「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

「湯布院温泉郷」の一角「庄内温泉」に位置するこんにゃく製造メーカー「佐藤商店」は、この春「こんにゃく冷麺細麺」を発売します。水洗いでそのまま召し上がれます。

有限会社佐藤商店のプレスリリース

 「湯布院温泉郷」の一角「庄内温泉」に位置するこんにゃく製造メーカー有限会社佐藤商店(本社:大分県由布市庄内町、代表取締役:佐藤達矢)は、2021年3月1日より”こんにゃく冷麺細麺1人前
”を発売いたします。低カロリーなこんにゃくを麺にし、本格的な韓国冷麺スープを用いることで、クセが無くあっさりとした味わいの冷やし麺に仕上げております。

 

こんにゃく冷麵細麺1人前こんにゃく冷麵細麺1人前

 

  • お客様の声により開発​

 

 火を使わずに食べれる麺がほしい」、「夏にあっさりとしたものがほしい」、「佐藤商店の糸こんにゃく(しらたき)は麺にしたら美味しかった」などのお声をいただき商品開発を開始。こんにゃくはアルカリ性食品のため臭みが強く、なかなか相性の良いスープが見つかりませんでした。試行錯誤すること2年、ある日「韓国風冷麺の麺と佐藤商店の糸こんにゃく(しらたき)の食感がよく似てるよ」とのお話をいただき試したところ、こんにゃくの臭みが消えあっさりとした味わいで美味しいことに気づきました。その後、麺の硬さを調整し試行錯誤を重ね、一昨年に「こんにゃく冷麺」を完成し発売に至りました。ご好評をいただきその後「のど越しの良い細麺タイプが欲しい」とのお声をいただき第2弾としてこの度「こんにゃく冷麺細麺」を発売する運びとなりました。

 

こんにゃく冷麵1人前こんにゃく冷麵1人前

 

  • ​夏に向けたダイエット食品

 冷麺と聞いて思い出すのは”夏”と思われまますがこんにゃく冷麺は、ゴールデンウイークから初夏にかけてよくれる食品です。低カロリーが売りのこの商品、1食当たり76kcal、キムチを添えていただいても100kcal前後でお召し上がり頂けます。またこんにゃく麺はたっぷり180g入っていますのでご満足いただける量と思います。添付のスープは韓国冷麺スープを使用し辛みの素も添付しておりますので、お好みの辛さに調整できます。夏に向けたダイエット食品としてご購入されている方が多いのがこの「こんにゃく冷麺」です。

こんにゃく冷麵細麺1人前 調理例こんにゃく冷麵細麺1人前 調理例

  • 猛暑にちょうど良い簡単調理

 麺類の調理はゆでる!これが猛暑の夏には大敵です。こんにゃく冷麺は開封後水洗いで食べれます。開封しざるに開けそのまま水で洗い流してください。添付のスープは200ccの水で薄め器に入れて下さい。水気を切ったこんにゃく麺を器に入れれば完成。キムチやチャーシュー、ゆでたまごなどをトッピングしていただくのもおすすめです。熱い夏、火を使わず簡単調理のこんにゃく冷麺です。

  • こんにゃくへの思い

 こんにゃくは古くから東アジアを中心に食用とされてきました。現在では欧米で健康的なパスタとしてしらたき(糸こんにゃく)が流行しています。佐藤商店は昔ながらのこんにゃく製品と新たなこんにゃく製品を開発し健康的な食文化のご提供ができるよう日々努めております。1つの製品にどれだけこだわれるか?簡単なようで難しい取り組みですが「買ってよかった、使てよかった」と思われるこんにゃくをお届けできればと考えております。これからも古き良き物の継承、新たな食文化への挑戦を続けて参ります。

  • 佐藤商店

 湯布院温泉郷(ゆふいんおんせんきょう)は、大分県由布市にある国民保健温泉地のことです。その一角「庄内温泉」地域に位置する佐藤商店は、戦後まもなくこの地で製造を始め60年余りになります。九州久住山系の湧水を源水とした水を使用し、国産原料にこだわり製造しています。また地元農家の方々に生産していただいているこんにゃく芋を使用した、大分県産の生芋こんにゃくなども製造しております。出荷先は九州を中心に関東・関西圏にも出荷しております。昔ながらの製法を用い美味しさを追及した「佐藤商店のこんにゃく」は、炊き上げアク抜きを行った後に出荷しておりますので、8日間と賞味期限は短いですが柔らかな食感と味しみの良さでご好評をいただいております。これからもお客様に喜ばれるこんにゃくを製造して参ります。

  • 企業情報

 有限会社佐藤商店
 〒879-5413 大分県由布市庄内町大龍2633-3
 TEL 097-582-0134  FAX 097-582-0492
 https://sato-shoten-yufu2.jimdo.com/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。