「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

アイルランド政府食糧庁 Bord Bia(ボードビア)アイルランド産グラスフェッドビーフを紹介するウェブサイトを開設

アイルランド政府食糧庁のプレスリリース

アイルランド政府食糧庁(Bord Bia: ボード・ビア)はアイルランド産グラスフェッドビーフの特長を紹介するウェブサイトを本日12月18日(金)より公開します。

アイルランド産グラスフェッドビーフ ウェブサイト https://irishbeef.jp/

アイルランドの牛肉は理想的な環境と厳格な食品トレーサビリティシステムで、より自然な状態で生産される高品質な牛肉で、世界中のミシュラン星付きレストランシェフから賞賛される美味しさが特徴です。ウェブサイトでは、アイルランド産グラスフェッドビーフの特長のほか、人気YouTuberぐっち夫婦による「牛カツ」クッキング動画や、アイルランド産グラスフェッドビーフの取り扱い店を紹介しています。現在はオンラインでも販売されており、一例として、東京468(ヨーロッパ)食材 楽天市場店は、アイルランド産グラスフェッドビーフの中でも高級なヘアフォード種をカット売りしています。

<アイルランド産グラスフェッドビーフの特徴>
●アイルランドの豊かな牧草で育ったヘルシーな牛肉
●抗生物質、ホルモン剤不使用で安心・安全
●プロも認める柔らかで美味しい赤身肉
●栄養豊富
オメガ3脂肪酸:血管をサラサラにし、コレステロール値を低下させ、アンチエイジング効果もある
鉄分:貧血になりやすい女性やストレスで鉄分不足になりやすい方、アスリートにおすすめ
ビタミン・ミネラル:抗酸化作用のあるビタミンEや人間に不可欠なミネラルが豊富
タンパク質:不足すると免疫力の低下、むくみ、筋肉減少、鬱、肝機能低下などを引き起こす原因になる

<アイルランド産グラスフェッドビーフ取り扱い店>
【小売店】
東京468(ヨーロッパ)食材 楽天市場店 https://www.rakuten.co.jp/tokyo468syokuzai/
【レストラン】
ねぎし https://www.negishi.co.jp/
DISTRICT -  KIMPTON SHINJUKU TOKYO 2F
https://www.kimptonshinjuku.com/jp/tokyo-restaurants/district/
ワインファーム TAMURA https://www.wine-farm-tamura-nakameguro.com/

アイルランドは畜産業の長い歴史と伝統があり、その輸出額は12Bユーロにも上っています。輸出品の中心は牛肉と乳製品で、豚肉、シーフード、アルコールと加工食品がそれに続きます。アイルイランドは国家的持続可能食料生産プログラム(Origin Green)を持つ唯一の国です。Origin Greenのメンバーの畜産農家や企業は、いろいろな点でその持続可能性を分析する必要があります。例えば、Co2排出量の測定、水の使用量の削減、畜産における廃棄物処理に気を遣うことが求められます。その結果、環境に配慮した上での高品質でヘルシーで安全な、しかも美味しい食品を保証することが可能になっています。

また、アイルランドは大西洋に面しているので、雨も十分降り、草の成長を助けるきれいな水もたくさんあります。すべての牛が毎年最低6か月間、牛本来のえさである、緑の草を食べており、持続可能性の高い食肉です。牛の餌は、肉の色、味、柔らかさに影響することが科学的にも立証されています。その意味でも、アイルランド牛は脂肪が少なく、ヘルシーで美味しいのです。

 
アイルランド政府食糧庁(Bord Bia: ボード・ビア)について
ボード・ビアは、アイルランドの食品・飲料・園芸の国内外での販売促進を担う政府機関です。生産者の成長と持続可能性に寄与することを目指しています。ヘッドオフィスはアイルランド・ダブリンにあり、昨年在日本アイルランド国大使館に東京オフィスをオープンしました。また、ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジア、および米国の拠点で世界的なネットワークを築いています。
ボード・ビア公式ウェブサイト(英語)https://www.bordbia.ie/

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。