「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

高級レストランなどに卸す野菜を全国宅配『青果日和研究所』が、「AWkitchen」や「やさい家めい」などを手掛け、現在は自ら「FARM AKIRA」の厨房に立つカリスマシェフ、渡邉明氏とコラボ!

株式会社青果日和研究所のプレスリリース

コロナ禍でドライブスルー八百屋を立ち上げた株式会社フードサプライと外食納入を中心とした青果納入最大手のデリカフーズホールディングス株式会社が手掛ける株式会社青果日和研究所(本社:東京都足立区 代表取締役:竹川 敦史)は、青果日和ブランドとして展開する、厳選したこだわり野菜約15品目を詰め合わせた「青果BOX」の中に各回お届けするリーフレットの中に、“畑の伝道師”の愛称で様々な飲食業態を手掛ける渡邉明氏(ACカンパニー代表取締役)が自ら考案する、家庭でも一流シェフの味が再現出来ると好評のオリジナルレシピが紹介される。
青果日和:公式サイト https://seikabiyori.jp/
青果BOX:商品購入ページ https://seikabiyori.jp/lp?u=ir_0202

【コラボ企画の経緯】
・以前より親交の深かった、渡邉明氏と青果日和。
・新型コロナウイルスの影響で、飲食店は時短営業を余儀なくされ売上が大幅に下がる。
・飲食店に食材を納入する卸業者は伴って出荷量・売上が激減。
・両者ともに「青果」・「料理」を通じて、美味しく頂いて貰いたい、という想いが強くコラボ企画が実現。
・自宅で楽しめる食材・レシピを展開して、少しでも外出を控えて頂き、感染者減に貢献出来ればという想いも。

 

【How To 青果日和】
ドライブスルー八百屋でその名を全国に広めた「フードサプライ」と外食向け青果納入企業としては全国トップシェアを誇るデリカフーズホールディングスで2020年9月設立。
ともにtoB向けに卸売事業を展開してきた両者にとってコロナ禍による飲食店への納入量は激減。生産者とともに新たな販路を必要とすべく、こだわりの青果物を全国の消費者へ届けたいという想いから、青果BOXの宅配サービスを2020年12月より開始。

1.    日本最大級の専門商社
産地開拓から仕入・加工・物流までワンストップで行い、生産者と共に青果の価値を追求。

2.    厳選された青果物とオリジナル商品の数々
青果の宅配のみならず、「青果日和」でしか手に入らない特別な商品を開発・お届け。

3.    フードロス・規格外の活用
規格外など本来捨てられてしまう青果を積極的に加工品に活用、お得かつ生産者・地球にも優しいサービス。

 

【青果BOXの特徴】
・1カ月に1~4回(選択可)の定期宅配サービス
・厳選された青果物15品目以上を毎回お届け
・一番美味しい状態でお届けする為、チルド配送
・全国各地から様々な「本物の野菜」を取り寄せる事が出来る・生産者さん情報や、旬の野菜果物を美味しく食べるレシピが付属されている
※ 青果BOX 3,980円(税別)/回 (送料無料)

【会社概要】
社名:   株式会社青果日和研究所
代表:   代表取締役社長 竹川 敦史 (たけかわ あつし)
設立:   2020年9月23日
資本金:  500万円
本社所在地:東京都足立区六町4-12-12
事業内容: ・青果物及びその他食材の通信販売事業
・インターネット等を利用した通信版売システムの企画・構築及び運営
・各種食品の製造、加工、保存、輸送
・上記に関する各種コンサルティング 他
URL:https://seikabiyori.jp/

株式会社フードサプライの代表も兼ねる竹川敦史は、同社理念に“YASAI LIFE LINE”というキーワードを用い、自社を「野菜の流通」、「八百屋」ではなく「野菜のライフラインをつくる企業」と定義。東京・千葉に物流センターをかまえ、「流通業を行う企業」ではなく「新しい流通をつくる企業」として「ドライブスルー八百屋」をはじめとした新しいモデルを構築し続けている。12月には、初のD2C・青果日和ブランドを立ち上げ、全国の消費者へ美味しいこだわり青果を届けている。
 

【コラボ企業】
[会 社 名] 株式会社ACカンパニー
[代表取締役] 渡邉 明
[本社所在地] 〒153-0051東京都目黒区上目黒1-8-10

~渡邉 明 氏 プロフィール~
1965(昭和40)年生まれ 埼玉県出身。学生時代から様々な飲食店のアルバイトを経験。多種多様なレストランの門を叩き、修行を重ね、食の現場に従事することとなる。その間、自らのステップアップのためにイタリアで長期滞在し様々な食のあり方を経験する。帰国後は、代官山の伝説のレストラン「TABLEAUX」の初代料理長などを歴任、実績を重ねる。

2003年に満を持してイートウォークを設立。2004年には原点ともいえる、「PASTA HOUSE AWkitchen」をOPEN。パスタにおいてナンバーワンと言わしめた渡邉明がつくる手打ちのパスタはもちろん、創業時からのメニュー「農園バーニャカウダ」が評判を呼び、「バーニャカウダと言えばAWkitchen」と言われるまでに。そして今の バーニャカウダブームの火付け役として渡邉が注目されることとなる。

また野菜をこよなく愛す渡邉は、創業時より全国各地の畑を巡り、これはと思う素材を探しつづけている。そしてその野菜を使い、世に広めることで生産者を応援しており、いつからか「畑の伝道師」と呼ばれるように。経営者として創業20年を迎えた今現在も、料理人としての熱意や独創性は失われるどころか年々進化を続け、 店を訪れた世界中のVIP、食通を魅了しつづけている。

1999年8月        「料理の鉄人」(フジテレビ)に出演
2008年9月        「ソロモン流」(テレビ東京)に出演
2010年7月        初のレシピ本「畑からのごちそう AWkitchenのシークレットレシピ」(主婦と生活社)を出版
2012年7月        第二弾となるレシピ本「AWkitchenのパスタレシピ50」(主婦と生活社)を出版
2014年7月        「ぐるナイ/ゴチになります!」(日本テレビ)に出演
2015年3月        「マイヤー電子レンジ圧力鍋2で作るVEGE DELIレシピ」(タツミムック)を出版
2015年8月        「食彩の王国」(テレビ朝日)に出演
2016年4月        「賢者の選択Leaders」(日経CNBC他)に出演
2017年4月        「食彩の王国」(テレビ朝日)に出演

【表彰等】
2014年3月        野菜ソムリエ協会認定「ベジタブルフラワーアーティスト・プロフェッサー」
2015年11月      シャンパーニュ騎士団「オフィシエ」
2016年3月        高知県観光特使
2016年4月        野菜ソムリエ協会公認「野菜ソムリエアンバサダー」

 

~本件に関する報道関係者様からのお問合せ先~

株式会社青果日和研究所
(広報部マネージャー)
向井 昇 (ムカイ ノボル)
080-7422-1635
mukai@foodsupply.co.jp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。