2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

4月23日 伊東市の小室山山頂に新施設オープン

小田急電鉄株式会社のプレスリリース

小田急グループの東海自動車株式会社(本社:静岡県伊東市 社長:金野 祥治)は、1962年より、伊東市小室山公園内にてレストハウスおよび山頂までの専用リフトを運営しています。2019年10月より、地域の新たな魅力となる施設を目指し、標高321mの山頂からご覧いただく雄大な景観を生かした園内山頂部の整備を実施してまいりました。
2021年4月23日(金)、いよいよ整備が完成し、山頂の自然な起伏を活かした木製遊歩道(ボードウォーク)と絶景カフェが開業する予定です。カフェは稜線地中に潜らせて屋上にもボードウォークを配し、そこからは雄大な景色が360°広がります。静岡県伊東市に山頂の自然と絶景を一体的に楽しめる新たなビュースポットが誕生します。
施設名称等の詳細は決定次第お知らせします。

イメージイメージ

1.施設概要

(1)ボードウォーク
全長166.3m、スコリア丘の地形を活かした起伏のあるループ状の遊歩道です。標高321mの頂上から富士山、相模灘、房総半島、伊豆七島、天城連山など360°一望できます。

(2)カフェ
延床面積122.76㎡、予定座席数は26席、展望ブリッジを併設します。地中に潜り込んだように地形に沿って配置し、屋上は山頂をぐるりとまわるボードウォークの一部となります。相模灘と伊豆大島などが眺望できる絶景カフェとして、小室山の景観や地層をテーマとしたオリジナルドリンクや伊豆のクラフトビールなどを販売予定です。

(3)展望ブリッジ(山頂カフェ付帯施設)
全長10.8m、手摺りにはガラス材を使用し景観との一体感を演出、カフェ利用者専用のフォトスポットです。

2.完成イメージパース

3.スケジュール
オープン・・・2021年4月23日(金)

4.小室山公園
静岡県伊東市の東部に位置する自然公園です。伊東駅からバス約25分、山頂までは専用リフトがあります。頂上は自然の起伏に富んでおり、360°の雄大な自然景観をお楽しみいただけます。山麓ではGW中に見ごろを迎える10万本の真っ赤なつつじなど季節の花々が人気です。

以上

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。