「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

当社商品の賞味期限 「年月」表示への取り組みを2021年5月より順次実施

株式会社永谷園ホールディングスのプレスリリース

株式会社永谷園(社長:五十嵐 仁、東京都港区)は、賞味期限9か月以上の市販用商品、業務用商品で賞味期限の「年月日」表示から「年月」に変更し、それに伴い該当商品の賞味期限延長の取り組みを2021年5月より順次進めてまいります。
本取り組みにより、サプライチェーン全体での「食品ロス」削減に貢献するとともに、物流の効率化などに寄与してまいります。

 「食品ロス」は、2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」で、2030年までに1人あたりの食品廃棄量を半減させることが決議されました。さらに昨年10月からは「食品ロス削減推進法」が施行するなど、関心が非常に高まっています。その一方で、日本における食品ロスの現状は、1年間に約612万トン(2017年度、農林水産省推計)と、いまなお大きな社会問題となっています。

 当社では2017年より一部市販用商品の賞味期限の延長を行っております。さらに食品ロス削減に取り組むべく、賞味期限の表示変更を取り組んでまいります。

1.  年月表示の対象商品
・永谷園商品(市販用商品、業務用商品) 賞味期限9か月以上※賞味期限延長も行います。

2.  年月表示の開始時期
・2021年5月より順次
※対象商品の一例

対象商品「あさげ6袋入」(5月より)、「お茶づけ海苔8袋入」(順次)対象商品「あさげ6袋入」(5月より)、「お茶づけ海苔8袋入」(順次)

**********************************************************************************
【参考】永谷園グループにおける環境問題への主な取り組み
●食品ロス
・商品の返品・廃棄の削減活動
・フードバンクの活用(2015年より)

●商品開発面での対応
・賞味期限延長(2017年)、
・バイオマスプラスチックフィルムのパッケージ採用(2017年)
・包装資材のサイズ見直し

●製造面での対応
・製造工程上でのロス削減、再生可能エネルギー(太陽光)の利用
・工場における食品廃棄物のリサイクル

●物流面での対応
・物流網の整備、モーダルシフトの導入
**********************************************************************************
永谷園グループは、これからも商品・サービスを通して、ステークホルダーの皆様の社会課題解決に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献し、信頼され、選択され、支持される企業を目指してまいります。

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。