「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

三四郎など人気お笑い芸人がクーナッツに扮し漫才を披露したWEBムービーシリーズ「クーナッツ漫才大賞 supported by 食玩ジャパン」を2020年12月25日(金)に公開

株式会社バンダイ(キャンディ事業部)のプレスリリース

 株式会社バンダイ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:川口勝)は、株式会社ビームス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長、設楽洋)の 、日本のモノやコトの魅力を国内外に発信する事業 BEAMS JAPANとコラボレーションし、おまけ付きお菓子『食玩』の魅力を発信するプロジェクト「食玩ジャパン」を、2021年1月7日(木)より始動いたします。また、プロジェクトの始動に先立ち、三四郎や年末の賞レースでも話題となった錦鯉、東京ホテイソン、ラランドなど人気お笑い芸人6組がバンダイの人気『食玩』のクーナッツに扮し、『食玩』にまつわる漫才を披露したWEBムービーシリーズ「クーナッツ漫才大賞 supported by 食玩ジャパン」を、12月25日(金)よりYouTubeチャンネル「BEAMSテレビ」と「バンダイ公式チャンネル」にて公開いたします。

 「食玩ジャパン」は、 2016年のスタートから日本の文化を国内外へ発信し続けるBEAMS JAPANと、 1981年より『食玩』を手掛け2021年に事業参入から40周年を迎えるバンダイの食玩事業がタッグを組み、 日本のカルチャーとして多彩な魅力をもつ『食玩』を、 多くの方々に発信していくプロジェクトです。
『食玩』に慣れ親しんで育った方だけでなく、 未だ触れたことの無い方々にもその魅力を伝えるべく、 異色のコラボレーションプロジェクトが実現しました。

 今回のプロジェクトでは、 ビームス ジャパンの店内で、 貴重な『食玩』コレクションの企画展示や、 「食玩ジャパン」限定コラボレーション商品の販売、 全国のBEAMS店舗(除外店舗有り)でのプレゼントキャンペーンなど、 『食玩』の魅力を多様な方法で発信していきます。

 プロジェクトに先立ち、 WEBムービーシリーズ「クーナッツ漫才大賞 supported by 食玩ジャパン」を公開いたします。 人気お笑い芸人6組(三四郎、 錦鯉、 東京ホテイソン、 真空ジェシカ、ランジャタイ、ラランド)が、 クルクル回るクールなナッツがコンセプトのバンダイの人気『食玩』「クーナッツ」に扮し、 『食玩』にまつわる漫才を披露します。 さらに、 クーナッツを動かしながらアテレコをする独特な撮影となった現場や、 各お笑い芸人のインタビューを盛り込んだメイキングムービーも公開いたします。 ぜひご覧ください。

■WEBムービーシリーズ「クーナッツ漫才大賞 supported by 食玩ジャパン」
 人気お笑い芸人6組が『食玩』フィギュアのクーナッツに扮し、 漫才を披露するWEBムービーシリーズです。
この企画のためだけに制作したお笑い芸人のクーナッツや、 クルクル回ったり、 倒れたりするクーナッツらしい動きを活用した漫才が見どころです。 また、 メイキングムービーでは、 クーナッツを動かし、 アテレコをする独特な漫才を披露する各お笑い芸人の撮影の様子をご覧ください。

<概要>
・WEBムービーシリーズタイトル:クーナッツ漫才大賞 supported by 食玩ジャパン(計6本)
・メイキングムービータイトル:クーナッツ漫才大賞 supported by 食玩ジャパン メイキングムービー(1本)
・公開期間:2020年12月25日(金)~2021年2月14日(日)
・URL:BEAMSテレビ(https://youtube.com/playlist?list=PLLxX2dRbXe2ojk62ZtMKn2euEr1IVVYc4
バンダイ公式チャンネル(https://youtube.com/playlist?list=PLWicKRwpgDWotiqnGQ9Jkse3YgKIsPkBh
・参加お笑い芸人:

三四郎さん
「独特な空気でやるのが初めてで戸惑いましたが楽しんでやることができました。 僕らが一番クーナッツの要素を入れているので、 見てください!」

 

錦鯉さん
「僕らのクーナッツが動いて本当に楽しかった。 (クーナッツのような)クルクル回る動きをできるようにならないと!ぜひ御覧ください!」

 

東京ホテイソンさん
「漫才の中にクーナッツを取り入れさせてもらって楽しくできました。 ぜひ皆さん見てください!お願いします!」

 

