「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

1960年初代誕生から『7代目ケンミン焼ビーフン』が3/1デビュー! 四角から丸型に変更し、SDGs(健康維持・環境保護)などに対応した次世代型商品に一新

ケンミン食品株式会社のプレスリリース

ケンミン食品株式会社(兵庫県神戸市・代表取締役社長:高村祐輝)は、今年で発売61年目の主力商品『ケンミン焼ビーフン』を6年ぶりに一新し、2021年3月1日に7代目として全国で発売します。ケンミン焼ビーフンはフライパン一つの3分調理で、低カロリーで栄養バランスの良い食事ができる点がおうちごはんにマッチし、コロナ禍でのシリーズ売上は前年比約113%まで伸長しました*。この先も長くお客様のお役に立つため、‟人と地球にやさしい焼ビーフン”をテーマに、焼ビーフンの形状を丸型に改良し、さらに使いやすくなりました。 *3月~12月前年度比

7代目ケンミン焼ビーフン7代目ケンミン焼ビーフン

ケンミン焼ビーフン 商品概要
商品名:ケンミン焼ビーフン 鶏だし醤油
内容量:65g
賞味期限:14か月
発売日:2021年3月1日
販売エリア:全国のスーパーマーケットなど
希望小売価格:115円(税抜)

商品を一新する理由およびポイント
①四角型から丸型へ

めんがほぐれやすくなり調理性が向上しました。フライパンに重ねることなく入れられるため、3食以上の調理でも使いやすくなりました。さらにアウトドア調理など様々な食シーンに対応します。

四角から丸型へ四角から丸型へ

②人にやさしい:健康に配慮

 

・現代の味の嗜好に合わせ、また昨今の健康志向に対応し、野菜120gを入れて調度良い設計に裏面表記を変更しました。1日の1/3分の野菜が摂れるメニューとして、他の即席麺よりも健康的な食事が可能になります。
・表示通りに調理することでPFCバランス*が整ったメニューになります。
 *PFCバランス:メニューに含まれるタンパク質(P)、脂質(F)、炭水化物(C)のカロリー比のバランス。それぞれP:13~20%、F:20~30%、C:50~65%に収まるとバランスが良いとされる。

PFCバランスPFCバランス

③地球にやさしい:環境に配慮

 

丸型に改良したことで、パッケージサイズを約10%縮小することに成功しました。プラスチックゴミ削減に貢献します。またCO₂年間排出量を年間約1t削減できます。

パッケージを縮小パッケージを縮小

 

『7代目ケンミン焼ビーフン』の特徴
●調理性が向上し、使いやすくなりました
・調理後のめんがほぐれやすく、食べやすくなりました。
・26㎝フライパンに3食入れる場合、重なることなく並べることができるため、均一に調理できます。(図1)

26㎝フライパンに3つ並ぶ26㎝フライパンに3つ並ぶ

●パッケージを刷新し、より見つけやすくなりました
集中視野の理論を活用し、上下の帯部分にケンミンコンセプトカラーの青色を配色することにより、中心の「焼ビーフン」に目が向きやすくなりました。ケンミンコンセプトカラーの黄色には「笑顔」を意味する「向日葵色」を採用し、青色は「濃桔梗色」で「真面目な社風」を表現しています。(上:商品パッケージ)

●様々な食シーンに対応
アウトドア専用の調理器具の形状に合い、調理適性が向上しました。近年拡大しているアウトドア市場の中で、キャンプや山登り食として「アウトドアで焼ビーフン」といった使用シーンが増えます。(図2)

キャンプ飯にピッタリキャンプ飯にピッタリ

 

新旧焼ビーフンの比較

〈参考資料〉
『ケンミン焼ビーフン』とは
1960年に誕生、2020年に60周年を迎えたロングセラー商品。味付きビーフン商品として世界初・世界オンリーワン*(自社調べ)であり、『最も長く販売されている焼ビーフンブランド』に認定されている。鶏だしの効いた醤油味で味付けされ、ゆで戻し・調味料不要で、世界一簡単に美味しく料理できる米めん商品として、年間約1500万食を製造・販売。日経POSセレクション平成売上No.1(その他即席めんカテゴリー)受賞。2020年12月より焼ビーフン専用新工場にて製造をスタート。2020年1月より「KENMIN Yaki Be-fun」をアメリカで販売開始。

