「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

\UHA味覚糖×奈良県立医科大学 共同研究/ 《日本初*》柿渋含有飴において 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活化を実証

UHA味覚糖株式会社のプレスリリース

 UHA味覚糖株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役:山田泰正)は、公立大学法人奈良県立医科大学(免疫学講座:伊藤利洋教授)及び一般社団法人MBTコンソーシアム(細井裕司理事長)の協力のもと、柿渋を含有した飴において新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活化を実証致しました。
(*:2021年2月 当社調べ)

【研究背景】
現在、私達が直面している新型コロナウイルス感染症は、病気としての問題だけでなく、誰も経験したことのない感染症であるがゆえに、不安を増大させ、先が見えないストレスを抱えた日々を送っております。「Withコロナ」と言われるこれからの生活に向け、新型コロナウイルス感染症とどう向き合うかが重要な課題であると言えます。そこで、UHA味覚糖は奈良県立医科大学の「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)」の研究に着目し、2020年より共同研究を開始しました。そしてこの度、柿渋を含有した飴において新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活化を実証し、発表に至りました。

【柿渋含有飴と新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に関する研究概要】
奈良県立医科大学との共同研究により、柿渋含有飴において新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活化を確認しました。

■  試験実施機関:奈良県立医科大学
■  検証ウイルス:新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)
■  試験方法:柿渋含有飴を5分舐めた時点での唾液に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)溶液を9:1の割合で混合し、室温20〜25℃で5分静置しました。反応を停止させ、ウイルス感染価(PFU/mL)をプラーク法にて測定しました。なお全試験は、本学内のバイオセーフティレベル3 (BSL3) の実験施設において、適切な病原体封じ込め措置のもとに⾏いました。
■柿渋を含有した飴:   

■試験方法イメージ:

■試験結果:柿渋含有飴を5分舐めた時点の唾液により、ウイルス感染価は1.0 x 105 PFU/ml(柿渋不含飴)から2.0 x 102 PFU/ml(減少率99.800%)へと感染価が減少しました(※結果グラフ)。

※結果グラフ

■考察:本試験で使⽤した柿渋含有飴を舐めた唾液が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を不活化することが判明しました。なお、浮遊するウイルス、人体での効果・影響を検証したものではないため、予防効果および既に感染した体内のウイルス減少や治療に関して実証したものではありません。

■ご参考情報
1. 奈良県立医科大学(理事長・学長 細井裕司):昭和20年4月創立、奈良県橿原市・「MBT柿渋の新型コロナウイルスに対する研究成果について」
https://www.naramed-u.ac.jp/university/kenkyu-sangakukan/oshirase/mbtsars-cov-2-persimmon.html

2. MBTコンソーシアム(理事長 細井裕司):医学的知識をすべての産業に投入してイノベーションを起こすMBT(Medicine-Based Town、医学を基礎とするまちづくり)の理念を達成するために設立された一般社団法人で、現在ほぼすべての業種から180社以上が参加している。

3. ウイルスの不活化:ウイルスの感染性を失わせること

*現在発売中の「透き通った柿渋のど飴」は同原料を用いた商品ですが、本試験結果とは関係ございません。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。