『鬼滅の刃マンチョコ』11月3日発売! シール全24種類

<大人気「たかこさんのポリ袋でつくる焼き菓子」シリーズ>第3弾は、定番から新作焼き菓子まで盛りだくさん!

株式会社誠文堂新光社のプレスリリース

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2020年11月5日(木)に、『ポリ袋でつくる たかこさんのあたらしい焼き菓子』を発売いたします。

 季節のフルーツをふんだんに使ったタルトやパイ、型のいらない・かんたんスコーンやシュトレン、“フィナレーヌ”や“newバナナケーキ”などのオリジナルスイーツまで約50品をご紹介!

 菓子研究家・稲田多佳子さんが生み出したあたらしいお菓子作りのメソッド、ポリ袋レシピの第3弾。

 

 よりおいしくグレードアップ!しかもポリ袋を使うことでかんたんにできるマフィンやスコーンなどをはじめ、フィナンシェとマドレーヌをあわせた「フィナレーヌ」、「スコーン風シュトレン」、ビスコッティの進化系「ビスコッティークッキー」などのあたらしい多佳子オリジナル誌上初公開!

 レモンケーキ、マドレーヌ、アップルパイ、台湾風パイナップルケーキなど一度は作ってみたい人気のお菓子、季節のフルーツをたっぷり使ったタルトやパイ、チーズケーキなど、あこがれのお菓子も、ポリ袋を使って手早く失敗なく作る方法を紹介。

 ポリ袋製法とボウル製法を併記した頁もあるので、その人にとって作りやすい、都合の良い方法で焼き菓子作りにチャレンジできます。

【目次】

★シリーズ第一弾『ポリ袋でつくる たかこさんの焼き菓子』のプレスリリースはこちら★
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000582.000012109.html

★シリーズ第二弾『ポリ袋でつくる たかこさんのマフィン・スコーン・パン』のプレスリリースはこちら★
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000840.000012109.html

【著者プロフィール】
稲田 多佳子(いなだ・たかこ)
京都生まれの京都育ち。ウエブサイト「caramel milk tea」に毎日アップされるお菓子の写真とエッセイが評判を呼び、レシピ本を多数出版。特に、主婦目線で考案されたボウル一つで作るさまざまな焼き菓子は、だれでも失敗なく作れておいしいことから、初心者はもちろん、多くのお菓子好きの心を魅了する。現在も、特別な道具がなくても気軽にポリ袋で作れるお菓子をはじめ、お菓子や料理に関する研究を日々続けながら、年に数冊のペースで本づくりをしている。

【書籍概要】
書 名:ポリ袋でつくる たかこさんのあたらしい焼き菓子
著 者:稲田多佳子
仕 様:B5判、96ページ
定 価:本体1,400円+税
発売日:2020年11月5日(木)
ISBN:978-4-416-62039-7

【書籍のご購入はこちら】
誠文堂新光社 書籍紹介ページ:https://www.seibundo-shinkosha.net/book/cooking/51032/

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:https://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。