真空ジェシカさん
「クーナッツ漫才が今年の真空ジェシカの集大成です。 ぜひ御覧ください!よろしくお願いします!」

 

 

ランジャタイさん
「僕たちは、 クーナッツ漫才をやるために生まれてきた。 我々のクーナッツ漫才を御覧ください!」

 

ラランドさん
「お話をいただいたとき、 西田がクーナッツに似てるからピッタリだと思った。 (西田さんは)クーナッツを買っていたので、 それに声を当てられるのは最高の仕事!」

■「食玩ジャパン」概要
 「食玩ジャパン」は、 2016年のスタートから日本の文化を国内外へ発信し続けるBEAMS JAPANと、 1981年より食玩を手掛け2021年に事業参入から40周年を迎えるバンダイの食玩事業がタッグを組み、 日本のカルチャーとして多彩な魅力をもつ食玩を、 多くの方々に発信していくプロジェクトです。 食玩に慣れ親しんで育った方だけでなく、 未だ触れたことの無い方々にもその魅力を伝えるべく、 異色のコラボレーションプロジェクトが実現しました。
・期間:2021年1月7日(木)~2月14日(日)
・実施内容:-ビームス ジャパン(新宿、 渋谷、 京都)にて食玩ジャパン限定コラボレーション商品を発売
      -ビームス ジャパン(新宿)にて約1000種類以上の食玩展示
      -ビームス ジャパン(新宿)にて架空の食玩売場「萬代屋(ばんだいや)」の設置
      -全国のBEAMS店舗(除外店舗有り)でのプレゼントキャンペーンの実施
      -食玩ジャパン限定クーナッツのTwitterプレゼントキャンペーンの実施
      -WEBムービーシリーズ「クーナッツ漫才大賞 supported by 食玩ジャパン」の公開
・BEAMS公式オンラインショップ: https://www.beams.co.jp/

■クーナッツについて

 クーナッツとは、 クルクル回るクールなナッツがコンセプトの食玩フィギュア。 まわして、 はじいて、 ゆらして、 かわいいキャラのキュートな動きをお楽しみ頂けます。 全国のお菓子売場や雑貨屋等が主な販路です。 

■バンダイの食玩事業について
 1981年から食玩市場に参入。 90年代にはポケモンのソフビ人形付き菓子『新ポケモンキッズ』1,000万個販売。 バンダイの食玩の単品販売数として当時の記録を樹立。 2002年『ガンダムミニフィギュアセレクション』シリーズ1,000万個販売。 2008年には、 食玩発のオリジナルキャラクターとして合体ロボ『ムゲンバイン』シリーズ350万個販売。 2012年に発売された、 組み換え遊びで文字がキャラクターに変形する『超変換!!もじバケる』は、 ニューヨーク近代美術館の永久収蔵品に認定。 翌2013年発売『超変換!!もじバケる』シリーズは、 グッドデザイン賞を受賞と、 食玩発のオリジナル商品として脚光を浴びる。 2014年、 スマホを使って楽しむ食玩『ハコビジョン』が、 日本おもちゃ大賞2014イノベイティブ・トイ部門大賞を受賞。 2016年、 ミニサイズのプラスチック組み立てキットがついた食玩『スーパーミニプラ』シリーズを立ち上げ、 ハイターゲット層へのアプローチを仕掛け、 2020年の現在も尚、 ハイターゲット層を魅了し続けている。 2018年には、 『ポケモンキッズ』シリーズ累計販売数3億個を突破。 2019年、 オリジナル食玩フィギュア『アニマギア』始動。 食玩市場におけるトップメーカーであることにとどまらず、 今後も、 豊富なキャラクター展開に加え、 新たなエンターテインメントを付加した唯一無二の商品を創出することによって進化を続けていく。

■ BEAMS JAPANとは
 日本の良さや面白さを世界へ発信するプロジェクトとして2016年にスタート。 新宿、 渋谷、 京都のBEAMS JAPAN 3店舗を拠点に、 日本の技術が光るプロダクト、 伝統に裏付けされた各地の名品、 モダンカルチャーやアートに加え、 こだわりのオリジナルウエアなどのファッションアイテムも集積し、 日本のモノやコトの魅力を国内外に発信しています。
これまでに兵庫県神戸市や大分県別府市、 愛知県名古屋市や福島県などの地方自治体や、 異業種の企業ともコラボレーションを行い、 店頭イベントに加えて商品開発やガイドブックの発行など、 数多くのプロジェクトに取り組んでいます。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。