松屋監修「シュクメルリ鍋」風ヌードル新発売

ギョーザ売上日本一の味の素冷凍食品(株)から「レンジで焼ギョーザ」が新発売!!2021年2月14日(日)より地域限定で発売開始

味の素冷凍食品株式会社のプレスリリース

 味の素冷凍食品株式会社(社長:黒崎正吉 本社:東京都中央区)は、電子レンジ約3分で調理ができる、焼き目が香ばしく、ジューシーな味わいが特長の「レンジで焼ギョーザ」を、2021年2月14 日(日)より地域限定※で発売します。
※東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、新潟県限定

「もっと手軽に餃子が食べたい」という声にお応え
 餃子は老若男女問わず多くの方に愛されるメニューです。2020年上期には冷凍餃子の食卓出現頻度が2桁伸長し、ますます盛り上がりをみせています(2020年当社調べ)。誰もが好きなメニューだからこそ、夕食だけではなく、すぐに食べたいランチやおつまみにも、手軽に餃子を食べたいというニーズが存在しています。このような<誰でも手軽に><食べたいときにすぐ食べたい>というニーズにお応えし、電子レンジで約3分温めるだけで食べられる「レンジで焼ギョーザ」を発売します。

ギョーザ売上日本一※の当社が実現する“レンジ調理”で“まるで焼きたて”のおいしさ
(※市販用冷凍・チルド餃子市場 2019 年度売上金額ベース、味の素冷凍食品(株)ギョーザブランド計、当社調べ)
 「レンジで焼ギョーザ」は、国産のお肉と野菜を使い、香ばしい焼き目とジューシーさで、飽きのこない味わいを、電子レンジでトレイのまま調理するだけで、手軽にお楽しみいただけます。
 当社の「ギョーザ」は 17 年連続売上日本一※の製品で、1970年の創業当時から、冷凍餃子の技術開発と品質改良を重ねてきました(※2003年度~2019年度、冷凍食品単品売上金額ベース、当社調べ)。このたび、その技術と知見を活かし、工程・レシピを工夫することで、電子レンジで調理しても皮が硬くならずもちもち食感 に、そしてまるで焼きたてのような、香ばしい焼き目のついたおいしさを実現しました。また、5個ずつ分かれるトレイなので、食べたいときに、食べたい分だけお召し上がりいただけます。

冷凍餃子のラインナップ拡大でさらなる冷凍餃子市場の拡大へ
 当社は、「ギョーザ」「しょうがギョーザ」「水餃子」に加え、「レンジで焼ギョーザ」、期間限定の「黒豚 肉餃子」を発売し、異なるターゲット・オケージョンを拡大するラインナップを強化することで、冷凍餃子市場の拡大を図ります。 

・発売概要
1.製品概要:

製品名:レンジで焼ギョーザ
容 量:10 個入り (170g)
製品特長:レンジで約3分でできる、香ばしい焼き目とジューシーで飽きのこない味わいが特長の焼餃子です。お肉と野菜はすべて国産を使用。 
調理方法:電子レンジ

2.発 売 日:2021年2月14日(日)

3.発売地域:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、新潟県

4.賞味期限:年月日で表示

5.希望小売価格:設定せず

6.デジタルパンフレット: https://my.ebook5.net/ffa_ajinomoto/pamphlet_retail/
※2021年1月6日(水)公開予定

7.お客様向けお問い合わせ先:味の素冷凍食品(株) お客様相談室[フリーダイヤル]0120-303-010

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。