【ふるさと納税】寄付金額8%分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン開催中

「ikiiki mini」に尾西食品 全商品販売コーナー誕生! 2020年11月12日オープン

尾西食品株式会社のプレスリリース

~日常から防災意識を高めていただくために~

「いつでも どこでも どなたにも 美味しいものを」を掲げる保存食のリーディングカンパニー、尾西食品株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:古澤紳一)は、2020年11月12日(木)、『ikiiki miniイキイキミニ』(東京都江東区南砂 運営会社:株式会社タイヨー)内に、全商品が揃う販売コーナーをオープンすることとなりました。
 
この店舗では、「防災コーナー」が新設され、防災・備蓄、アレルギー対応食、ハラール対応食など、すべての人が安心して食することができる商品ラインナップを手に取っていただけます。お客様のお好みで非常食のみならず日常食としてのご利用、また備蓄セットを揃えることが可能です。防災商品のアウトドアとしての利用シーン提案も今後、行っていく予定です。
 
かねてより防災商品の取り扱いについて協議を進めてきた、株式会社タイヨー様よりご紹介を受け、店舗の販売コーナーを利用した尾西食品の全商品販売が可能となりました。地域住民の皆様・消費者に向けた防災・備蓄情報発信の起点となる場所が誕生します。
 
昨今の防災・備蓄、ならびにローリングストックに対する意識が高まる中、日常の生活導線での啓発活動も兼ねた販売実店舗として運営を行っていきます。
                                      
≪店舗取扱商品≫
豊富なメニューの「アルファ米ごはんシリーズ」、人気の「携帯おにぎり」、「尾西のひだまりパン」、「尾西のライスクッキー」、「非常食セット」など尾西の全商品を取り揃えています。

《店舗概要》
店舗:「ikiiki miniイキイキミニ」防災コーナー
住所:東京都江東区南砂2-6-3 1F サンライズ東陽ビル
営業時間:9:00~21:00
URL:https://www.super-taiyo.com/shop/2102
こだわりの惣菜、手作りベーカリーの他、豊富な品揃えの店舗となっています。

【尾西食品株式会社 会社概要】
1932年に創業者の尾西敏保氏がでんぷんの“アルファ化”の加工技術を確立。軍事用食料として重宝されていたものが、戦後は非常用備蓄食料へ発展。災害時の保存食として“アルファ米”を使用した加工食品を開発し、需要が拡大しました。
日本有数の米どころ宮城県に米飯加工工場を持ち、長年に渡り高い生産技術と安全・利便性を追求。災害時のみならず日常でも消費しながら備蓄する「ローリングストック」の啓発活動にも励んでいます。
「おいしい保存食」を毎日の食卓の彩に…。
近年は増加する食物アレルギー対応製品や、グローバル化を受けてのハラール認証食品の開発、さらにアウトドア需要にお応えする携行用製品の開発も盛んです。

■尾西食品株式会社
設   立:1935(昭和10)年
事業内容:長期保存食の製造と販売
代表取締役社長:古澤 紳一
所 在 地:〒108-0073 東京都港区三田3-4-2 いちご聖坂ビル3階 (営業部)
TEL: 03-3452-4020
URL: https://www.onisifoods.co.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。