「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

“おやつのポテト”が『名探偵コナン』オリジナルパッケージで登場!

株式会社おやつカンパニーのプレスリリース

株式会社おやつカンパニー(所在地:三重県津市 代表取締役社長:手島文雄)は、国民的人気キャラクター『名探偵コナン』の オリジナルパッケージにて、新感覚ポテトスナック菓子『ポテスマ』と『ポテト丸』など“おやつのポテト”商品を2021年2月より順次発売します。人気キャラクターが描かれたパッケージのコラボだけでなく、『名探偵コナン』オリジナルQUOカード(1,000円分)が総計2,000名様に当たるキャンペーンも実施する、『名探偵コナン』が満載の商品になりました。
『名探偵コナン』オリジナルQUOカードプレゼントキャンペーン(https://www.oyatsu.co.jp/campaign/conan_2021/)
おやつのポテト特設ページ(https://www.oyatsu.co.jp/campaign/)

■『名探偵コナン』オリジナルパッケージの“おやつのポテト”
『名探偵コナン』の人気キャラクターが、手がベタつきにくくスマートに食べられる「ポテスマ」と、コロコロッとした丸いカタチがカワイイ「ポテト丸」の“おやつのポテト”商品パッケージに登場します。お子様から女性まで幅広い年代に人気のある『名探偵コナン』とのコラボ実現により、新規顧客層獲得を目指します。

ポテトをスマートに楽しむ『ポテスマ』10%増量キャンペーン実施中!
スナック菓子が抱える“手がべたつく”という不満点に着目して誕生した新感覚ポテトスナック菓子『ポテスマ』は、ベビースターで培った味付け製法を応用することで、しっかりとした味わいながら、つまんで食べても、油や粉で“手がベタつきにくい”手触りを実現。スマホをしながらでも手のベタつきを気にすることなく、ポテトの旨味や風味をしっかりと楽しめる、スマホユーザー待望の“ながら食べ”に最適な新感覚ポテトスナック菓子です。
2021年2月より期間限定で10%増量キャンペーン実施中!
おやつのポテト特設ページ(https://www.oyatsu.co.jp/product/potato_docchi/

<商品概要>
商品名:ポテスマ(うすしお味/コンソメ味)※2021年2月より期間限定で10%増量中
価   格:オープン価格(各130円税別)
内容量:各61g/2月~10%増量時 各68g
販売先:全国のスーパーマーケットなど ※取扱い状況は企業および店舗により異なります。

●ポテトの美味しさをギュッと一粒に『ポテト丸』
麺の生地にポテトを使った、ポテトの甘みと旨みたっぷりのベビースターを細かくカットし、ポテトのおいしさを引き立てる具材と一緒にビッツ状に固めることで、外はカリッと、噛むたびにサクサクッとした食感を楽しめる、新感覚ポテトスナック菓子『ポテト丸』。さらに姉妹品として登場した『コーン丸』は、とうもろこしを使用した麺をビッツ状に固め、香ばしい醤油風味のタレで仕上げ、とうもろこしの自然な甘みと風味も楽しめます。ポテトやコーンの素材が活きた麺と、素材の風味を引き立てる具材を、ギュッと1粒に固めたビッツ形状が生む、軽快な食感と素材のおいしさを、ひとくちで手軽にお楽しめる、素材系スナック菓子『ポテト丸』と『コーン丸』を是非お楽しみください。(※2021年3月より順次展開)
おやつのポテト特設ページ(https://www.oyatsu.co.jp/product/potato_docchi/

 

<商品概要>
【買い置きに便利な6袋パック入り】
商品名:ポテト丸(うすしお味)6袋入/コーン丸(焼きとうもろこし味)6袋入
価   格:オープン価格(各260円税別)
内容量:ポテト丸 108g(18g×6袋)/ コーン丸 96g(16g×6袋)
販売先:全国のスーパーマーケットなど ※取扱い状況は企業および店舗により異なります。

【持ち歩きに便利なカップ入り】
商品名:ポテト丸(うすしお味)/コーン丸(焼きとうもろこし味) 
価   格:オープン価格(各130円税別)
内容量:各55g
販売先:全国のスーパーマーケットなど ※取扱い状況は企業および店舗により異なります。

■『名探偵コナン』オリジナルQUOカードが総計2,000名様に当たる‼
『名探偵コナン』オリジナルパッケージの”おやつのポテト”商品を対象に『名探偵コナン』オリジナルQUOカード(1,000円分)が総計2,000名様に当たるプレゼントキャンペーンを実施。QUOカードには、『名探偵コナン』で活躍するキャラクターのイラストが描かれています。詳しくは、キャンペーンページをご覧ください。
https://www.oyatsu.co.jp/campaign/conan_2021/

©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。