【ふるさと納税】寄付金額8%分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン開催中

スマホと向き合うよりも、食事と向き合って欲しい想いで開発。スマートフォンを手放して初めて完成する少し不便なお皿「バランス皿」

Seafood from Norwayのプレスリリース

ノルウェー水産物審議会(本社:ノルウェー・トロムソ)は、コロナ禍でおうち時間が増えたなどの暮らしの変化によって約7割の人が心身の悩みを感じていることが判明したことから、栄養価の高いノルウェーサバで食事の栄養バランスと休息をサポートする「SAB-A-BREAK(サ・バ・ブレイク)」キャンペーンを2020年11月9日(月)より開始します。また、調査を通じて浮き彫りになった、75.5%の人が「食事に集中できていない」課題に着目し、SAB-A-BREAK中は食事と向き合っていただくために、スマホを手放して初めて完成する「バランス皿」を開発しました。

 

 

  • スマートフォンを手放して初めて完成するお皿 「バランス皿」

 今回行った調査によると、日本人消費者の7割以上が「食事に集中できていない」ことが明らかになりました。また、ながら食べをしている人が多いにも関わらず、食事中に連絡や通知が来ることに対してストレスを感じる人は3人に1人以上もいることが判明しました。

 この調査結果をもとに、皆さまの食事の栄養バランスと休息をサポートしたい想いから、食事への集中を妨げる主な要因となっているデジタル機器の代表格であるスマートフォンを手放して、食事と向き合うことをサポートする「バランス皿」を開発しました。「バランス皿」は、片方の足しかついておらず、反対側にご自身のスマートフォンを差し込むことによって、バランスがとれて使用できるようになるお皿です。スマートフォンから離れて、お皿のバランスをとることで、食事と向き合うことができ、栄養バランスもとれることが期待できます。

 本キャンペーンをきっかけに、皆さまもスマートフォンから離れて、食事に向き合ってみるのはいかがでしょうか?
 

  • 「バランス皿」 こだわりのポイント

 そのメール、すぐに返さなきゃいけませんか?ご飯の時もSNSを見なきゃだめですか?ノルウェー水産物審議会は、皆さまに美味しいノルウェーサバを始め、食事に集中していただきたい想いから、家具職人とともに、少し不便なお皿を作ってしまいました。皆さまの食事と暮らしをより豊かにするアイテムとして、こだわりを持って設計しています。

<「バランス皿」の特徴>
・ノルウェーサバを始め、様々な料理を上品に演出してくれる、温かみのある木製のデザイン
・料理がこぼれないように設計された、シンプルで美しいカーブ
・様々なスマートフォンのサイズ(横幅)に対応している挿入口
・収納スペースにも困らない、取り外し可能な片足の木製の足

 

  • ​「SAB-A-BREAK(サ・バ・ブレイク)」について

 コロナ禍でおうち時間が増えるなど暮らしの変化が求められる今、毎日の健康管理に対する意識や、これまでと異なる仕事や勉強との向き合い方など、工夫が必要になった方が多いのではないでしょうか。「SAB-A-BREAK(サ・バ・ブレイク)」は、コロナ禍で心身の悩みを感じている人が約7割いる中で、ひとつの改善策となり得る「食事の栄養バランスを整える」ことに取り組んでいる人は約2割に留まっていることを背景に、栄養価の高いノルウェーサバを食事に取り入れて、栄養バランスを整えながら休息をしっかりとる習慣をご提案するキャンペーンです。健康維持や仕事・勉強の効率化のために、皆さまも毎日にSAB-A-BREAKのひとときを取り入れてみるのはいかがでしょうか?

LET’S SAB-A-BREAK キャンペーン
■ 期   間  : 2020年11月9日(月) ~ 12月8日(火)
■参加方法
1. SAB-A-BREAK(ノルウェーサバで栄養補給)を実践!
2. インスタグラムでSeafood from Norway公式アカウントをフォローし、SAB-A-BREAKのノルウェーサバ料理の写真を#SABABREAK をつけて投稿。抽選で10~30名様に「バランス皿」を始めとした豪華プレゼントが当たります。
■ 賞   品  :
A賞 「バランス皿」「サバ温燻2種セット」 10名様
B賞 「ノルウェー産サバ缶5缶」「サバ温燻2種セット」 20名様

公式インスタグラム:@norwayseafoodjp
キャンペーンサイト: seafoodfromnorway.jp/campaign/saba
 

  • 調査結果

■7割以上の人が食事に集中できていないことが判明
全国の20~50代男女計400名を対象に普段の食習慣について調査をしたところ、4人中3人(75.5%)が食事に集中できていないことが判明しました。主な理由として、食事中にテレビやスマートフォンなどのデジタル機器を使用しているとの回答が挙げられました。「ながら食べ」で食事に集中ができていないと、無意識に噛む回数が減り、最大限に栄養補給ができないことが懸念されます。

■3人に1人は食事中の連絡や通知にストレスを感じている
ながら食べをしている人が多数いたにも関わらず、3人に1人以上(36.5%)の人は、食事中に連絡や通知が来ることに対してストレスを感じていることが明らかになりました。同時に、食事中のスマホ画面の向きについて質問したところ、約4割(37.5%)の人が食卓でスマホ画面側を上に向けて食事をとっていると回答しました。食事の時間を遮られるのはストレスに感じながらも、連絡や通知が目に入ってしまう場所にスマホを置いている人が多く、結果的に食事と向き合えていない状態に繋がっているのではないかと考えられます。​

  • ノルウェーサバについて

 サバは、脂肪酸EPAとDHAで構成されるオメガ-3脂肪酸の含有量が多いことから、脳を活性化させたり、循環器疾患を抑えるなどの効果が期待されます。サバには他にも運動後の体力回復を助けたり、美しい肌を維持する働きがある脂肪酸、体内のカルシウム量の調整をし健康で頑丈な骨を作る動きがあるビタミンD、様々な身体器官に必要なタンパク質、体内の抗酸化作用に重要な役割を担うセレンなどが含まれます。サバを食べることによりこれらの栄養を同時に摂取でき、顕著な健康効果を期待することができます。ノルウェーサバは、秋から冬にかけて、サバの脂質量がピークの約30%に達し、脂が乗って旨味が最大限に高まる“ベストシーズン”のみに漁獲しているため、栄養価が高く、食事の栄養バランスをとるためにおすすめの食材です。
 

  • 調査概要

調査対象者:全国20~50代男女 計400名
調査期間:2020年9月5日~9月6日
調査方法:インターネット調査
※本リリースの調査結果をご利用いただく際は、必ず「ノルウェー水産物審議会調べ」とご明記ください。
 

  • ノルウェー水産物審議会について

 ノルウェー水産物審議会(Norwegian Seafood Council)は、世界の重要市場において、ノルウェー産シーフードの価値を高める事を目標に市場インサイト調査、流通・消費者マーケティング、リスクマネージメントを柱に活動を行っています。ノルウェー漁業省が所有する公共企業で、ノルウェーの北部の水産都市トロムソに本部を構え、世界12カ国に支部を設置しています。NSCはノルウェーの漁業・養殖業界と連携し、ノルウェー産シーフードの市場開拓、需要の強化を図っています。

 ノルウェー産シーフードやノルウェーの水産業に関する情報は、seafoodfromnorway.jp をご参照ください。
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。