2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

スタートアップの下克上! 地球の未来をつくる「ネクストミーツアクセラレータープログラム」が世界同時開催【Next Meats】

ネクストミーツ株式会社のプレスリリース

地球の持続可能性のため、代替肉スタートアップによる前代未聞のアクセラレータープログラムを世界で開催します。

気候変動問題に立ち向かうべく代替肉製品の開発を行うネクストミーツ株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:佐々木英之)は、地球の持続可能性のため、様々な企業や研究者とのオープンイノベーションを進めていくため、アクセラレータープログラムを世界同時開催します。
気候変動は待ったなしの状況であり、1日でも早く代替肉を普及させる必要があると考えています。
そこで、業界を問わず「地球の未来を一緒に考えていく」企業や個人と共に、世界規模でのオープンイノベーションを起こしていきたいと考えています。

代替肉を一般的な食卓に広めていくには、我々一社の力では足りません。
「イノベーション、共創、世界」をキーワードに爆速で価値を作り、地球環境の改善を目指す企業や個人の力を合わせることで、大きな力を発揮できると考えます。
これからの時代は競争するのではなく、共創をしていく時代となっていきます。
ベンチャー企業主体という異例のアクセラレータープログラムは、世界を変えていくための挑戦となります。

 

  • 概要

募集対象:地球の未来を真剣に考える企業(大企業、ベンチャー企業)、個人(研究者、技術者など)

領域:フードテック、バイオテック、アグリテック、ハードウェア、AI、IoT、ビッグデータ、飲食、流通など

※上記以外でも、代替肉を作って広めていく上でのイノベーションになればどんな企業、個人、研究者の方でもご参加いただけます。

応募期間:3月1日〜3月31日 
応募ページ:https://nextmeats.co.jp/accelarator
※コロナ禍での開催のため、全てをオンライン形式で進めます。 
 

  • ネクストミーツとは

「地球を終わらせない」を理念として掲げ、地球環境改善のために代替⾁の分野で事業活動を⾏う⽇本のスタートアップ。
2017年から研究を始め、プロダクト完成の2020年6月に法人化、2021年1月に米国市場にSPACスキームでOTCBBに上場。
世界初の焼⾁⽤代替肉「NEXT焼⾁」、植物⾁で作られた⽜丼「NEXT⽜丼」や、代替肉ハンバーガー「NEXTバーガー」をローンチ。
テレビ番組などで話題となり、若い層を中心に熱狂的なファンが急増。昨年12月には総合商社の豊田通商とパートナーシップの基本合意を発表。
幅広い代替タンパクの研究開発に着手し、2050年までに全ての肉を代替することをミッションとしています。

 

  • 会社概要

ネクストミーツ株式会社
代表取締役:佐々木英之
創業:2020年6月
所在地:東京都新宿区新宿1-34-16 清水ビル2F
事業内容:代替肉の研究開発、代替肉製品の企画・製造、通販事業、WEBメディアの運営

ホームページ:https://nextmeats.co.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/nextmeats/
Twitter:https://twitter.com/MeatsNext
Facebook:https://www.facebook.com/NextMeats

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。