「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

デリバリー専門のクラウドキッチン事業を開始 『CITY KITCHEN』 一号店を六本木に開設 ~不動産のプロが提供するフードデリバリー施設~

東急リバブル株式会社のプレスリリース

東急リバブル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:太田 陽一)は、フードデリバリー専門のクラウドキッチン事業の第一号店として、「CITY KITCHEN(シティ キッチン)」六本木店を開設し、飲食事業者様の出店募集を開始しました。

CITY KITCHEN ロゴ

店舗イメージ

フードデリバリーは、家族構成の変化や共働き世帯の増加に加え、テレワークの普及など働き方も多様化する中で需要が伸びており、今後の市場成長が期待されます。コロナ禍によるデリバリーニーズの増加も背景に、飲食スペースを持たず、デリバリーに特化して料理を提供するクラウドキッチンは、ホール業務のスタッフが不要で、シェフ一人から運用ができるため飲食事業の新たなビジネスモデルとして注目を集めています。

本事業は、既存ビルの一部フロアを当社が一括で借り上げ、クラウドキッチンとして複数区画を貸し出すサブリース事業となります。実店舗ではないため、大通りから奥まった立地や駅から離れた場所、築年数の古い物件等でも開設が可能なため、空室の有効活用策として提案するなど、不動産コンサルティングにも生かしてまいります。「CITY KITCHEN」の開設は、昨今のテナント退去による空室増の問題解決にも有益であり、今後も都心部を中心に積極的に店舗を展開していきます。

当社は、売買仲介事業を主軸にした多様な事業領域を生かし、単に売り手と買い手をつなぐだけではない多彩な価値を提供できる存在として「不動産情報のマルチバリュークリエーター」を目指しています。この度、クラウドキッチン事業を当社のメニューに加えることで、既にサブリース事業として展開しているレンタル収納事業と併せて、当社の価値提供をより多彩なものとしていきます。

■「CITY KITCHEN 」の特徴 詳しくはこちら( https://www.livable.co.jp/citykitchen/ )
その1:開業資金を抑え、低リスクで開業
飲食店の開業には、店舗の賃貸借契約金や内外装工事費、厨房設備費などの初期費用が必要ですが、「CITY KITCHEN」では調理設備や冷凍冷蔵庫などの厨房設備が設置されているため、低コスト、低リスクで開業できます。

その2:固定の月額賃料のみ
開業後は固定の月額賃料のみで、売上連動費用は不要につき飲食事業者様の利益最大化が図れます。※水道、光熱費は別途負担いただきます。

その3:安心のサービス
備え付けの厨房設備は定期メンテナンスサービスがあり、突然の故障や不具合には24時間総合窓口が設置されています。

■CITY KITCHEN 六本木店 概要
・所在    :東京都港区六本木3丁目
・交通    :東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅徒歩5分、
        東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅徒歩5分、
        東京メトロ南北線・都営大江戸線「麻布十番」駅徒歩10分
・募集店舗数 :5店舗
・賃料    :月額244,000円~259,000円(別途消費税)
・敷金    :月額賃料1か月分
・礼金    :850,000円(別途消費税)
・出店開始時期:2021年3月下旬(予定)

<出店募集に関する問合せ先>
店舗流通ネット株式会社
店舗不動産ファンド事業部 リーシング課
担当:末川
TEL :03-5777-4168

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。