【中本最新作】セブン&アイ『蒙古タンメン中本 極豚(ゴットン)』発売決定

春日局のご縁に導かれ丹波と東京結ぶ「丹波風土」9月21日OPEN!社長の柳川拓三さんに聴いた東京初出店の発端

宗教法人 麟祥院のプレスリリース

左:(株)やながわ 社長 柳川拓三さん左:(株)やながわ 社長 柳川拓三さん

東京初の出店となります場所は、東京文京区の春日通り沿いにあります。その「春日通り」という道の由来は皆さんのご存知の通り春日局より由来しております。偶然にも「夢の里やながわ本店」も兵庫県丹波市春日町にざいます。

また偶然にも偶然が度々重なり、2017年に店舗の出店を考えていた頃に立ち寄った麟祥院(春日局の菩提寺)で御住職と庭でたまたま御目にかかりました。
約束もなく伺ったので、まさかお会いできるとは知らずに引き合うようにご縁を頂戴致しました。本当に春日局様に導かれていると思わずにはいられないようなご縁です。また更に、じっくりと今回のお話を聴いて頂きまして、春日忌に丹波の名産品を販売してみたらどうかというきっかけをもらいました。

9月21日東京初出店!9月21日東京初出店!

そして、百年ぶりの第二回の春日忌法要で丹波の名産品を出店致しました。今回の10月14日の春日忌(湯島:麟祥院にて開催)にも丹波の旬の名産品を販売致します。ちょうど春日忌の開催とちかいタイミングで新しくオープンすることになりました。9月21日オープンとなります。ご縁に感謝致します。きっと春日局様にも微笑ましく喜んでいただいているのではないでしょうか。文京区の皆様、東京の皆様、東京観光の皆様、日本に訪れる外国人の皆様、みんなに丹波から本物の味と丹波の魅力をお届け致します!ぜひ皆さんお立ち寄りください!
【(株)やながわ 社長 柳川拓三さんより】

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。