松屋監修「シュクメルリ鍋」風ヌードル新発売

『日本流行丼大賞2020』グランプリに輝いた丼(どんぶり)は『魯肉飯(ルーロウハン:台湾風豚角煮丼)』に決定!

株式会社BGI JAPANのプレスリリース

日本初の鰻と丼の情報発信サイト『うなぎ_STYLE』(運営:株式会社BGI JAPAN、本社:東京都千代田区、代表取締役/藤原静宏 https://bgi-japan.co.jp)が主催して、日本の飲食文化の更なる発展を目的に、人々に愛され、歴史に残す価値があり、世界に広めたい、今年注目が集まった丼を記録に残すという選考方針の下、今年から『日本流行丼(りゅうこうどん)大賞』を設け、2020年11月30日[月]午前11時30分に選考結果を公開致しました。

『うなぎ_STYLE』編集長の中西純一を選考委員長に、東京大学未来ビジョンセンター・ライフスタイル研究ユニットの関谷剛客員准教授、辻安全食品株式会社辻幸一郎社長、株式会社フライメディア吉田美津江社長の4名の食とライフスタイル、食とトレンドの専門家により構成された日本流行丼大賞選考委員会の選考委員が「知名性」「社会性」「話題性」「独創性」「時代性」「将来性」という6つの選考指標による客観的な数値を用いながら、2020年を代表する丼について検討を行いました。

選考委員の厳正な協議の結果、満場一致で『日本流行丼大賞2020』のグランプリには『魯肉飯(ルーロウハン:台湾風豚角煮丼)』が選ばれました。『魯肉飯』がグランプリに選ばれた理由として、昨年急増したタピオカドリンク店で今年も営業している店では食事メニューを提供するようになり、多くの店で『魯肉飯』が食べられる様になったこと。また豚肉と味付け玉子に野菜(或いは漬物)と3種類の食材が入っているヘルシーさが女性に人気となり、コンビニエンスストアのセブンイレブンでも『魯肉飯』が販売され、大手牛丼チェーンでも『豚角煮丼』が今年後半に相次いでメニューになったことが挙げられました。

また選考委員会で『日本流行丼大賞2020』の金賞に『うな牛』『スタミナ超特盛丼』『名古屋系うな丼』の3品が選出され、話題賞として『三河鮮魚の海鮮丼』が選ばれました。日本流行丼大賞の選考経緯の詳細については『うなぎ_STYLE』のサイトに掲載しています(https://unagi-style.com)。

鰻と丼の情報発信サイト『うなぎ_STYLE』では、来年以降も『日本流行丼大賞』を主催すると同時に、食の安全や安心を一般消費者向けに啓蒙する活動や、丼文化の普及や食育などのセミナーやイベント開催を予定しており、食を取り巻く生産・流通・販売に関係する人々と消費者を正しく繋ぐ役割をになっていきたいと考えております。


Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。