松屋監修「シュクメルリ鍋」風ヌードル新発売

タブレットの無償配布を開始、コロナ禍におけるコミュニケーション活性化を支援

株式会社ナリコマホールディングスのプレスリリース

全国の福祉施設・病院さま向け給食事業を展開する、株式会社ナリコマエンタープライズ(本社:大阪市、代表取締役:竹内美夫)は、契約顧客※に対し、無償タブレット1台の配布を本日開始したことをお知らせいたします。

ナリコグループでは、業界に先駆けてICTを取り入れた給食事業を展開しており、20年前から自社開発のシステムを利用し、毎日変動する食数発注に対応できる管理・製造を行ってまいりました。

このたび、弊社に対する発注や検品にご利用いただけるアプリを組み込んだタブレットの無償配布を開始いたしました。
 
コロナ対応やインフルエンザ流行期など対面での打ち合わせが難しい昨今において、オンラインにつながるデバイスは必須アイテムです。弊社とのWeb会議やオンラインでの厨房視察などにもご利用いただき、対面と変わらないサービスの提供も行ってまいります。

他にも、弊社が30年以上の厨房業務から得たノウハウを公開したサイトなどもご覧いただけます。

また、タブレットの用途に関して制限はございません。入居者さまとご家族のオンライン面談にご利用いただくなど、各施設・病院さまの一助となることも期待しております。

今後も、施設や病院さまの経営に寄り添う厨房運営改革を積極的に行ってまいります。

※お食事サービス「よろこび」「すこやか」をご利用のお客さま

【タブレット配布概要】
タブレット機種:Lenovo ZA4Y0074IP M10 REL
投資額:5,000万円

【問い合わせ先】
株式会社ナリコマホールディングス
広報室・末永
070-2451-4273
k-suenaga@narikoma-enterprise.com

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。