松屋監修「シュクメルリ鍋」風ヌードル新発売

ほっとけないどう「第13回ほっとけないAWARD」開催

サッポロホールディングスのプレスリリース

サッポロホールディングス(株)のグループ企業であるサッポロビール(株)は、1月14日に「ほっとけないどう(https://hottokenaido.com/)」の活動の中心となる「挑戦者」がその想いをプレゼンテーションするイベント「第13回ほっとけないAWARD」をオンライン配信にて開催します。

この活動は、北海道を舞台に新たなプロジェクトにチャレンジしたい「挑戦者」と、その活動を支援したい「応援者」をつなぐ共創活動で、参加者全員で課題解決に取り組む参加型のプレゼンテーションイベントです。

 

当社ネットショップ(Amazonへの出店)限定で販売している「サッポロ SORACHI1984カンパイ★ファンディング缶」をご購入いただくことで、全国各地より「挑戦者」を支援(注1)することができます。

 

当社は、この取り組みを通して、当社の創業の地である北海道をさらに活性化できるよう応援していきます。

(注1)売上金額の10%を、挑戦者に寄付します。

1.開催日時
日時:2021年1月14日(木)19:00~
【1部】19:00~19:50
・北海道の挑戦者たち3人がプロジェクトについてのプレゼンテーションを行います。
・YouTube LiveもしくはFacebook Liveにて誰でも無料で視聴できます。

【2部】20:00~21:30
・1部での挑戦者のプレゼンテーションを聞いた応援者がアイデアを出す、ブレストタイムを設けます。
応援者からのアイデアやアドバイスを受けた挑戦者は、今後の活動方針を当日発表します。
・2部はZoomで開催しますが、無料の参加チケットを事前申し込みされた方のみ参加できます。
・最後に参加者全員でオンライン交流会を行います。

2.開催方法
【1部】19:00~19:50
プレゼンテーション:YouTube Live 、Facebook Live
■YouTube Live
https://youtu.be/GzPK53SzCdk
■ほっとけないどう公式Facebook Live
https://www.facebook.com/hottokenaido/

【2部】20:00~21:30
ブレストタイムおよびオンライン交流会:Zoom(無料チケット制)
■参加チケット申し込み先リンク
https://award13.peatix.com/
<参加条件>
・20歳以上の方
・スマートフォンやパソコンでZoomをご利用頂ける方
<参加方法>
2部の参加を希望される方は、Peatixページより参加申込をお願い致します。
参加料 :無料
定員   :30名(先着順)

3.支援方法
「サッポロ SORACHI1984カンパイ★ファンディング缶」を購入いただくことで、購入金額の10%で「挑戦者」を支援することができます。Amazonに出店しているサッポロビールネットショップでご購入いただけます。
https://www.amazon.co.jp/dp/B086L2XQBT

4.登壇者・プレゼン情報
登壇者①
 ■名前
出合 祐太(であい ゆうた)

■肩書
北海道ベースボールリーグ代表

■プロジェクト
北海道地域を舞台にした多種目スポーツリーグを展開し地域を活性化させたい

■カンパイ☆ファンディングの使用用途
選手育成費や地域の活性化のためのイベント企画など

■出身地
北海道富良野市

■略歴
幼い頃から野球に親しむ。札幌大学を卒業後、パンの製造業に勤めるが、高校時代より関心のあった青年海外協力隊への夢を諦められず、退職し受験。
2008年から青年海外協力隊 西アフリカ・ブルキナファソ初代野球隊員として現地に赴き、野球の普及活動を行う。帰国後、富良野市内にてパン職人として独立開業。そのかたわら、ブルキナファソの野球の普及活動を継続するため、現地の子どもたちに日本で野球を学ぶ機会を提供するなどの活動を継続し、2015年には同国初のプロ野球選手の誕生を果たす。
2020年、人材育成と地域貢献を目的に「北海道ベースボールリーグ」を設立し、地域の活性化も見込んだ地域スポーツリーグをスタートさせた。

■ウェブサイト
Facebook:https://www.facebook.com/HokkaidoBA

登壇者②
 ■名前
久保えりな(くぼ えりな)

■肩書
北星学園大学文学部英文学科4年

■プロジェクト
駆除されたエゾシカをレザースカートへ

■カンパイ☆ファンディングの使用用途
スカートの製作費用

■出身地
北海道札幌市

■略歴
「どこか全く知らない場所で生活してみたい」という魔女宅思想から突然ドイツ・ベルリンで1年暮らした。そこで「生命」により向き合う必要があると実感し、現在エゾシカの革を用いたスカートを製作している。

食費を削って服や本を買い、展覧会や旅行に行く。ジャニオタを隠しながら生活するも、この頃無意識にオタクが出てしまっている。ギャルを尊敬している。インドア派陽キャ。ド近視。イエベ冬。

■ウェブサイト
クラウドファンディングページ:https://actnow.jp/project/mydear/detail
Instagram:https://www.instagram.com/erina__kubo/

登壇者③
 ■名前
青木 広宙(あおき ひろおき)

■肩書
公立千歳科学技術大学理工学部電子光工学科 准教授,博士(工学)

■プロジェクト
冬場でも新鮮野菜を収穫したい!デスクトップ菜園システムR&D

■カンパイ☆ファンディングの使用用途
デスクトップ菜園システムの研究開発費用

■出身地
新潟県長岡市

■略歴
1973年生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了後、建設業に就職するも作業着姿に違和感を覚え、1年で退職。その後、慶應義塾大学大学院に進学し、画像工学の研究に勤しむ。
慶應義塾大学、香川大学、東京理科大学、名古屋工業大学、広島市立大学、鹿児島大学など、全国の国公私立大学での武者修行を経て、2013年より北海道に移住。以来、北海道の奥深さをかみしめる毎日を送る。
医療・福祉・健康・農業などの様々な分野への画像技術の応用研究が主戦場で、たまにメディアアート制作も行う。趣味はカレー作りと芋焼きで、味はプロ級(自称)。

■ウェブサイト
研究室WEBサイト/リニューアル中:http://www.chitose.ac.jp/~h-aoki/
Facebook:https://www.facebook.com/hirooki.aoki

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。