「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

【ホテル日航関西空港】泉佐野産(もん)を使用した新たなメニューを提供~酒粕と組み合わせて、コロナに負けない創作メニュー~                                 

ニッコー・ホテルズ・インターナショナルのプレスリリース

「水なす」「泉州たまねぎ」に次ぐ泉佐野市の特産である、「松波キャベツ」を広くPRするとともに、コロナ禍で落ち込んだ消費を促すことにより、地元農家のみなさんや関空への支援を図るため、今年も引き続き、泉佐野市(市長:千代松 大耕)と、ホテル日航関西空港(総支配人:近藤 高、所在地:大阪府泉佐野市関西国際空港内)がタッグを組み、「松波キャベツ」など泉佐野産の冬野菜を使ったメニューを、ホテル内のレストランにおいて2月~3月の期間限定で提供します。

 

 さらに今年は、神戸の「酒粕プロジェクト」に松波キャベツと酒粕を合わせたメニューとしてエントリー。市内唯一の酒蔵である「有限会社 北庄司酒造店」にも酒粕をご提供いただき、免疫力を高めると言われる酒粕を使った創作メニューでコロナ禍の不安やストレスを吹き飛ばし、美味しくて新鮮な泉佐野産野菜で身も心も癒していただきたいという思いから、今年も実施することとなりました。

  • メニュー提供概要

期間:令和3年2月1日(月)~3月31日(水)
場所:ホテル日航関西空港 2階 オールデイダイニング「ザ・ブラッスリー」
メニュー:
(1)松波キャベツのビネガーマリネとカリフラワー 酒粕とカマンベールチーズのソース
(2)酒粕でマリネした鶏むね肉と松波キャベツのテリーヌ ビーツと酒粕の真っ赤なソース
(3)松波キャベツを使用したパスタメニュー
(1)(2):土・日・祝日限定
(3):平日限定20食、パスタランチ(週替わりメニュー)で提供
※ホテル内の他のレストランでも、泉佐野産野菜を使用したソースなどで提供します。
※入荷状況により、他の泉佐野産野菜を代用することがあります。

※新型コロナウイルス感染拡大に伴う「緊急事態宣言」の影響や食材の入荷状況などにより、メニュー提供の期間・内容などが変更・中止となる場合があります。詳しくはホテル日航関西空港の公式サイトをご確認ください。

  • 【取組の背景】

 泉佐野市(市長:千代松 大耕)では、市内産の農作物の品質の良さを訴求すべく、年に一度冬の時季にホテル日航関西空港(総支配人:近藤 高、所在地:大阪府泉佐野市関西空港内)とタッグを組み、泉佐野産野菜の特性を生かしたメニューをホテル内のレストランで提供しています。泉佐野産(もん)というと、まず挙がるのが水なすで、続いて泉州玉ねぎが有名です。今回もメイン素材として用いる松波キャベツは、それらに続く市内第三の農産物に成長させようと考えているもので、農林水産課でもこの数年力を入れて訴求しています。この松波キャベツを中心とした泉佐野市内産の野菜を使用し 、2~3 月の2ヵ月間、ホテル日航関西空港 2 階 オールデイダイニング「ザ・ブラッスリー」において新作メニューを提供いたします。

 また今回は、冬の風物詩でもある酒粕を用い、地元産の松波キャベツの特性に合わせた「松波キャベツのビネガーマリネとカリフラワー 酒粕とカマンベールチーズのソース」と「酒粕でマリネした鶏胸肉と松波キャベツのテリーヌ ビーツと酒粕の真っ赤なソース」の 2 品をオールデイダイニング「ザ・ブラッスリー」土・日・祝日限定食べ放題で提供。ともに冬キャベツと冬場の酒粕という、冬らしい組み合わせが強く表現された逸品です。
 さらに今年は、酒粕ブームを巻き起こしたと言われる神戸の酒粕プロジェクトにも松波キャベツと酒粕を合わせたメニューをエントリー。 メニュー2品のうち1品には、市内唯一の酒蔵である「有限会社 北庄司酒造店」からご提供いただく酒粕を使用し、泉佐野産野菜を使った酒粕料理をアピールします 。

  • 【ホテル日航関西空港の「食」への取り組み】

 ホテル日航関西空港は、国内外から訪れる多くのお客様に「作業工程がはっきりしていて、安全・安心が担保されているものを提供したい」という想いから、 2015 年度には割りばしや爪楊枝、漆器などの備品をすべて日本製に変更しています。また 2016年度には、直営レストランで提供する野菜を100%国産化(主原料国産野菜 100 %)するなど、「食材本来の美味しさを感じていただく」という想いの実現を目指して、さまざまな「食」への取り組みを行っています。
 ホテルが位置する泉州地域は、全国的に有名な「水なす」「玉ねぎ」以外にも多くの魅力ある食材を有する豊かな場所であり、 国内外から訪れる多くのお客様に、まずは泉州の土で育った食材を存分に味わっていただき、また、食材を通して泉州を、関西を、日本を体感いただきたいという想いから、地元農家の方々と連携を強化し、季節ごとの大地の恵みをご提供する「地産地消」へも取り組んでいます。

≪新型コロナウイルス感染症への取り組みについて≫
 ホテル日航関西空港では、新型コロナウイルスによる感染症への対策として、お客様の安全と健康を第一に考え安心してご利用いただけるよう対策を行っております。
◆感染症対策取り組みについて: https:// www.nikkokix.com/news/32487

  • 【きたなかマルシェについて】

 北中地区で農業をする若手農業家7人が集まり、令和元年度からマルシェを月1回試行しています。近隣住民と交流して「北中の農業を知って貰うこと」などを目的として、地域に定着した取り組みをめざしています。
 毎月第2金曜日、朝9時~11時にJA大阪泉州 泉佐野北支店(泉佐野市下瓦屋5-1-38)の駐車場で月1回開催する「きたなかマルシェ」を通じて、試行錯誤しながらも、新規・リピーターも増えてきており、またJA大阪泉州や京都大学の学生による協力など、いろいろな交流が生まれてきています。

  • 【北庄司酒造店について】

 市内唯一の酒蔵、「有限会社 北庄司酒造店」では、全行程手間隙を惜しまず、大吟醸・吟醸・純米酒など高品質なお酒を手造りしています。
 酒蔵は昭和初期の木造建物で、1階を酒造設備と売店、2階は酒蔵を利用した、コンサートもできるホール「蔵しっくホール」となっています。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。