永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

亘理町・元祖はらこめしを食べて歩いて賞品を当てよう!《宮城県亘理町はらこめしスタンプラリー開催!》

亘理町観光協会のプレスリリース

報道関係各位
2018年 9月27日
亘理町観光協会

宮城県亘理町はらこめしスタンプラリー開催!
〜平成30年10月1日~11月30日〜
いくらと鮭の絶品郷土料理「はらこめし」。その発祥の地・宮城県亘理(わたり)町で、 10月1日(月)より毎年恒例の「はらこめしスタンプラリー」が始まります! 

今や全国区の人気を誇る宮城県亘理町発祥の「はらこめし」。秋鮭を醤油や日本酒などの割り下でふっくらと煮て、その煮汁で炊き上げたご飯の上に、鮭の身と煮汁にさっと通したツヤツヤのはらこ(イクラ)を贅沢にたっぷりと乗せたものが亘理自慢の「元祖はらこめし」。
 10月1日(月)より毎年恒例の「はらこめしスタンプラリー」が始まります!亘理町内のスタンプラリー参加店で「はらこめし」を食べてスタンプを集め、応募すると海辺の天然温泉「わたり温泉鳥の海ペア宿泊券」等が抽選で当たるという二度おいしいキャンペーンです。
 ぜひ亘理町で食欲の秋を満喫しましょう!

【キャンペーンページURL】http://www.datenawatari.jp/publics/index/184

宮城県亘理町はらこめしスタンプラリー詳細
■開催期間 平成30年10⽉1⽇(⽉) から 11⽉30⽇(⾦) まで
■主催    亘理町観光協会
■参加店  亘理町内のはらこめし提供店舗のうち趣旨に賛同いただいたお店 23店
■スタンプの対象 参加店で「はらこめし」を⾷した⽅、または購⼊した⽅を対象に、1⾷につき1つのスタンプを押印します。
■実施⽅法
スタンプラリー参加者は、参加店で配布しているスタンプラリー台紙にスタンプを集めます。スタンプ1個で応募する「スタンプ 1 個コース」と参加店 2 店分のスタンプを集める「⾷べ歩きコース」の2つのコースがあります。
スタンプを集めた⽅は、スタンプラリー台紙を参加店に備え付けの応募箱に⼊れ、応募してください。応募者の中から、抽選で賞品が当たります。

■賞品
(1)スタンプ 1 個コース
特 賞:参加店 ペアお⾷事券 or 引換券 (11名様)
⼀等賞:地場産品詰め合わせ (5名様)
⼆等賞:わたりんグッズ (50名様)

(2)⾷べ歩きコース
特 賞:わたり温泉⿃の海ペア宿泊券 (1組2名様)
⼀等賞:地場産品詰め合わせ (5名様)
⼆等賞:参加店 ペアお⾷事券 or 引換券 (12名様)
三等賞:わたりんグッズセット (50名様)
 

地場産品イメージ地場産品イメージ

    

わたり温泉鳥の海わたり温泉鳥の海

ご当地キャラクター わたりんご当地キャラクター わたりん

■抽選   応募の中から当選者を決定する抽選は、亘理町観光協会が⾏います。

秋の味覚の代表 郷土料理「はらこめしの由来
亘理町内にある阿武隈川の鮭は、古来有名で藩政時代には伊達藩主はもちろんのこと、将軍家にも秋の味覚として献上されていました。「腹子飯(はらこめし)」は、仙台藩主貞山公(政宗)が、貞山堀の工事臨検の際、漁民が鮭の腹子をご飯に炊いて献上したところ、貞山公はことのほか喜び、側近へ吹聴したのが始まりと伝えられています。
藩政時代から続く伝統の味は、亘理町内の荒浜地域の飲食店が加盟する「荒浜はらこめし会」などのPRもあって、全国的に有名になり、週末になると「はらこめし」を目当てに多くの観光客が来町し、人気の店先には行列ができるまでになりました。

宮城県亘理町のプロフィール
亘理町は、宮城県南部の太平洋沿岸、阿武隈川の河口に位置する町。 温暖な気候を利用しての果樹・花卉栽培が盛んであり、特にイチゴが名産である。郷土料理のはらこめしは近年農山漁村の郷土料理百選に選出されました。

                                                   
【お問合せ】
団体名:亘理町観光協会
TEL:0223-34-0513
住所:〒989-2393 宮城県亘理郡亘理町字下小路7番地4 商工観光課内

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。