「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

南三陸町の新たな産業を目指し2017年に植樹、南三陸産ぶどう使用のワイン初商品化

南三陸ワイナリー株式会社のプレスリリース

南三陸ワイナリー株式会社(宮城県南三陸町、代表取締役:佐々木道彦、以下「南三陸ワイナリー」)は2021年2月10日、南三陸産ぶどうを使用して初めて商品化したワイン「MINAMISANRIKU CHARDONNAY 2020」を発売いたします。

1000人以上のボランティアの協力のもと育てられた南三陸産のワイン用ぶどう
南三陸町の新たな産業として、南三陸産ぶどうを使用し、南三陸で醸造したワインを目指して、2017年4月に南三陸町地域おこし協力隊による任意団体として南三陸ワインプロジェクトがスタートし、南三陸町入谷地区にワイン用ぶどうが700本植樹されました。植樹をはじめ、畑施設の設置や草刈りなど、これまで1000人以上のボランティアの方々による協力によって育てられたぶどう「シャルドネ」を使用したワインを初めて商品化いたします。

ワインと食材、人と地域マリアージュ叶え、広げたい
このたび発売する「MINAMISANRIKU CHARDONNAY 2020」は2020年10月に収穫した南三陸産シャルドネを使用し、同年同月に南三陸町志津川地区に誕生したワイナリー施設にて初めて醸造されました。2021年2月10日より南三陸ワイナリーの直営ショップおよび公式オンラインストア限定で販売を開始いたします。南三陸ワイナリーは、南三陸町全体を巻き込みながら、新たな味わいと賑わいを生み出す拠点となることを目指しており、この施設で醸造したワインと地元食材のマリアージュを楽しんでいただく機会を提供するとともに、南三陸町の人や地域がつながりあい、お互いの魅力を高めあえる広い意味でのマリアージュを叶え、広げていく存在を目指しています。

「MINAMISANRIKU CHARDONNAY 2020」について
減農薬で栽培し、粒選り後、旨味の高まる夜明け前に収穫した南三陸産シャルドネを、高低差を利用した液移動によりやさしく醸造した香り豊かで旨味の高い白ワインです。青りんごやグレープフルーツの爽やかさと白い花や甘い蜜の豊かな香り、バランスの良い味わいお楽しみいただけます。
商品名:MINAMISANRIKU CHARDONNAY 2020(南三陸シャルドネ 2020)
発売本数:250本(南三陸ワイナリー直営ショップおよび公式オンラインストア限定)
容量:750ml
アルコール分:10.5%
価格:4,950円(税込)
発売日:2021年2月10日(水)

地域の資源を活用し進めている「海中熟成ワイン」の購入受付も開始

南三陸ワイナリーは、日本有数の養殖の漁場としても知られる志津川湾でワインの海中熟成も進めております。南三陸町戸倉地区の牡蠣漁師とともに、養殖ネットに固定したワインを志津川湾の水深10メートル付近に沈めており、2020年に引き上げた海中熟成ワインは、南三陸ワイナリーが実施したクラウドファンディングなどですべて完売し、熟成が3倍近く早く進むと言われている海中熟成ワインのお問い合わせを数多く受けておりました。
このたび、2020年秋に南三陸ワイナリーにて醸造し、2020年1月に志津川湾に沈めた海中熟成ワインの購入受付を、全国のワインファンとワイナリーをつなぐクラウドファンディング・プロジェクトのWEBサイトにて開始いたしました。

購入受付期間:2021年2月5日~2021年6月30日(限定90セット)
お届け時期:2021年6月から順次発送予定
海中熟成ワインの購入受付WEBサイト:
https://shopro-crowdfunding.en-jine.com/projects/minamisanrikuwinery

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。