KENMIN Yaki Be-funKENMIN Yaki Be-fun

ケンミン焼ビーフンの誕生
1950年にビーフンづくりを始め、ビーフンを食べたこともない、作り方が分からない、作っても失敗するという課題に創業者健民が挑戦し、1960年、ビーフンに味付けを施した「ケンミン焼ビーフン」を発明しました。ラーメンが瞬間油熱乾燥法で即席ラーメンを開発する一方、ビーフンはパフ化してしまうため油で揚げることができず、開発は容易ではありませんでした。品質の安定の困難を乗り越え、熱風乾燥を考案し、誕生当時からノンフライを実現しました。
現在も味付ビーフンは世界に類がなく世界にひとつだけのオリジナル商品。時代を越えてお客様に喜んでいただけるよう、愛を米(こめ)てつくり続けています。

右から2人目 創業者高村健民右から2人目 創業者高村健民

歴代ケンミン焼ビーフン

 

歴代ケンミン焼ビーフン歴代ケンミン焼ビーフン

こく旨塩味が付いてくる特別限定パッケージ発売
7代目ケンミン焼ビーフン誕生に合わせて、シリーズ品のパッケージをリニューアルします。「ケンミン焼ビーフン鶏だし醤油味」3袋に、「ケンミン焼ビーフンこく旨塩味」が1袋付いてくる期間限定パッケージを3月15日より全国で発売します。
ケンミン焼ビーフン3袋こく旨塩焼ビーフン付商品概要
商品名:ケンミン焼ビーフン3袋こく旨塩焼ビーフン付
内容量:265g(65g×3袋+70g)
賞味期限:12か月
発売日:2021年3月15日
販売期間:約3か月間
販売エリア:全国のスーパーマーケットなど
希望小売価格:345円(税抜)

ケンミン焼ビーフン3袋こく旨塩焼ビーフン付ケンミン焼ビーフン3袋こく旨塩焼ビーフン付

ケンミン焼ビーフンシリーズ
ベーシックな「鶏だし醤油味」に加えて、2017年春にあっさりした「こく旨塩味」、2018年秋にスープタイプの「ケンミン汁ビーフン(リニューアル)」を発売。2020年春にはスパイシーな「幻のカレー味」を発売しました。フライパン一つで簡単に調理でき、ご家庭のどんな野菜とも相性バッチリの「ケンミン焼ビーフン」シリーズです。

ケンミン焼ビーフンシリーズラインナップケンミン焼ビーフンシリーズラインナップ

焼ビーフンブランドサイト
https://www.kenmin.co.jp/products/brands/befun/

プレスリリースダウンロード
https://prtimes.jp/a/?f=d27446-20210115-7722.pdf

ケンミン食品とは
1950年神戸創業のビーフンメーカー。1960年発売の『ケンミン焼ビーフン』は『最も長く販売されている焼ビーフンブランド』に認定されている。国内ビーフン市場の52.8%のシェアで日本一。創業者高村健民に因み、健康(健)を皆さま(民)に提供するという理念を持つ。ビーフンの他にも、フォー、ライスパスタ、ライスペーパーなど米を原料とした加工食品を製造する専門企業である。近年、グルテンフリーがトレンドの欧米にも輸出し親しまれている。2018年地域未来牽引企業、2020年ひょうごオンリーワン企業に認定。明治安田生命J1リーグヴィッセル神戸のユニフォーム・パンツスポンサー。
https://www.kenmin.co.jp/

ビーフンの国内市場シェア(日本税関2018調べ)ビーフンの国内市場シェア(日本税関2018調べ)

 

 

ケンミン焼ビーフン調理イメージケンミン焼ビーフン調理イメージ

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。