「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

利休のふる里堺・無印良品イオンモール堺北花田に 老舗茶舗「つぼ市製茶本舗」のカフェブースが2月27日オープン

株式会社つぼ市製茶本舗のプレスリリース

~北花田店舗限定商品もラインナップし、堺茶文化が花開く~

茶寮つぼ市製茶本舗(運営:株式会社つぼ市製茶本舗、代表取締役:谷本 順一、所在地:大阪府高石市)は、無印良品イオンモール堺北花田に、老舗茶舗のこだわりが詰まった本格お茶カフェメニューを手軽に楽しめる「茶寮つぼ市製茶本舗 NODATE」をオープン致します。

抹茶ラテフロート

■「敷居が高いお茶」から、「人と人をつなぐ『みんな』のお茶へ」
つぼ市製茶本舗は利休のふる里堺に嘉永3年(1850年)に創業以来、170年に亘り堺に唯一江戸時代から続く製茶問屋としてお茶を製造・販売しております。
そして、全国の茶の産地に茶鑑定士自らが出向き選び抜いた茶葉を経験豊かな火入れ職人が火入れして仕上げたこだわりのお茶の味を長年に亘り提供して参りました。
その長い歴史の中で、「お茶=敷居が高い」というイメージではなく「『人と人』を繋ぐツールとして親しまれてきたお茶」として、千利休のふるさとである堺・町衆の喫茶文化発祥の地よりをもっと多くの人にこの想いを広めたいという想いを抱き続けて参りました。

■お茶室を飛び出して屋外で行うお茶会「野点(のだて)」をコンセプトにした
カジュアルだけど「本格茶」を楽しめるカフェメニュー
通常お茶室の中で行われるお茶会は流派ごとの厳格なルールがあり、そのルールの中でお客様をお茶やお茶菓子、その他のしつらえでおもてなしします。「野点(のだて)」はそんな通常のお茶会とは違い、屋外で行われるお茶会であり、よりカジュアルな「和風ピクニック」のような雰囲気で行われることもあります。
今回オープンする新業態カフェ「茶寮つぼ市製茶本舗 NODATE」ではそんな「野点茶会」をコンセプトにし、お茶室で楽しむような本格的なお茶の味でありながら、肩の力を抜いて楽しめる空間&商品をご提供します。
例えば「抹茶ラテフロート」は、ご注文を受けてから茶筅で1杯ずつ丁寧にお点てした抹茶ラテに、厳選した玉露をふんだんに使ったあっさりとしたソフトクリームを載せたデザートドリンク。
ショッピングの途中で気軽に楽しんでいただけるカフェ空間でありながら、そこに使用するお茶は仕入れから仕上げまで一切妥協をしない本格茶のみを使用しています。

■「お茶を味わうお茶漬け」「利休抹茶団子」など、北花田限定メニューも充実
江戸時代に誕生したとされる「お茶漬け」は、庶民が白いご飯にお茶の風味を加えて手軽に楽しめる「和製ファーストフード」として親しまれてきた料理です。近年ではごはんに「出汁」をかけた料理が「お茶漬け」と称して提供されることも多く、さらに急須でお茶を淹れることも少なくなってきていることから、純粋に「お茶の味」を楽しめるお茶漬けを見かける機会は少なくなりました。
そのため、茶寮つぼ市製茶本舗 NODATEでは、お茶の専門店としての知識と技を活かし、具材の味に負けないお茶本来の旨味や風味を味わっていただける「お茶漬け専用茶」を開発いたしました。
また、「利休抹茶団子」は厳選した米粉を職人が手作りで仕上げたもちもちとした団子に香ばしいきなこと、注文を受けてからたっぷりと乗せる濃厚な抹茶餡を絡めて食べるこだわりの逸品です。

■無印良品の開放的な店内で安らぎの時間を
無印良品では衣食住の中心である「食」において、名前や価格の陰に隠れてしまった生産者の想いやこだわりなど、『生産~お客様が実際お店で商品を手にするまで』の過程の情報をご提供することを通し、「おいしさ」の理由をお客様に知っていただくことに注力されています。
そんなこだわりが詰まった商品に囲まれた開放的な店内で、「いつ食べてもおいしい」メニューを、ご家族やご友人とお楽しみいただけます。

■店舗概要
店舗名 :無印良品 イオンモール堺北花田
所在地 :〒591-8008
     大阪府堺市北区東浅香山町4-1-12 イオンモール堺北花田1F
営業時間:10:00~20:30(L.O)(緊急事態宣言中は19時L.O 20時閉店)
リニューアルオープン予定日: 2021年2月27日(土)

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。