2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

『ブルーボトルコーヒー』世界初の公園内カフェが渋谷・北谷公園内に誕生【4/28】

ブルーボトルコーヒー』は、渋谷エリアに新たに開園する北谷公園内に、ブランドとして世界初となる公園内のカフェ『ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ』を2021年4月28日オープンします。

『ブルーボトルコーヒー』が渋谷・北谷公園にカフェをオープン

Retina main
『ブルーボトルコーヒー』は、021年4月1日に東京・渋谷に新たに開園する北谷公園内に、ブランド初となる公園内カフェ『ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ』を2021年4月28日(水)オープンします。

太陽と緑に囲まれながら、風が気持ち良く通り抜ける店内で、スペシャルティコーヒーを楽しむことができるお店となっています。

Retina sub1
北谷公園の賑わいの中心となるよう、1Fには大きなコーヒーカウンターが設けられています。
さらに、公園が見わたせる2階のラウンジは、緑溢れる自然や、そこで開催されるイベントなどが満喫できる空間に。

コーヒーをテイクアウトして神南・宇田川エリアを散策したり、ワインとブランチプレートで屋外シートでゆっくりと味わうもよし、アフターワークにはお酒にアペタイザーと、1日を通してさまざまなシーンで利用することができます。

『ブルーボトルコーヒー』とは

2002年、創業者ジェームス・フリーマンによって、アメリカ・カリフォルニアで誕生した『ブルーボトルコーヒー』。
創業以来、デリシャスネス、ホスピタリティ、サステナビリティを信念に掲げながら、おいしさを徹底的に追求したコーヒーを提供しています。

自社のロースタリーから焙煎したてのコーヒーを配送可能な地域にのみカフェをオープンすることで、おいしさのピークに合わせてエイジングしたコーヒー豆の販売も行っています。

提供フードメニューをご紹介

Retina sub2
ブランチプレート 850円
提供される食器は、鹿児島の『ONE KILN CERAMICS』のものを使用し、オリジナルの色や質感を創出。
明るく優しい色味が軽やかな気分を一層高めてくれます。

こちらは料理家 副島モウ氏監修の「ブランチプレート」。(提供時間 10:00〜22:00)
香ばしさともっちりとした食感を併せ持つワッフルに、旬の野菜や卵を添えたプレートを自家製ソースと共に味わえます。

Retina sub4
デザートメニュー(提供時間 13:00〜22:00)には、パティシエユニット『Tangentes(タンジェント)』をアドバイザーに迎え開発された、オリジナルのチーズケーキ「ブリック チーズケーキ」(写真右)。

そして低温で焼きあげたメレンゲをクリームにのせ、HiOアイスクリームのさっぱりとしたミルクアイス、季節のフルーツのコンポートをあわせた「パブロヴァ」(写真左)が登場。

Retina sub3
さらに国内の『ブルーボトルコーヒー』カフェでは初となるワインを提供。
「ブルーボトルコーヒー ペールエール」がアペタイザーとともに味わえます。(提供時間 17:00〜22:00)

期間限定「ブルーボトル コーヒートラック」が公園内に出現

Retina sub6
北谷公園が開園する2021年4月1日から4月20日までの期間限定で、『ブルーボトルコーヒー』国内初となる「ブルーボトル コーヒートラック」が公園内に出現。

バリスタによるラテアートを施したエスプレッソドリンクを中心、ドリンクとフードを提供します。

※ドリップコーヒーの提供はなし
※フードメニューは渋谷カフェメニューとは異なるお持ち帰り用メニューのみ

おわりに

春を迎え心地の良い季節に、素敵なカフェのオープンは嬉しニュースですね。新たな渋谷のランドマークにぜひ足を運んでみてください。

店舗情報

『ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ』
住  所:東京都渋谷区神南一丁目7番3号 渋谷区立北谷公園内
アクセス:JR線渋谷駅から徒歩7分
営業時間:8:00~22:00(コーヒートラック営業時間 11:00 – 18:00)
店内席数:1F:10席、2F:33席、屋外ベンチ(1,2名がけ) 12台予定
オープン日:2021年4月28日(水)
※営業時間の変更の可能性あり
Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。