【ふるさと納税】寄付金額8%分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン開催中

パーク ハイアット 東京 ホテルとしては世界初!MSC認証のクロマグロを提供開始

パーク ハイアット 東京のプレスリリース

パーク ハイアット 東京(総支配人:エルヴェ マゼラ、所在地:東京都新宿区西新宿3-7-1-2)では、かねてより海洋環境保全の重要性を認識し、自然資源を未来へ繋げる“サステナビリティ”への取り組みを推進しています。その一環として、この度、ホテルでは世界で初めてMSC(海洋管理協議会)認証のタイセイヨウクロマグロの提供をスタートいたしました。メニューでは、MSC認証水産物であることをしめすMSC「海のエコラベル」も表示しております。

使用を始めたタイセイヨウクロマグロは、株式会社 臼福本店(代表取締役社長: 臼井壯太朗、所在地: 宮城県気仙沼市)により北東大西洋で漁獲され、今年8月にクロマグロ漁業として世界初となるMSCの漁業認証を取得しました。かつてワシントン条約会議で絶滅危惧種指定の検討対象にもなったタイセイヨウクロマグロが認証を受けたことは、水産業界でも国内外で大きなニュースとして報じられています。

2014年8月にハイアットグループ全体としてサステナブルフード推進の方針が発表されて以来、パーク ハイアット 東京では、着実にトレーサビリティのシステム構築とスタッフの意識向上に努め、2015年5月に国内ホテルとしては初めてMSCおよびASC(水産養殖管理協議会)のCoC認証(Chain of Custodyの略。加工、流通過程を通じて確実に認証品を管理するトレーサビリティ制度)を取得いたしました。現在では館内で使用する魚介類の約35%をサステナブルシーフードが占めています。このような海洋環境に配慮する一貫した姿勢に株式会社臼福本店が共感し、貴重な食材の優先調達が実現しました。クロマグロは、今年10月よりニューヨーク グリルで「サステナブル中トロのグリル トマトと山葵チャツネ ライム(4,800円、サービス料・税別)」として提供しており、今後に向け館内の他レストランでの使用も検討中です。 

そのほか、レストラン・ショップで提供するストロー、梱包材はもとより、厨房器材や社員個人が使うペットボトルにいたるまでプラスチック製品の削減にも励み、別の面からも環境保全への貢献に取り組んでいます。国際的にサステナビリティへの関心が集まる中、パーク ハイアット 東京では、これからもより高い意識で食を通じたおもてなしを提供してまいります。
————————————————————-
※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を鑑み、パーク ハイアット 東京ではお客様の安全と健康を常に最優先事項とし調理段階からお客様へのサービス対応に至るまで、下記のような予防措置を講じております。
・包括的な独立監査による食品安全マネジメントシステム「ISO22000:2018」認証による食品安全保証
・テーブル、椅子、香辛料容器やメニューなどの消毒
・従業員のマスク着用
・アルコールウエットティッシュの提供
————————————————————-

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。