2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

「タリーズコーヒー 倉敷美観地区店」オープン

タリーズコーヒージャパン株式会社のプレスリリース

タリーズコーヒージャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小林義雄、以下:タリーズコーヒー)は、3月19日(金)、岡山県倉敷市美観地区に「タリーズコーヒー 倉敷美観地区店」をオープンします。

「タリーズコーヒー 倉敷美観地区店」は、昔ながらの風情ある街並みが残り、観光名所として全国的に知られる「倉敷美観地区」のデニムストリートの高砂橋付近に位置します。白壁の蔵屋敷や、なまこ壁、柳並木の風景などが、歴史を感じさせる「倉敷美観地区」。このエリアの伝統ある景観に敬意を表し、二階建ての木造建築の外観はそのままに、店内は、品と威厳をあわせ持つ“禅寺”をモチーフに仕上げました。

なお、タリーズコーヒーでは、伝統的建造物群保存地区への出店は今回が初めてとなります。

美観を大切にしながら、建物を保存しつつも内装に工夫を凝らし、地域に寄り添ったコミュニティーカフェとして、こだわりのコーヒーとくつろぎのひと時をご提供します。

タリーズコーヒーでは、『地域社会に根差したコミュニティーカフェとなる』を経営理念のひとつに掲げています。今後も、地域の皆様に親しまれる商品展開と、居心地の良い空間提供を続けてまいります。

 

【店舗情報】

■店舗名称  「タリーズコーヒー倉敷美観地区店」
■所 在 地       岡山県倉敷市中央1丁目10番13号
■電話番号      086-423-6623   
■営業時間      全日 10:00-18:00(ラストオーダー17:30)              
■広    さ    約28坪、36席
■運営会社  株式会社プラントツリーズ(岡山県倉敷市加須山334-4)

㈱ダブルツリーホールディングス・グループ企業
※ホームページ http://d-tree.jp/
㈱ダブルツリーホールディングスは、岡山・香川エリアでのモビリティ事業(自動車販売・車検・整備事業等)を中核事業としながら、「岡山・香川の日本品質を世界に発信し、世界品質の新たなサービスを地元に取り入れる」をコンセプトに、複数の事業を展開しています。

当店は、グループの中でも、自動車以外の事業を担う㈱プラントツリーズによる運営です。「地元の皆様に“新しい価値”を提供し、豊かで快適なライフスタイルを叶えること」をテーマに展開いたします。
 

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。