「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

愛知初!外食初!!サガミ発!!!“なごやめし”宇宙へ

株式会社サガミホールディングスのプレスリリース

この度、株式会社サガミホールディングス(本社:名古屋市守山区八剣2-118 代表取締役社長 伊藤 修二)は、相模女子大学(神奈川県相模原市南区)と石田缶詰株式会社(静岡県焼津市)の三者共同により研究開発した「名古屋コーチン味噌煮」が、1月18日に宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)より「宇宙日本食」としての認証を取得したことをお知らせします。

当社は、新たな価値創造への挑戦及び有事の際の食のインフラとしての責務を果たすべく(長期保存の可能な防災食としての観点)、2017年より3者共同にて宇宙日本食の開発を進めてまいりました。

この度、厳しい安全・品質基準による審査を経て、2021年1月18日宇宙日本食に認証されました。これにより、『名古屋コーチン味噌煮』はJAXAが管理する国際宇宙ステーション(ISS)食品リストに加えられ、ISSに滞在する宇宙飛行士が希望した場合に、ISSで宇宙食として活用される事となります。

開発にあたっては、相模女子大学、石田缶詰株式会社の協力のもと、食を提供する当社の“味”、“健康”への拘りを追求しつつ、宇宙での食環境や栄養の問題を検討し、宇宙飛行士のパフォーマンスを維持・向上させることを目標に取り組みを進めました。大きな特徴としては、東海地域の食材でもある、当社から飼料の一部を提供し育てた「サガミ純鶏 名古屋コーチン」や「八丁味噌」を使用していること、食感、噛み応えを残し宇宙空間でのストレス軽減を目指したことと、常温でも美味しく食べることができる点があります。

 

なお、2021年3月頃よりグループ各店舗にて販売を予定しております。
当社グループは、今後、宇宙食開発のノウハウを活かしつつ、さまざまな食機会に対応できる食品の応用、
開発に取り組むとともに、料理、おもてなしといった本来の価値を追求し、よりお客様に満足していただける企業を目指して参ります。

【株式会社サガミホールディングスについて】
グループビジョンに ”No.1 Noodle Restaurant Company” を掲げ、 「和食麺処サガミ」「味の民芸」「どんどん庵」などの和麺レストラン業態を中心に展開しております。
今後も、国内外での更なる展開に向けて取り組んでまいります。

HP https://www.sagami-holdings.co.jp/
Facebook http://www.facebook.com/sagamiholdings/
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。