2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

食を通じた異文化交流!世界中の人たちと“食”で繋がる オンラインサロン「Crazy For Food」を2/5に開設

株式会社SHISEILABOのプレスリリース

食・観光関連の情報発信および体験/販売を展開する株式会社SHISEILABO(本社:山形県天童市、代表取締役CEO:武山 和)は、2021年2月5日(金)に世界の食を愛する人が参加できるオンラインサロン「Crazy For Food」を開設します。世界中の人たちが“食文化”を共通言語とし、国境の壁を超えて交流を深めていくことができる場を目指します。

Crazy For Food

新型コロナウイルスの世界的蔓延により生活様式は大きく変化しております。世界中の国・地域において入国制限や行動制限などが設けられ、自由に各国を行き来することが困難な状況が続いております。
そのような状況下のもとSHISEILABOでは、食文化をテーマとして世界中が交流できるコンテンツをオンライン会議システム等を活用して発信してきました。

■コロナ禍で世界と交流する新しい食をテーマにした取り組み
・エンターテイメントショー「Crazy For Food」
「世界の料理を知れば、人生はもっと楽しい」をコンセプトに世界の主婦3人とMCの柴犬による「食にまつわるトークショー」。「食」を通じて、異文化交流を図り、今まで知らなかった食の世界を知ることができる番組。
番組はこちら: https://youtu.be/hjkMyJ7ZhoA

・オンライン料理教室「Cooking Ambassador」
日本のシェフと世界のシェフがオンラインで料理を教え合うコンテンツ。2020年はモンゴルで活動するYouTube channel「ARTGER(アートゲル)」と一緒に日本を代表する食文化“寿司”の料理教室を実施。
その模様はこちら: https://youtu.be/FgPKqAvmwlc

そして、このたび「世界の料理を知れば、人生はもっと楽しい」をコンセプトにしたオンラインサロン「Crazy For Food」を開設することに至りました。コロナ禍での取り組みから、“食”というテーマが言語の壁を超えて世界の人たちと交流する一つの共通言語であることを再認識し、移動・行動が制限される暮らしの中で“食”を通じた異文化交流が大きな楽しみとなるはずです。

■オンラインサロン「Crazy For Food」概要
<内容>
【1】非公開Facebookグループでの交流
食をテーマにした世界中のメンバーとの交流の場。運営メンバー(日本、アメリカなど)による定期的な情報発信。

【2】オンラインイベントへの参加
YouTube番組「Crazy For Food」の出演者によるトークショー、日本人シェフによるオンライン料理教室の実施など。

【3】食をテーマにした仕事体験
YouTube番組出演、お菓子や食品の商品開発メンバーとしての参画など、さまざまな食をテーマにした仕事体験の場を用意。※オーディションや書類審査など実施予定

【4】その他メンバーシップ特典
Zoom(PROアカウントで時間無制限)での定期的なオンライン食事会への参加、調理器具や食品の特別価格での提供、特別な食体験ツアーの提供など、メンバーシップ特典を用意。

<金額>
月額1,000円(税込)

<専用WEBサイト>
https://crazy4food.net/

「Crazy For Food」では、日本や自国だけでの交流ではなく、世界中の人たちが“食”を共通言語として異文化交流できるプログラムを配信しつつ、参加者同士が絶えず食について語り合える場を目指していきます。

【会社概要】
名称 :株式会社SHISEILABO
代表者:代表取締役CEO 武山 和
所在地:山形県天童市中里5-12-8
設立 :2015年2月9日
資本金:1,500,000円

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。