2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

通常サイズの約3倍!!皆さまに愛され43年。 とんでんのロングセラー商品『ジャンボ茶わんむし』が土日限定390円(サンキュー価格)で食べられる!

とんでん株式会社のプレスリリース

 とんでん株式会社(本店所在地:北海道恵庭市、代表取締役社長:長尾治人)は、「北海道生まれ 和食処とんでん」北海道・関東全店舗にて、2021年3月の土日限定で、ロングセラー商品『ジャンボ茶わんむし』をサンキュー価格の390円(税別)にてご用意いたします。

レストラン第1号店からのロングセラー商品!
 レストランの第1号店がオープンした1978年(昭和53年)に看板商品として開発した自家製の『ジャンボ茶わんむし』は、今年で43年の歴史を誇る、とんでんのロングセラー商品。今もなお、看板商品として皆さまに愛されている『ジャンボ茶わんむし』を、日頃の感謝の気持ちを込めてサンキュー価格でご用意いたします。

とんでん自家製『ジャンボ茶わんむし』3つのこだわり
 通常サイズの『茶わんむし』の約3倍に及ぶ、たっぷり440グラムある『ジャンボ茶わんむし』は、大きさだけでなく味わいにも3つのこだわりがあります。

こだわり1:北海道の茶わんむしの味を再現
 北海道の茶わんむしは、銀杏の代わりに「栗の甘露煮」を入れて食べる習慣があるため、とんでんのジャンボ茶わんむしには、銀杏と「栗の甘露煮」の両方を入れています。また、茶わんむしの中に北海道十勝産コーンを入れているのも、北海道生まれのとんでんならでは。

●こだわり2:ベースとなる卵とお水は北海道産
 北海道恵庭市の美味しいお水で煮出したかつお出汁と、北海道産の新鮮な卵をベースにし、恵庭の自社工場にて、独自の製法で製造しています。

●こだわり3:1つ1つ丁寧に店舗で蒸しあげるスープ仕立ての茶わんむし
 とんでんの茶わんむしといえば、何といっても絹のようになめらかな食感が特徴的です。店舗でじっくりと時間をかけて蒸しあげ、やさしいスープ仕立ての茶わんむしをご用意しています。

≪サンキュー価格について≫
対象日:2021年3月・毎週土日
 3/6、3/7、3/13、3/14、3/20、3/21、3/27、3/28
店 舗:北海道・関東 全店舗
・『ジャンボ茶わんむし』通常480円(税別)のところ、上記対象日は390円(税別)でご用意。
※対象日以外は、全店舗にて通常価格。

【北海道生まれ 和食処とんでんについて】
鮨・そば・天ぷら・茶わんむし・旨いわしを主力とし、鮮度と手作りにこだわり、旬の食材を使用した最高のお料理をお届けしています。北海道と関東に店舗を展開し、特に三世代のご家族に喜ばれています。
【店舗所在地】
北海道・埼玉・千葉・東京・神奈川・群馬 全98店舗

HP:https://www.tonden.co.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/tonden_jp/ jp/(アカウント名 tonden_jp)
Twitter:https://twitter.com/tonden_jp (アカウント名 tonden_jp)

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。