ロンドンを拠点とする非営利団体「Design & Art Direction(D&AD)」が1962年より主催するアワード。審査の厳しさに定評があり、世界のクリエイティブの頂点として長年業界の進化に大きな影響をもたらしている。賞を通じて集まる収益はすべて、New Bloodなどの次世代育成プログラムの運営に活用され、クリエイティブ業界のより公平でサスティナブルな未来像を描いている。

  • デザインパートナー概要

パッケージデザイン:木住野彰悟氏(6D)
1975年東京都生まれ。廣村デザイン事務所で廣村正彰氏に師事したのち、2007年にデザイン事務所「6D」を設立。2016年にD&ADグラフィックデザイン部門審査員、2017年からはグッドデザイン賞審査員を務める。2010~2014年、東京造形大学非常勤講師。2016年より、東京工芸大学芸術学部デザイン学科准教授。

The world is imperfect, so do well by doing good.
世界の食と農を取り巻く社会課題に対しお客様と一緒に取り組む

imperfectは、「The world is imperfect, so do well by doing good. 不完全なこの世界。だから、いいことをして世界と社会をよくしていこう。」をブランド・ミッションに掲げ、この考えをとても大切にしています。世界の食と農を取り巻く社会課題に対して、自分で出来ることから少しでも世界と社会をよくしていこう、という想いのもと、ただ「おいしい」だけではなく、社会課題の解決を目指す「Do well by doing good.」活動に、お客様に楽しくご参加頂く機会をご提供しております。

「imperfect表参道」店舗概要

名称  :imperfect表参道
所在地 :〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ同潤館1階
営業時間:11:00〜21:00(日曜日のみ〜20:00)
TEL  :03-6721-0766
URL  :https://www.imperfect-store.com/
※当面、営業時間を20:00までに短縮して営業しております。

会社概要
名称  :imperfect株式会社
設立  :2019年3月18日
代表者 :代表取締役社長 浦野正義
所在地 :〒100-8086 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号
事業内容:飲料・食品・酒類の製造販売/日用雑貨・衣類の製造販売/飲食店の経営/飲料・食品・日用雑貨・衣類の輸出入
URL  :https://www.imperfect-dowell.com/

※報道関係者様むけには別途、昨今のクリエイティブ界の潮流に関する「報道参考資料」をご用意しています。報道参考資料をご希望の方は、下記お問合せ先までご連絡ください。

【本件に関する報道関係者の方のお問合せ】
imperfect株式会社 PR事務局(株式会社トランスメディア・デジタル内)内藤
Tel:090-2557-2440 Fax:03-6701-7607 E-Mail:imperfect@transm.co.jp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。